ボディケア
2020.2.25

初雪の日に街頭インタビュー…気象予報士の温活術を大公開!|冷えにくい体作りにしていることは?

初雪の日に街頭インタビューを行ったら翌日霜焼けになってしまったという気象予報士の柴本愛沙さん。さらに、0℃の倉庫の中で棚卸を行うという物流会社営業の吉沢まみこさん。二人に共通するのは、仕事柄、寒い環境にいることが多いということ。そんな2人に

悪天候でも屋外から中継! 気象予報士 柴本愛沙さんの温活術

202003gp162-49
気象予報士 柴本愛沙さん
ウェザーマップ所属。天候にかかわらずリハーサル+本番で何時間も屋外で待機。

202003gp162-33
初雪の日に街頭インタビュー
「今季いちばんの寒さを伝えるべく街頭インタビュー撮影に行ったものの、寒すぎて人もまばら…翌日は霜焼けに」

 

Q.仕事中の寒さ対策は?

A.スムーズに話せるように温かい飲み物をこまめに
「冷えると口が回らずうまく話せなくなるので、温かい飲み物を水筒で携帯し、お腹にはカイロを貼っています」

本番前にはツヤをプラス
202003gp162-15
「寒いだけでなく乾燥もするので、本番前に少量塗ってツヤ感を」
イプサ クリエイティブ オイル(シアーゴールド) 15ml ¥2,500

 

Q.帰宅後、冷えた体を温めるには?

A.追い焚きしながら1時間入浴
「追い焚き機能を家探しの条件にする程入浴を重視。たっぷりお湯を張って、1時間以上つかります」

炭酸湯で血行促進
202003gp162-21
「炭酸が長もちして体が芯から温まるので入浴時にはマスト」
TWO 薬用BARTH 中性重炭酸入浴剤[医薬部外品] 30錠 ¥2,500

 

\これは温まる!/
部屋着にはジェラートピケ

202003gp162-34
「もこもこのジェラートピケのパーカやソックスはデザインもかわいくて、防寒性も抜群!」パーカ/私物

 

Q.冷えにくい体作りのために日々心掛けていることって?

A.冬でも汗をかくクセをつける
「入浴でしっかり汗をかくクセをつけて代謝をアップ。肉や魚など良質なたんぱく質をとることも心がけています」

港の近くの倉庫で商品管理。物流会社営業 吉澤まみこさんの温活術

202003gp162-44
物流会社営業 吉澤まみこさん(34歳)
物流会社で常温管理の商品を担当。営業に加え、週に2回は外気と同じ倉庫で作業。

202003gp162-46
0℃の倉庫の中で棚卸し準備
「常温管理の商品担当なので、冬場は外気と同じ温度の倉庫で作業……手足が凍るように冷たくなります」

 

Q.仕事中の寒さ対策は?

A.加湿器と足元ヒーター
「コンクリートの足元は底冷えが厳しく、しかも乾燥がひどいので、加湿器がマスト。商品に影響しないように足元用のヒーターで暖をとっています」

 

Q.帰宅後、冷えた体を温めるには?

A.お風呂につかりながらかっさで全身マッサージ
「体の中から冷えへの耐性をつけるため、生のしょうが、にんにくをみじん切りにしたタレを作って常備し、いろんなものにかけて食べています」

寝る前にたっぷり保湿
202003gp162-16
「乾燥で冷えが堪えるので、寝る前は全身保湿」
ユニリーバ ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー 80g ¥340(編集部調べ)

 

\これは温まる!/
100均で買ったかっさ

202003gp162-24
「かっさを使うと、手でマッサージをするよりもしっかりほぐれて、血行が良くなる感じがします」

 

Q.冷えにくい体作りのために日々心掛けていることって?

A.サウナで温冷浴
「定期的に銭湯に行って、サウナと水風呂を交互に入るのを繰り返します。関東地方の黒湯の温泉が特に温まるのでおすすめです」

 

『美的』2020年3月号掲載
撮影/岡本 俊(まきうらオフィス・人物) ヘア& メイク/新見千晶 スタイリスト/ 程野祐子 構成/村花杏子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事