ボディケア
2017.1.28

下半身おデブに終止符!100円でできる「脚のむくみ」スッキリケア

ヒールで歩きまわったり、座りっぱなしの姿勢が続いたときは、見た目にもわかるほど脚がパンパンになりますよね。

特に、今の時期は気温が低いので、冷えから血流が悪くなり余計に脚がむくみやすくなるのです。

そこで今回は美容ライターとして活動する筆者が、ズッシリ重~いむくみ脚を速攻で解消するマッサージをご紹介します。

細かい回数などは決めずに、「イタ気持ちいい」と感じる程度で行ってみてください!

 

■むくみを取るなら足先から!

むくみマッサージで忘れがちなのが足先です。体の末端は冷えやすい箇所であるため、血行不良になりやすいんですよ。

(1)まず、手をグーにして、上画像のように足の指の間にのせます。足先から足の甲までゴリゴリと往復しましょう。(上写真1参照)

(2)同じく、手をグーにし足首の両脇を挟みます。くるぶしの骨の上から、ふくらはぎの間を目安に、ゴリゴリと往復しましょう。(上写真2参照)

二足歩行の人間は、どうしても足の末端に血が溜まりやすいので、むくみが気になるときは、つま先から血流を改善していきましょう。

片足が終わったら、反対側も同様に行ってください。

 

■マシュマロふくらはぎを作る!

ふくらはぎは“第二の心臓”ともいわれています。ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして、血液を巡らせる役割をしているんです。ふくらはぎの血流の滞りは、下半身全体に関係するため、しっかりマッサージを行いましょう。

(1)脚の内側、くるぶしの骨の上に手の親指を置く

(2)そのまま、膝の方向に、お肉とふくらはぎの骨をはがすように、グーっと親指を押し上げる(上写真の白矢印を参照)。この動きを何回か繰り返してください。

片足が終わったら、反対側も同様に押し上げてください。

 

■テニスボールを使ってほぐす!

下半身のむくみは、お尻の筋肉をほぐすことも肝心です。お尻の筋肉と脚全体をテニスボールを使ってほぐしていきましょう。テニスボールは、100円ショップなどでも売っています。

(1)仰向けになり、片方のお尻の下にテニスボールを置く

体重を適度にかけながら体を揺らし、お尻の筋肉をほぐしましょう。凝り固まっている方ほど痛みを感じるので、調節しながら行ってください。

(2)正座をして、片方の膝裏の間にテニスボールを挟む(上写真参照)

筋を痛めないように少しずつ体重をかけ、腰を下ろしていきましょう。膝裏の間~かかとくらいまで、テニスボールを移動させながら体重をかけていってください。

片方の足が終わったら、反対側も同様に挟んでいきましょう。

筆者も毎日ほぐしていますが、はじめは痛くてほんの少ししか沈みません……。こちらも「イタ気持ちいい」と感じる程度で行ってくださいね。

 

時間がない時は、どれか一つだけでも大丈夫。お風呂上りや寝る前などに、マッサージしてむくみの原因を取り除いて、スッキリ美脚を目指しましょう。

 

【関連記事】

※ 産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ 朝起きたら1cm足が細く!「夜用着圧ソックス3つ」体当たり履き比べ

※ 寝る前5分!翌朝「むくみ知らずの美脚」になる足上げストレッチ

※ ボトムスが引っかかる「太もも」に!ヨガ講師が教える引き締めポーズ

※ 老廃物はゴミ箱へ!冬の油断デブ足を撃退する「太ももマッサージ」

※ 疲れが取れるどころか…逆効果!「サウナ」を避けるべきタイミング3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

 

【姉妹サイト】

※ イライラして叫び出したい日に!「ストレスを抑える」お助け食品5つ

初出:美レンジャー  ライター:鈴木たかこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事