ボディケア
2017.12.27

食べすぎ防止! キッチンの大掃除がダイエットにつながる!

片付け習慣を身につけて13kgもやせたダイエットアドバイザーの清水理恵さん。食べ過ぎを防ぐためにキレイにしておきたいのがキッチン!だと語ります。
「使わない調理器具や賞味期限切れの食品などをため込んでいると、料理を作る気がせず、ストレスがたまって目の前の食べ物を手当たり次第に食べてしまいます。キレイにすれば体にいいものを作って食べようという気分になり、気持ちも満ち足りて過剰な食欲の抑制に」(清水さん)

こんな太るキッチンになっていない?

\check!/
□ 冷蔵庫に隙間なく食品が詰まっている
□ 賞味期限切れの食品がいくつもある
□ 食品の液垂れなど、汚れがついている
□ 棚に使わないものがごちゃごちゃしまってある
□ 調理器具が山積み

%e5%b1%b1%e7%a9%8d%e3%81%bf%e5%99%a8%e5%85%b7

%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%af
棚の中に同じ種類の調理器具やキッチン用品などがいくつもあり、使っていないものがたくさん眠っている状態はNG!

やせるキッチンのポイント

1. 収納は2割の空間を作れば脂肪もため込まない

%e5%bc%95%e3%81%8d%e5%87%ba%e3%81%97
引き出しの中の使っていないものは捨て、2割のスペースをあけましょう。物のため込みグセを正せば、体に脂肪をため込まないようにしようという意識もアップ。

 

2. 蛇口はコンロと逆方向に向けてストレスを防ぐ

%e8%9b%87%e5%8f%a3
水と火という真逆のエネルギーをもつ蛇口とコンロは逆方向に向けましょう。人とぶつかることが防げて、ストレスの予防に。

 

3. コンロの汚れはストレスに直結!常にピカピカに

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%ad
コンロが汚れていると料理を作る気分が上がらずイライラしやすく。気持ち良く料理を作るためにも常にピカピカに。料理後すぐ拭き取って汚れの定着を防いで。

 

4. 調理器具は極力減らして整理

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3
フライパンや鍋など同じ種類の調理器具をいくつもため込むと気の流れが停滞。古いものや使用頻度の低いものは処分し、本当に使うものだけに。

 

5. 冷蔵庫は4割程の空間を残し発酵食品のスペースを作る

%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab%e5%86%85
食品を詰め込まず4割程の空間を。新鮮なものをとるようになりしっかり栄養を補えます。腸内環境を整える発酵食品スペースを作るのも◎。

 

\あると便利!/
%e6%b4%97%e6%b5%84%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%99
クレンザー&研磨剤配合の洗剤とスポンジがひとつになり、水をつけるだけで掃除可能。
小林製薬 洗浄キューブ ガスレンジ用 6個 ¥315

 

教えてくれたのは…
%e6%b8%85%e6%b0%b4%e7%90%86%e6%81%b5%e3%81%95%e3%82%93
「片づけ習慣を身につけて 13kgもやせた」
ダイエットアドバイザー・清水理恵さん
しみずりえ/2000年に大手エステサロンに入社以来、2万人以上のダイエットをサポート。心理学なども取り入れた独自のダイエットメソッドを確立し、’14年に独立。著書 に『やせる部屋』(飛鳥新社)。

 

『美的』12月号掲載
撮影/松原敬子 イラスト/いいあい デザイン/ohmae-d 構成/つつみゆかり、和田美穂

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事