ヘアスタイル・髪型
2019.11.2

2019年秋冬はウルフカットで大人カジュアル|レングス別おすすめヘアカタログ+アレンジ法

大人かわいいウルフカットをご紹介!すっきりとした印象がかなうから特に重たくなりがちな秋冬におすすめなんです。ショート、ボブ、ミディアム、セミロングの長さ別、ロングヘア向けのアレンジ方法もチェック♪今年の秋はウルフカットにチャレンジ!

【目次】
ショートでカジュアルに決める
今っぽくみせるボブスタイル
大人可愛いミディアムライン
女性らしさ全開のセミロング
ロングヘア向けアレンジ法

ショートでカジュアルに決める

お茶目なフレッシュヘア

お茶目なフレッシュヘア
【How to“ベース&カラー”】
・トップは長めに、内側にレイヤーを入れることで、丸みのシルエットを作り、女らしいニュアンスもしっかりと出す。
・カラーはアッシュがかったベージュカラー。
・部分的にゴールドのハイライトを入れ、より立体的に。

お茶目なフレッシュウルフ

大人の女性にぴったり

大人の女性にぴったり
【How to“ベース&カラー”】
・前髪は軽く目にかかる長さにカット。
・厚くすると束感が作りにくいので、やや薄めに取る。
・サイドは肩につかないくらいの長さでやや前上がりにカット。
・バックは襟足部分をセイムレイヤーにカットし、ウルフカットのようなすっきり感を。
・トップには軽さを出すためレイヤーを入れる。
・カラーは前髪を軽く見せないように、落ち着きのある7トーンのグレイベージュで。
・くすみのある寒色なので、クールな大人っぽさを演出。

大人の女性にぴったり
【How to“スタイリング”】
・襟足部分は首に沿わせるように手ぐしを入れながら乾かす。
・全体の毛先にアイロンでゆるく内外ランダムに巻きニュアンスをつける。
・しっかり巻かずアイロンを滑らせる程度でOK。
・レイヤーが入っているトップも巻くのを忘れずに。
・セミウエットなスタイリング剤を毛先に揉み込んで束感を出す。
・前髪は隙間を作りながら毛先だけややサイドに流す。
・さらに前髪の表面の毛を少し取り、流した毛先と反対側にカールするように動かす。
・この表面の毛が隙間の上にかかり、隙間を目立たせないようにする重要ポイント。
・ラフに見せつつ、前髪が顔になじむように計算されているからこそ、どんな顔にも似合う。

大人の前髪デビュー!どんな顔でも似合う“隙間バング”

今っぽくみせるボブスタイル

メリハリシルエットの外ハネスタイル

メリハリシルエットの外ハネスタイル
【How to“ベース&カラー”】
・襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。
・裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。
・表面にレイヤーを入れやや軽さを出す。
・前髪は目の上ギリギリでカット。
・隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。
・カラーは8トーンのアッシュブラウン。
・程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せる。

メリハリシルエットの外ハネスタイル
【How to“スタイリング”】
・乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かす。
・トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。
・26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。
・しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOK。
・全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。
・ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成。
・ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできる。
・スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。
・外ハネにしなければ落ち着いた印象にもなるので、ボブの中でもアレンジの幅を楽しめるレイヤースタイル。

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

大人可愛いミディアムライン

“NEOウルフ”が今旬カッコいい

“NEOウルフ”が今旬カッコいい
【How to“ベース&カラー”】
・前髪は目にかからない長さで直線的にカットし、隙間を作りやすいよう毛量調整。
・裾はバックからサイドにかけて鎖骨丈でカット。
・動きを出しやすくするようトップや表面に軽くレイヤーを入れ、さらに顔周りに大胆にレイヤーを入れる。
・特にもみあげからこめかみに落ちる毛束は、引き出しながら高い位置からレイヤーを。
・裾にはレイヤーを入れずカットラインを残しているので、軽くならず重たい印象に。
・顔周りだけしっかりレイヤーを入れているのがNEOウルフ。
・カラーは9トーンのオレンジショコラブラウン。
・黄みを抑えるバイオレットがMIXされ、ツヤのある明るめブラウンに仕上がる。

“NEOウルフ”が今旬カッコいい
【How to“スタイリング”】
・レイヤーは毛束を前に引き出して乾かすと髪が丸く膨れ、頭でっかちな印象に。
・必ずドライヤーを前からあて、毛束が後ろに流れるように乾かすのがポイント。
・またかき上げながら乾かすとトップが適度にふんわりして◎。
・32㎜のアイロンで裾を外ハネに。
・その後耳上に落ちるレイヤーの毛束を内巻きワンカール、さらにトップのレイヤー部分を外巻きワンカールに。
・裾はしっかりハネさせつつ、耳上とトップのカールはクセ付け程度でOK。
・もともとクセやうねりがある人はあえて巻かなくても大丈夫。
・束感やツヤの出るオイルを手のひらに少量のばし、巻いたカールをほぐすようになじませる。
・もみあげ前のこめかみに落ちる毛束を残してふわっと耳掛けすれば完成。

お帰りレイヤー! 顔周り軽め×裾重ための“NEOウルフ”セミディが今旬カッコいい

個性を感じつつも女性らしく

個性を感じつつも女性らしく
【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨ラインのミディアム。
・たっぷりとレイヤーを入れて毛先だけを内巻きにすると、個性を感じるウルフ風スタイルに。
・細かく入れたハイライトが動きをサポートして、立体感アップ。

フェースラインもカバー! おでこの形別・最旬トレンド前髪カタログ

女性らしさ全開のセミロング

モードになりすぎないクールコンサバヘア

モードになりすぎないクールコンサバヘア
【How to“ベース&スタイリング”】
・緩くくびれたフォルムが、輪郭や首元をほっそりと演出。
・ウエットな質感のスタイリング剤を使い、色気もさりげなく引き出す。

トレンドを押さえつつモードになりすぎないクールコンサバヘア

ロングヘア向けアレンジ法

重めNEOウルフで新鮮さを

重めNEOウルフで新鮮さを
【How to】

重めNEOウルフで新鮮さを
(1)よりボリューム感をつけるため、毛束をぐるぐるとねじってからコテで巻く。内・外と交互に巻きラフに仕上げる。

重めNEOウルフで新鮮さを
(2)髪の根元に手ぐしを入れたら、上下に揺らしながら毛先まで滑らせ全体に空気を入れる。

重めNEOウルフで新鮮さを
(3)やや固めのワックスを手のひらにのばしてから巻いた部分にもみ込み、毛束感とカールをキープする。

ランダムな毛先と、厚みのあるトップが新鮮!重めNEOウルフ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事