健康・ヘルスケア
2017.10.26

NASA素材も!最旬秋冬ヨガウェアはオシャレなのに温度調整機能つき

ヨガウェアといえば、トップスはキャミソールかタンクトップが最も多いタイプ。インストラクターである筆者も、春~夏の間は体の動きやラインがわかるように露出多めのトップスを着用しています。

秋冬は、いくら温かい室内で体を動かすといえど、動きが少ない時間帯や汗をかいた後は冷えてしまいます。だから、ウェア選びに気を配りたいところ。

今回は、人気のヨガウェアブランドのなかから秋冬に着てみたいオシャレで機能性が高いウェアを紹介していきたいと思います。

 

1:レギンスを合わせてもオシャレ! 「yoggy sanctuary(ヨギー・サンクチュアリ)」

・カレイドスコープジニーパンツ(13,000円<税抜き>)

『yoggy sanctuary』は、女性らしさを演出してくれる、ふんわりとしたカッティングや色使いが魅力的なヨガウェアブランド。着ているだけでヨガ上級者に見えるような、オシャレなのに主張しすぎない柄ものは取り入れやすさも抜群です。

この秋冬に注目したいのが、3,000人以上の方々が参加した“復刻ジニー人気投票”で選ばれたカレイドスコープジニーパンツ。締め付けによる血行不良の心配もなく、呼吸に合わせたゆったりとした動きにピッタリです。

冷えが気になる方は下にレギンスを履けるので、寒い季節にもOK。見た目もとてもかわいいですよ。

 

2:温度調整素材で寒さ対策バッチリ! 「suria(スリア)」

. 2017 AUTUMN COLLECTION | EMOTIONS . . #suria #yoga #flower #print #comfortable

A post shared by suria (@suria.yogaessentials) on

・モリーナトップ(8,500円<税抜き>)

・ジョアンナボトム(12,000円<税抜き>)

肌触りの優しさやストレッチ性、締め付けによるストレスからの解放など、ヨガをする人たちの心地よさに着目して作られているのが、『suria』のウェア。

モリーナトップは袖口が広く腕を動かしやすいうえに脱ぎ着しやすいデザインのため、レッスン中の体温調整にも〇。

ジョアンナボトムはチュールレースとレギンスが一体になったボトム。柔らかく肌触りがよいこのレギンスには、温度調整機能素材が使われており、熱を吸収・保持・放出することで肌表面の温度を一定に保ち、暑さ・寒さを和らげてくれます。

 

3:タウンウェアとしてもオシャレ! 「glaz respire(グラズ レスピレ)」

・アウトラスト 布帛コンビチュニック(13,000円<税抜き>)

最後に紹介するのは、筆者も愛用しているヨガウェアブランド『glaz respire』。ヨガにはもちろん、タウンウェアとして普段着にもなるオシャレなデザインは、毎回生徒さんから「それ、ヨガウェアですか?」と聞かれるほど。

着心地と機能性、素材やパターンにこだわって国内で作っている“MADE IN 東京“のウェアは、日本人女性の体にフィットしやすく、多くのヨギー、ヨギーニに愛されています。

このトップスは、NASAのために開発された画期的調温素材“アウトラスト”を使っており、暑いときは肌を冷まし、寒いときは温めてくれるのだそう。吸水速乾性に優れたレーヨンを使用し、汗をかくレッスンでも体を冷やしにくくオススメです。

 

秋冬用のヨガウェアを買い足そうと思っていた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

浮いたお金で女子力アップを狙っちゃう?スマホのカンタン節約術

髪質で悩む私にサヨナラ!さらさらストレート髪に近づくのはあのシャンプー

「若見え肌」は58歳なのに…見た目30代!500円で始める高級美肌ケアサプリ

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事