ヘアスタイル・髪型
2020.12.7

地毛よりもダークなカラーが新鮮!シンプルなミニボブは、ワイドバングでモードな気分に

ボーイッシュな印象のショートですが、こちらのようなミニボブにするのはいかが?ボブのカジュアルさとキュートなイメージに、ワイドバングを組み合わせているのがポイント。ワイドバング&ダークカラーで、モード感のあるスタイリッシュなヘアに仕上げています。また、小顔効果のあるサイドバングは、耳かけをした時のニュアンスにも。
アイロン無しで簡単にまとまる時短ヘアなのも嬉しいミニボブ。ショートから伸ばしている、ショートにしたいけど勇気がない人にもおすすめです。

地毛より暗めのカラーリングが新鮮!

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
平行ラインのボブにカット。襟足ギリギリの長さで切ることが可愛さの鍵。表面に少しだけグラデーションを入れます。前髪は目と眉の間の長さで、こめかみにかけてややラウンド状にカットします。カラーは地毛より暗い4レベルのアッシュブラックに。モードな印象を与える色ですが、肌をキレイに見せ、アクセサリー映えも抜群です。

%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
スタイリングは、乾かしてオイルをつけるだけのお手軽ヘア。髪のクセが気になる人やボリュームが出やすい人は、ストレートアイロンで仕上げても◎。髪がパサついて見えないないよう、オイルは少し多めに塗布するのがポイントです。表面以外は根元からつけてOK。前髪はオイルで隙間をつくり、抜け感のある表情にします。

 

garden-omotesando-%e5%86%85%e8%a6%b3%e5%86%99%e7%9c%9f-2
サロン名:GARDEN omotesando(ガーデン オモテサンドウ)
担当サロンページはこちら
GARDEN omotesando(ガーデン オモテサンドウ)

 

ヘアスタイリスト/雲林院優(GARDEN omotesando)) モデル/塗木莉緒 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事