食・レシピ
2020.3.7

旬の素材×豆腐で、肌も体も調子底上げ!「金柑と芽キャベツ、鶏ささみの白和え風サラダ」Today’s SALAD #109

img_20200305_100245_284

【本日のビューティ食材:金柑

アボカド×金柑、いちご×金柑×チーズ、さらに今回は金柑×芽キャベツ×鶏ささみ…3週連続で旬の金柑を活用! とにかく美味しいので、甘露煮以外の「さまざまな食べ方をお伝えしたい」という前のめりな気持ちでお届けしております♪

金柑はビタミンCが豊富で美肌づくりをサポートしてくれるだけでなく、粘膜を強くするともいわれているので、花粉やウイルスが気になる今の季節にもぴったり。

今回の白和え風サラダは、先日訪れたビストロで出てきたメニュー「金柑と蒸し鶏の白和え」からインスパイア。フルーツ白和えにはこれまでもいろいろと挑戦してきましたが、蒸し鶏(今回は鶏ささみ)を加えることで、さらに旨味がアップ。ワインにも、和食にも洋食にも合うサラダ、金柑が旬の今だからこそ楽しめる美味しいさ、ぜひ明日にでもTRYしてみてくださいね!

 

<材料>
金柑(皮ごと食べられる品種がおすすめ) 5個
芽キャベツ               3個
鶏ささみ                1本
料理酒                 小さじ1/2
充填絹ごし豆腐            100~150g
練り白ごま              小さじ1/2
白だし(液体)            小さじ1/2弱

塩こしょう                          少々

 

作り方>

(1)芽キャベツは縦半分、さらに半分にカットし、電子レンジにかける(600wで1分半程度)。茹でる場合は、カットせずにそのまま茹でて。

20200305_092104

(2)鶏ささみは耐熱皿にのせ、料理酒をふりかけてラップをして、電子レンジで加熱(600wで1分程度)。中まで火が通るよう、適宜時間は調整して。レンジを使わない場合は、茹でてもOK。

20200305_091842

(3)金柑は1/4にカット。へたと種を取り除く。

20200305_092652

(4)(2)の鶏ささみの粗熱がとれたら、手でさいて細かくする。

20200305_092811

(5)ボウルに充填豆腐を入れ、泡立て器(なければスプーンでも可)でなめらかにする。さらに、練り白ごま、白だし、塩少々を加えて味を調える。

20200305_093334

 

(6)(5)に金柑、芽キャベツ、鶏ささみを加え、さっくり和える。

20200305_093456

(7)皿に盛り、こしょうを挽いてできあがり。

 

screenshot_20200305-103919_instagram

金柑は、そのまま皮ごと食べられる宮崎産の完熟きんかん・たまたまを使用。好きすぎて、大量にお取り寄せして、毎日美味しくいただいています♪ 東京のスーパーでも最近ちょこちょこ売っていますが、皮もやわらかく、糖度が高いので、サラダに活用するだけでなく、生でまるかじりするのもおすすめ!

20200305_092839

白和えに使った豆腐はこちら。充填絹ごし豆腐、絹美人。これを1パック使用しました。充填豆腐とは、絞りたての熱い豆乳を、容器の中で真空にして固める製法なので、水を抜いたり、加熱せずとも、そのまま白和えに活用できるのが便利です!

 

ほかに金柑を使ったサラダは…

アボカドと金柑のサラダ

いちごと金柑、ブッラータチーズ

金柑とカブ、ベビーリーフのフレッシュサラダ

 

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

 

料理・撮影・文/門司紀子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事