健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.1.11

片付けられない女から卒業!掃除・収納のポイントとコツをプロがレクチャー

迫り来る年末!大掃除終わってますか?新年を気持ちよく迎えるためにもキレイに整理整頓、掃除を!ちょっとしてコツを掴めば毎日の掃除も楽々に。これを機に片付けられない女から卒業しましょう!

【目次】
まずは玄関からお片づけ!
物をため込まない部屋作り
バス・トイレ、水周りのお掃除方
キッチンの大掃除がダイエットにつながる?
ついついいっぱいになりがちなコスメの収納方法
クローゼットの中身も見直してみて
財布とバックの中身も整理してみよう!

まずは玄関からお片づけ!

キレイにして良いエネルギーを取り込もう

教えてくれたのは…ダイエットアドバイザー・清水理恵さん

キレイにして良いエネルギーを取り込もうしみずりえ/2000年に大手エステサロンに入社以来、2万人以上のダイエットをサポート。心理学なども取り入れた独自のダイエットメソッドを確立し、’14年に独立。著書 に『やせる部屋』(飛鳥新社)

【こんな玄関・ベランダになっていない?】

キレイにして良いエネルギーを取り込もう

□靴が何足も出しっ放し
□ぬれた傘がそのまま置いてある
□下駄箱にもう履かない靴もしまってあり、ぎゅうぎゅう詰め
□下駄箱に靴以外も詰め込んである

【玄関・ベランダのポイント】

キレイにして良いエネルギーを取り込もう

(1)物を置かず、外からいい“気”をたくさん取り込む
帰宅したら履いていた靴は下駄箱にしまい、玄関は何もない状態にしておく。外からのエネルギーを取り込みやすくなり、体の巡りもスムースに。

キレイにして良いエネルギーを取り込もう

(2)下駄箱も2割のスペースを作る
下駄箱に空きがないと靴をすぐしまえない。履かないでしまってあるだけの靴は処分し、常に2割のスペースを作る。

キレイにして良いエネルギーを取り込もう

(3)玄関から部屋までの廊下にも物を置かない
廊下は体でいえばリンパのような部分。置きっ放しの雑誌の束などは体の老廃物と考えて早めに捨て、常に物がない状態に。

キレイにして良いエネルギーを取り込もう

(4)ベランダは“毛穴”。物を置かずクリーンに
ベランダは内と外をつなぐ毛穴のような部分。物で塞がれると、良い気が入らず、悪い気も外に排出できないので物を置かずキレイに掃除を。

(5)朝は窓を開けて1日のエネルギーをチャージ
朝の太陽の光は、良いエネルギーに満ちているので、起きたら窓を開けてパワーを部屋に取り込んで。セロトニンの分泌もアップ。

太る玄関になっていない? すっきり片付けて、2018年は良い“気”を取り込もう!

物をため込まない部屋作り

家の中心である最大のパワースポット!

【こんなリビングになっていない?】
□ ソファーに服がかけっ放し
□ バッグが置きっ放し
□ テーブルの上に物が散乱している
□ テレビ周りがリモコンやDVDなどでごちゃごちゃ
□ 床に本や雑誌が積まれている
□ 床がホコリだらけ

家の中心である最大のパワースポット!

服やバッグ、雑誌やティッシュと、物置きになりやすいソファー。

家の中心である最大のパワースポット!

テレビ周りはリモコンやDVDが散乱しがち。

【リビングのポイント】

家の中心である最大のパワースポット!

(1)いちばん長く過ごす場所の半径1mを片づける
まず、自分がいつも座る場所の半径1m以内には物をなるべく置かず片づける視界に入る範囲がいつもキレイになっていれば、思考もスッキリしてストレスフリーに。

家の中心である最大のパワースポット!

(2)ソファには物を置かず、エネルギーの巡りを良くする
ソファーは本来くつろいで過ごす場所。帰宅して置きっ放しの服やバッグなど関係のないものが置いてあるとエネルギーが乱れる原因に。クッション以外のものは置かないこと。

家の中心である最大のパワースポット!

(3)目につく場所に植物を飾り、気分をポジティブに
いちばん視線を向ける方向に花を飾ろう。花が自然と目に入ることで”キレイ” ”元気が出る”というポジティブなイメージが脳に伝わり気持ちが前向きに。

家の中心である最大のパワースポット!

(4)カーテンはベルトでまとめて常に”くびれ”を意識
カーテンは開けたら必ずベルトでまとめておく。

家の中心である最大のパワースポット!

(5)床は重曹で拭いて良い“気”を取り込む
足裏は体の悪い”気”が出る部分といわる。床が汚れていたら悪い気が排出されず、よけいにため込みむくみの原因にも。おすすめは安全な重曹での床掃除。水に溶かして拭き掃除を。

大掃除のついでにダイエット! お手軽“やせる部屋”の作り方

バス・トイレ、水周りのお掃除方

心地の良い空間に整えてリラックス空間に

【こんなバス・トイレになっていない?】

心地の良い空間に整えてリラックス空間に
□使わない物が置きっ放し
□ヌメリやカビが繁殖している
□鏡や蛇口が曇っている
□排水溝が汚れている

【バスルームのポイント】

心地の良い空間に整えてリラックス空間に

(1)浴室内に置くヘアやボディケアアイテム、美容グッズは、使うものだけに。
使いかけのものがあるのに新しい商品を出したり、さまざまな用途の美容グッズが置きっ放しだったりすると、リラックス効果が半減。常置は使うもののみに絞って、スッキリと!

(2)汚れを取り除いて、いい気の流れを作る。
浴室の壁や床、浴槽に汚れやヌメリがあると、そこから発せられる”陰”の波動が室内でぶつかり合って体が休まりません。汚れをため込まないように、こまめな掃除を心掛けて。

(3) 鏡や蛇口をピカピカに磨く。
鏡や蛇口のステンレス部分が水アカで曇っていると、それだけで浴室全体が汚れている印象に。風水的にもマイナスです。ピカピカに磨き上げて、“陽”のエネルギーを巡らせて!

【トイレのポイント】

(1)汚れを見つけたら、その場ですぐに掃除。清潔なトイレで気持ち良く排便を!
排泄物を受け入れてくれる場所を常にキレイにしておくことは、毎日の快便にもつながる。便秘がちな人、腸がスッキリしない人こそ、こまめにトイレを掃除しましょう。

心地の良い空間に整えてリラックス空間に

1枚でトイレを丸ごと抗菌&除菌。
花王 トイレクイックル|ニオイ予防プラス シトラスミントの香り 8枚入 ¥333 (編集部調べ)

心地の良い空間に整えてリラックス空間に

(2)炭を置いて消臭&浄化。
トイレの四隅には悪い気がたまりやすいため、消臭効果のある炭を置いて空気を浄化。清潔な空間は、快便を促すだけでなく、運気アップにも効果的。

(3)グリーンや好きな写真を飾って、 気分をポジティブに。
植物は生きた陽のエネルギーを発する上、消臭・殺菌作用があるので、トイレにもぜひ飾ろう。また、憧れの体型やかわいいペット、美しい景色などポジティブな気分になれる写真を飾るのも◎。

13kg痩せダイエットのプロ「バス・トイレの大掃除法」 目指せ“脱!太るバストイレ”

キッチンの大掃除がダイエットにつながる?

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

【こんなキッチンになっていない?】
□ 冷蔵庫に隙間なく食品が詰まっている
□ 賞味期限切れの食品がいくつもある
□ 食品の液垂れなど、汚れがついている
□ 棚に使わないものがごちゃごちゃしまってある
□ 調理器具が山積み

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

棚の中に同じ種類の調理器具やキッチン用品などがいくつもあり、使っていないものがたくさん眠っている状態はNG!

【キッチンのポイント】

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

(1)収納は2割の空間を作れば脂肪もため込まない。
引き出しの中の使っていないものは捨て、2割のスペースをあける。物のため込みグセを正せば、体に脂肪をため込まないようにしようという意識もアップ。

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

(2)蛇口はコンロと逆方向に向けてストレスを防ぐ。
水と火という真逆のエネルギーをもつ蛇口とコンロは逆方向に向ける。人とぶつかることが防げて、ストレスの予防に。

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

(3)コンロの汚れはストレスに直結!常にピカピカに。
コンロが汚れていると料理を作る気分が上がらずイライラしやすく。気持ち良く料理を作るためにも常にピカピカに。料理後すぐ拭き取って汚れの定着を防いで。

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

(4)調理器具は極力減らして整理。
フライパンや鍋など同じ種類の調理器具をいくつもため込むと気の流れが停滞。古いものや使用頻度の低いものは処分し、本当に使うものだけに。

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

(5)冷蔵庫は4割程の空間を残し発酵食品のスペースを作る。
食品を詰め込まず4割程の空間を。新鮮なものをとるようになりしっかり栄養を補えます。腸内環境を整える発酵食品スペースを作るのも◎。

\おすすめアイテム/

食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたい!

クレンザー&研磨剤配合の洗剤とスポンジがひとつになり、水をつけるだけで掃除可能。
小林製薬|洗浄キューブ ガスレンジ用 6個 ¥315

食べすぎ防止! キッチンの大掃除がダイエットにつながる!

ついついいっぱいになりがちなコスメの収納方法

シンプル分類テク

教えてくれたのは…写真右/収納整理アドバイザー・小脇美里さん

シンプル分類テク

【小脇流・“シンプルスッキリ収納”の手順】

シンプル分類テク

(1)美容アイテムをすべて1か所に集めて分類
いろんな所にしまい込んでいたものをすべて出して集めたら、洗顔、化粧水、美容液、クリーム、ファンデーション、アイシャドウ、チーク、リップ、……とジャンルごとに分類。

シンプル分類テク

(2)各ジャンルごとに1、2、3軍に仕上げる
(1)でジャンル分けしたものを、それぞれ「今使いたい&使っているもの」を1軍、「今、季節的に使っていないけれど使いたいもの」を2軍、「もう使わないかもしれないもの」を3軍に分ける。

シンプル分類テク

(3)1軍は常用として残し、2軍はストックに!
2軍に選んだものは、ジャンルごとに分けてファスナーつきのポリ袋に入れてストックに。透明なので中が見えますが、シールで名前をつけておくと、より判別しやすくなる。

シンプル分類テク

(4)3軍は思いきって廃棄! 2軍はまとめて収納
3軍は廃棄して、2軍はしまっておく。今回は、メイクアップ系コスメをメイクボックスに、ボディケア、スキンケア、ヘアケア系は、洗面所の鏡裏にある棚の使わない方に収納。

【ひと目で分かるくらいスッキリ!】

シンプル分類テク

シンプル分類テク

シンプル分類テク

背が高いものは深いケースに入れると倒れにくく、種類の違うボトルでの雑然感が薄まる。ここに収まる数だけと決め、出した所にしまう習慣を守っていれば、スッキリ&キレイな状態がキープ可能。使わない棚にはストックの2軍をまとめて収納。

パーツごとにシールでわかりやすくした引き出しに1軍のみ収納。引き出しの中に無印良品のトレーを入れて仕分けたら、使いやすさも抜群にUP。詰め込みすぎない方が◎。

収納整理アドバイザーがお直し!コスメ棚のシンプル分類テク

見せるスッキリ収納術

教えてくれたのは…写真右/DIYインテリアコーディネーター・峰川あゆみさん

見せるスッキリ収納術

【峰川流・“見せるスッキリ収納”の極意4】

見せるスッキリ収納術

(1)今使いたいアイテムだけをピックアップ
季節外れのものや、たまにしか使わないものなどは除いて、今使いたいものや本当のお気に入りだけを厳選! 新しいものを購入したり季節が変わったりしたら、入れ替え戦を。

見せるスッキリ収納術

(2)色やブランドで分けるとスッキリ美しく
たくさんの色が混在すると雑多な印象に。色別に分けてまとめると、見た目がスッキリ。ブランドで分けると統一感が出やすくなる。

見せるスッキリ収納術

(3)ダマスク柄&マットな質感で高級感&かわいく
透明なケースは重量感がなく軽やか。でも、丸見えで雑多な印象になるので、マットな質感にするのが正解。ダマスク柄ならよりおしゃれに。

見せるスッキリ収納術

(4)ケースの中身は、布をかけて目隠し&統一感
目線より下にあると中が丸見えで雑多な印象に見えるので、壁やケースと同系色の布をかぶせて目隠しを。上質なタオルなら高級感が出て◎。

【ドレッサー風のエリアを作って、おしゃれな女子部屋にシフト】

見せるスッキリ収納術

引き出しの中は詰め込まず、アートのようにコスメをディスプレー。特にいちばん上は明るい色にするとスッキリ見える。開ける度にテンションが上がり、メーク時間が楽しく。

スキンケアや香水も1か所にまとめたことで、女子力を高めるエリアが完成。

ストックやごみ入れは、中が目立たないようメイクボックスの中で使っていたマットなケースを再利用。

散らかりコスメのお悩みをプロがお直し!見せるスッキリ収納術

クローゼットの中身も見直してみて

クローゼットの中身をスリムに

【こんなクローゼットになっていない?】

クローゼットの中身をスリムに
□ 服がぎゅうぎゅうに詰まっている
□ オールシーズンの服がごちゃ混ぜ
□ どこに何があるかわからない状態
□ 捨てられない物がいっぱい

クローゼットの中身をスリムに

取り出しづらいのはNG!

【クローゼットのポイント】

クローゼットの中身をスリムに

(1)着る服すべてを見えるように収納
クローゼットにかけるのは、その季節に必ず活躍する服のみに。あきスペースができるくらい、思いきって絞り込む。タンスの引き出しも、すべて見えるように服をズラして収納を。

(2)高価なものも普段使いにして、服の代謝も上げる
奮発して買った服を”何かのときに”としまっておくのは、飢餓期に備えて蓄積する体脂肪のようなもの。高価なものこそ普段使いにして、それを着こなせる体型を保つ方が賢明。

クローゼットの中身をスリムに

(3)月1回、洋服をすべて出して、クローゼットを掃除
ホコリやチリがたまっていたり、防虫剤やカビのにおいが充満しているクローゼットでは、洋服もキレイに保てない。月に1度は洋服を出して水拭きし、しっかり乾燥させる。

\洋服整理のヒント/
(1)ここ1〜2年で(A)着た服、(B)着ない服に分ける。
(2)(A)のうち、人に褒められたり、気分が上がる服を選んで、取り出しやすい場所に収納。
(3)(B)は袋にまとめて、捨てる or リサイクルへ。

大掃除での断捨離はダイエットに学べ! 洋服を減らせば体脂肪ダウン♪

財布とバックの中身も整理してみよう!

整理整頓を身につけておこう

整理整頓を身につけておこう

【こんな財布・バッグになっていない?】
□ レシートやポイントカードで財布がパンパン
□ お金と関係ないものもあれこれ財布に入れている
□ あまり使わないものもバッグに入れてもち歩く
□ バッグの中の物をすぐに探せない

【財布のポイント】
(1)レシートや領収証はその日のうちに取り出す
もらったレシートや領収証は、その日のうちに取り出しておかないと、脂肪のようにどんどんたまる一方。お札も種類ごとに仕分けして、見やすい財布に!

(2)お金関係のもの以外は、財布に入れない
カード類はクレジットカードとキャッシュカードのみにして、ポイントカードは別に収納。保険証などもお金とは異なるエネルギーを発するので、別にする。

【バッグのポイント】

整理整頓を身につけておこう

(1)バッグ内の2~3割はあきスペースにして、ゆとりを作る
バッグにはその日に必要なものだけを入れて、3割程度は空間を作っておく。

(2)バッグの重さも配慮。なるべく軽くして!
重いバッグを片方の肩にかけてもち歩くと、姿勢がゆがんで筋肉バランスが悪くなり、代謝が低下して太りやすい体になります。バッグを軽くすることもやせるポイント。

財布・バックも大掃除をして2018年を新たな気持ちで迎えよう!

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事