ヘアスタイル・髪型
2021.9.27

面長カバーのボブパーマ!シースルーバング&重めシルエットでおしゃれに|最旬ヘアカタログ

人気の切りっぱなしボブに、新しいおしゃれ提案をしてくれたのがこちら。動きが少ないスタイルにパーマの軽やかなカール感をプラス。ボブに飽きてきた人や伸ばしたいのに挫折してしまう人にイチオシ!サイドのボリューム感が程よく出るので、特に面長さんにおすすめしたいスタイルです。えり足のカール感を強めにしているため、首のほっそり効果も望めます。また、帽子をかぶった時、髪の動きがニュアンスになってくれるので、これからの季節にトライしたいパーマヘアになります。
パーマ初という人にもチャレンジしやすいナチュラルボブ。マスク生活には、シースルーバングで顔まわりの抜け感をつくるのが正解!

首細見えも叶える!大人のナチュラルパーマ

1

【how to“ベース&カラー”】
肩に当たるくらいの長さで、やや前下がりボブにカット。前髪は目と眉の長さに設定します。パーマと合わせてシースルーバングに仕上げるので、やや薄めにカットします。

カラーは9レベルのオレンジブラウンをチョイス。暖かみのある暖色系は、ツヤ感を与え、顔まわりを明るい印象にするのでwithマスクでも華やかなイメージに。

2
【how to“パーマ&スタイリング”】
パーマは、20〜23mmロッドで平巻きに。えり足は強め、トップの髪は、ほおラインに動きがでるように巻きます。柔らかい表情となるよう、前髪は17、20mと太さの違うロッドを使います。

髪を乾かし、ムースを全体的に塗布したら完成の楽々スタイル。外国人のような“素髪感”に仕上げたいので、ウェットになるオイルではなく、柔らかい質感となるムースタイプを選ぶのがポイント。

 

_h8c0095
サロン名:MINX 銀座五丁目通り店(ミンクス ギンザゴチョウメテン)

ヘアスタイリスト/秋山拳太郎(MINX銀座五丁目店) モデル/青木葉新 文/小平多英子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事