ボディケア
2018.12.18

それってウソ?ホント?”毎日シャンプーしなくていい”のウワサに関する真相をヘアケア のプロに直撃!

%e6%af%8e%e6%97%a5%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-2日常に潜む美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。
今回は“髪”について。毎日シャンプーしなくていいってホント?というシャンプーの話題を花王株式会社ヘアケア研究所の主任研究員・杉野久実さんにお答えいただきます。

Q:毎日シャンプーしなくていいってホント?

頭皮や髪の洗い過ぎを防ぐため、カラーリングを長持ちさせるため、なんならシャンプーすら使わない湯シャンをする人など。理由は様々ありますが…、毎日シャンプーを使わなくても良いという話は耳にしたことがある人も多いはず。
そこで、本当に毎日シャンプーで髪を洗わなくてもいいのか?この話題のホントのところを杉野研究員に聞いてみました!

A:これは本当です。ただし、自分の状態に合わせて

「髪のためにシャンプーは毎日した方がいいかと言うと、髪のためだけであれば毎日しなくても良い場合もあります。髪は濡れているときにこすれることによって、キューティクルが削れて傷むので、洗髪とその後の乾燥スタイリング時に、多少なりとも傷みます。そういう観点からすると「毎日シャンプーしなくていい」となります。髪をゴシゴシ洗ったり、乾く前に頻繁にくしやブラシを通したりするのは厳禁です。

とは言え、頭髪のべたつき、臭い、頭皮のかゆみの起こらない頻度で洗髪することをおすすめします。頭皮脂は、時間がたつと一部が臭いやかゆみなど頭皮トラブルの原因物質に変化し、さらに髪に移行すると髪表面がベタつき束になりやすくなります。皮脂や汗の分泌量や、気温・湿度などによって、こうした現象の進み具合が変わります。日本では、1~2日に1回くらいの頻度が定着しています」(杉野研究員・以下「」内同)

毎日洗わないと臭いが気になる人、ロングヘアの人は洗い残しに注意

「シャンプーの主な目的は頭皮上の皮脂類を取り除きトラブルを防ぐこと。でも、特にロングヘアの人は頭皮まで洗えていないことが多く見られます。シャンプーが泡立って、洗った気分になっていても、髪の重なりが多い部分は泡が頭皮まで届いていないなんてことも……。
その場合は皮脂類をシャンプーの洗浄成分が捕まえられないため、洗い残してしまいます。

洗うことと合わせて、すすぎも同様。表面にお湯をかけるだけでなく、頭皮を触りながら、ぬるつきがないか確認するようにしましょう。そこから、髪に指を通しながら髪にもぬるつきが残っていないか確認します。
洗い残しが多い部分は、耳の上あたりから襟足の上部分“クラウンゾーン”です。髪を分けながら洗うなど、髪の重なりの多い部分を意識して洗いましょう」

汚れをしっかり落とさなくては!とついつい、頭皮をゴシゴシ洗ってしまったり、泡立ったことでしっかり洗った気分になるというのはよくある話…。

今後は泡をまんべんなく頭皮に行き渡らせることを意識してシャンプーをしてみてはいかがでしょうか。

%e8%8a%b1%e7%8e%8b%e6%9d%89%e9%87%8e%e4%b9%85%e5%ae%9f130122
花王株式会社 ヘアケア研究所
杉野 久実さん
美容情報、消費者実態等を解析し、花王の毛髪科学・消費者研究に基づき、生活者の行動を踏まえた科学的実用的で分かりやすいお手入れや、製品技術情報を社内外へ提供している。2014年出版「ヘアケアってなに?」(繊維社)著者の1人。
花王
文/土屋美緒

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事