ヘアスタイル・髪型
2020.11.9

短めのボブ、どれがいい? カラー・スタイル・アレンジ別【33選】

\"\"

ボブは短めがおしゃれ!コンパクト感も女性らしいヘアスタイルです。『美的.com』の連載でも好評だった髪型を、カラー別や前髪あり・なし・パーマありなどさまざまなスタイルからご紹介します。

「ベージュ系」カラーのショートボブ【4選】

【1】グリーン系カラーのピスタチオベージュ

【How to ベース&カラー】

  1. カットは低めのグラデーションを入れたショートボブに。
  2. 前髪は巻いてリップラインになる長さに設定。絶妙な動きや柔らかさを演出するために毛量調整をバランスを見ながら。
  3. カラーは11レベルのピスタチオベージュ。今季人気のグリーン系カラーですが、クール過ぎず、赤みをおさえて透明感と柔らかい印象を与える。

【How to パーマ&スタイリング】

  1. パーマの場合、17~23mmのロッドで毛先ワンカール、顔まわりのみリバースに巻きデジタルパーマをかける。トップの立ち上がりが欲しい人は根元パーマを。
  2. アイロンの場合、26mmのカールアイロンでパーマと同様に巻く。
  3. スタイリング剤は、ソフトな仕上がりで自然なツヤ感の出るミルクタイプがおすすめ。毛先から全体的に揉み込んで、毛束を整えたら完成。

担当サロン:Violet 表参道店 若井友紀さん

 

初出:韓国へアで話題の“根元パーマ”でナチュラルな立ち上げを!こなれ感のあるショートボブ

記事を読む

【2】ベージュを多くミックスしたアッシュベージュ


【How to ベース&カラー】

  1. ベースをあごラインのワンレングスにカットし、ボリュームと軽さを出すためにレイヤーを入れシルエットを整える。
  2. 前髪は三角ベースで狭めにとり、シースルーバングに。骨格をカバーするため、前髪の目尻横に短めのおくれ毛をつくる。
  3. カラーリングは、9レベルのアッシュベージュをセレクト。アッシュよりベージュを多くミックスすることで、浮遊感と春っぽさを感じられる透明感のある色に仕上げている。


【How to スタイリング】

  1. ドライ時は、トップのボリュームがふわっとするようにドライヤーの風を当てる。また、毛先は手ぐしを通しながら、ドライヤーの風を上から当てることでツヤのある仕上がりに。
  2. 全体が乾いたら26mmのアイロンで内巻きと外ハネをランダムに巻く。この時、巻き込むカール加減&毛束の量は均一に揃えて、カールの方向だけランダムにするとバランスよく仕上がる。
  3. 巻いた毛束をほぐし、オーガニック系のバームを下から上にボリュームを出すように毛先→中間→根元付近と塗布し、最後に手に残っているスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:透けバング×色っぽボブは、内&外ミックスのランダムカールが春を誘う!

記事を読む

【3】愛されカラーオレンジベージュ


【How to ベース&カラー】

  1. 襟足のレングスを、首の長さ&太さのバランスで決めたら、レイヤーでスッキリとカット。その後、顔まわりに重さが残るようにやや前下がりのグラデーションでカットする。
  2. 前髪は巻いて目にかかる長さに設定し、幅を狭めにして薄めバングをつくる。さらに、前髪とサイドを繋ぐラインを頬くらいすることで小顔見せに。
  3. カラーは8レベルのオレンジベージュに。元気な印象を与えて愛されカラーで、ツヤ感をもたらす色味。


【How to スタイリング】

  1. ドライ前にオイルタイプのトリートメントを塗布し、しっかり乾かしながら根元から毛先までツヤ感を出す。
  2. 乾いたらストレートアイロンを使いCカールで柔らかい曲線を演出。表面はふわっと仕上げ、前髪はサイドに流れるように。
  3. 最後に、トリートメントワックスなどをサラっとつけたら完成です。スタイリング剤はつけ過ぎに注意して。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 蛇石智哉さん

 

初出:薄め前髪の大人ナチュラルなショートボブなら、手軽で可愛くキマる!

記事を読む

【4】透け感のあるフォギーベージュ


【How to ベース&カラー】

  1. あごラインでカット。バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。
  2. 顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。
  3. 前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。
  4. カラーは10トーンのフォギーベージュ。ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせる。表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。


【How to スタイリング】

  1. トップを持ち上げながら乾かす。また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぐ。また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすい。
  2. トップを前後ふたつに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカール。この毛束が表面にふわっとした立体感を出す。
  3. ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせる。前髪の毛先にもなじませサイドに流して。トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすい。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 斎藤詩歩さん

 

初出:ボリュームが出ないペタンコ髪は“厚め前髪×ひし形ショートボブ”でトップふんわり&小顔効果も!

記事を読む

「アッシュ系」カラーのショートボブ【3選】

【1】柔らかい雰囲気のアッシュベージュ


【How to ベース&カラー】

  1. カットは首がキレイに見える顎ラインの長さでやや前下がりのグラデーションに。後頭部が女性らしくふんわり仕上がるようレイヤーを入れる。
  2. 前髪は眉が隠れる長さのおろし流しバングに。サイドバングをつくり骨格をカバー。
  3. カラーは8レベルの柔らかい雰囲気のアッシュベージュに。日本人特有の赤味と黄味を打ち消し、透明感のある色味に仕上げる。

【How to スタイリング】

  1. スタイリングのコツは、襟足はすっきり首に沿うように、トップはふんわりボリュームが出るように乾かすこと。コツさえおさえていれば、アイロンなしでもスタイルがキマる。
  2. アイロンを使う場合、ストレートアイロンをさらっと通す程度でOK。前髪は少しカール感がつくようにストレートアイロンでカールづけを。
  3. スタイリング剤はツヤのでるオイルワックスを手にしっかりなじませてから、指を通すイメージで全体的に塗布。最後に耳にかけてもみ上げを整えたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 森一也さん

 

初出:もみ上げは少し残すのが今っぽい!モテもオシャレもかなうショートボブヘア

記事を読む

【2】赤みを抑えたラベンダーアッシュ


【How to ベース&カラー】

  1. ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れる。
  2. 前髪はリップラインで、薄めにカット。もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整。
  3. カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。赤みを抑えてツヤ感があるカラー。


【How to スタイリング】

  1. 髪を乾かしたら、32mmのアイロンで内巻きにする。トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りに。前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。
  2. スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 田中麻由さん

 

初出:ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵

記事を読む

【3】赤みを抑えたブルーアッシュ


【How to ベース&カラー】

  1. 全体を重めのグラデーションでカット。えり足もグラデーションでカットし、量感調整をしっかりすることでメリハリをつけながら今っぽい軽さを表現。
  2. サイドはあごラインにして、顔型をカバー。
  3. 前髪はやや長めで、乾いた時に目にかからないラインで重めに仕上げる。
  4. カラーは、10レベルのブルーアッシュに。髪の赤みを抑えこれぞアッシュ!という透け感が魅力。


【How to スタイリング】

  1. ドライ後、ストレートアイロンで髪を床に平行に引き出しナチュラルなカールづけを。毛先だけでもOKですが、中間からさらっと通すとツヤ感がでるので一手間加えて。
  2. スタイリング剤は、オイル&ミルクをミックスさせてセミウェットな質感にすることで、今っぽいツヤ感をもたらす。全体的に揉み込んで手ぐしで整え、手に残っているものを前髪に塗布。前髪はシースルーな束感をつくるのが可愛さのポイント。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 福田一生さん

 

初出:流行のジャケットに似合うショートへアは、丸みシルエットと前髪で女らしく

記事を読む

「ブラウン系」カラーのショートボブ【3選】

【1】少し赤みのあるベイクドブラウン


【How to ベース&カラー】

  1. ベースはベーシックなグラデーションで切る。
  2. 前髪をリップラインに設定し、前髪と表面のレイヤーを自然につなげて柔らかい仕上がりに。
  3. カラーは7レベルのベイクドブラウンに。少し赤みのある暖色で、こげ茶のようなまろやかな色味となっている。肌のくすみを消して、肌色に透明感をプラス。おしゃれ上級者にオススメのカラーリング。


【How to スタイリング】

  1. トップがふんわりと仕上がるよう、根元にドライヤーの風を当てて立ち上げるようにドライ。前髪はオールバックに乾かす。
  2. 全体的に乾いたら32mmのアイロンで毛先をワンカール巻く。ラフな仕上がりにするため、シャンプーをするように手を動かしてカールを崩す。
  3. セミウェットな仕上がりになるセラムを毛先~中間に塗布し、毛束感を整えたら完成。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 金澤侑さん

 

初出:長め前髪の大人可愛いショートボブ!ベイクドブラウンカラーで肌もキレイ見せ

記事を読む

【2】柔らかい質感に仕上がるウォームブラウン


【How to ベース&カラー】

  1. 前髪を目にかからない長さに設定し、顔まわりをマッシュラインで繋いでから流しやすくするためにレイヤーを入れる。
  2. ベースはショートボブにカットし、全体にもレイヤーを。襟足をギリギリの長さにすることで、自然な丸みのあるフォルムに。
  3. カラーリングは、ハイライトに9レベルのウォームブラウンをオンカラー。暖かみがあって柔らかい質感、さらには活発な雰囲気のある色味となっている。


【How to パーマ&スタイリング】

  1. パーマは太めのロッドを使いフォワード&リバースのミックス巻きに。前髪は大きく1カール巻く。
  2. ノンパーマなら、26mmのアイロンでフォワード&リバースに巻いて毛先の動きをしっかりつける。
  3. スタイリングはややセット力のあるミルクワックスやソフトワックスを毛先から揉み込み、全体の質感を揃えて整えます。最後に前髪の毛先に塗布したらフィニッシュ。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 西川真矢さん

 

初出:マッシュベースのショートボブへアなら、大人っぽくもフレッシュな可愛さがかなう!

記事を読む

【3】ピンクみのあるカシスブラウン


【How to カット&カラー】

  1. サイドはリップライン、耳より前はレイヤーを入れず長めにカット。
  2. 顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。
  3. カラーは7トーンのカシスブラウン。ピンク系のカラーは最近のトレンド。ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せる。


【How to パーマ&スタイリング】
  1. 24mmのロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかける。顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。
  2. スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かす。
  3. 前髪のシースルーバングは、くしでとかすと適度な隙間が作れて◎。パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成。

担当サロン:AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン) 田邊可奈さん

 

初出:小顔も柔らかさも手に入る、顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”で、大人かわいいショートボブに

記事を読む

「黒髪」に似合うショートボブ【3選】

【1】クールな印象の洗練ミニボブ


【How to ベース&カラー】

  1. 襟足の長さをアゴラインで設定し、グラデーションでカット。
  2. 前髪も襟足と同様に、アゴラインでカット。全体にしっかり量感を調整して、束感をつくりやすくする。
  3. カラーリングは、6レベルのダークアッシュに。赤みがなく、暗めのカラーリングでクールな印象を与えてくれる。

【How to スタイリング】

  1. ドライヤーで乾かすだけで決まる、お手軽スタイリング。襟足が浮きやすい人は、ドライヤーの風を上から当てて、手で抑えながら乾かすと◎。
  2. さらに、センスアップするなら、32mm のアイロンで、前髪を顔の前に集めてワンカールさせて。
  3. 最後に、保湿力のあるヘアオイルを全体的に馴染ませて、艶っぽく仕上げたら完成。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 今野佑哉さん

 

初出:長め前髪がクール!女性らしい洗練ミニボブは抜け感が鍵

記事を読む

【2】暗めヘアに似合う甘×辛ストレートショート


【How to ベース&カラー】

  1. 襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。
  2. 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。
  3. カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。

【How to スタイリング】

  1. 前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。
  2. スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) KOMAKIさん

 

初出:甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!

記事を読む

【3】大人女性におすすめの上品ヘア


【How to ベース&カラー】

  1. 前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。かき上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れる。
  2. ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部にもレイヤーを。
  3. カラーは7トーンのアッシュブラウン。ベースは上品なブラウンですが、日本人の髪に出やすい赤みを抑えるアッシュ系をプラスすることでツヤ感や清潔感を演出。落ち着いたカラーなので短くても軽い印象は与えません。

【How to スタイリング】

  1. 顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと立体感が出やすくなる。
  2. 全体の毛束の中間から毛先に向かって32mmのアイロンで軽くワンカール。やや低めのサイドでふわっとさせたいため、毛先でなく毛束の中間からアイロンを挟むのがポイント。
  3. ワックスやオイルを毛先にもみ込み束感を出す。前髪は根元をかき上げ内側からキープスプレーを。すぐにペタッとなりやすい人は、サイドを少し持ち上げキープスプレーを吹きかけてもOK。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:長め前髪の“ひし形ボブ”は、大人っぽく見える絶妙バランス!

記事を読む

「パーマ・アイロン」で動きをつけたスタイル【6選】

【1】ニュアンスパーマで作るおしゃれ外ハネヘア


【How to ベース&カラー】

  1. ショートボブのベースはグラデーションでカットし、トップと顔まわりにレイヤーを入れる。トップの長さを残すことで女性らしい丸みのあるシルエットに。
  2. 前髪はパーマをかけて眉にかかるくらいの長さにカット。幅を薄めにとり、透けバングにする。
  3. カラーは、ブラウンにパープルをミックスした8レベルのショコラベージュに。ツヤ感があり冬におすすめのシアーな色味。


【How to パーマ&スタイリング】

  1. パーマは17mmと20mmのロッドを使い、ランダムな外ハネ&カール感の表情をつくる。顔まわりは“縦の動き”を出すために斜め巻きのスパイラルで。
  2. スタイリングは、根元を中心に7割ほどドライしたら、シアバターorソフトワックスを毛先と顔まわりに塗布。全体に付けないことでセミドライな質感に仕上げ、バングと顔まわりのフレームラインをウェットな質感にすることでメリハリのあるスタイルが完成。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 野沢伯行さん

 

初出:ニュアンスパーマでエアリーな軽さ+ハネが魅力のショートボブ

記事を読む

【2】低温デジタルパーマで柔らかなくせ付け


【How to カット&パーマ&スタイリング】

  1. ボリュームが出にくい人は、全体のベースを重めにカット。
  2. 耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。
  3. 低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。

担当サロン:Belle Ginza 加藤千明さん

 

初出:輪郭もカバーしてくれる! 好感度◎の定番ボブカタログ

記事を読む

【3】波ウェーブで作るショートボブ


【How to カット&スタイリング】

  1. シャープにした襟足の上に、グラデーションカットで丸みを出した後頭部の髪をふんわりかぶせて横顔美人に。
  2. 顔周りの髪を波ウエーブにしているから、面長でもバランス良く見える。

担当サロン:Sui(スイ) 坂口勝俊さん

 

初出:リップラインボブカタログ|小顔効果&スタイルアップが叶う最旬ヘア

記事を読む

【4】こなれ感のある外ハネフェミニンスタイル


【How to ベース&カラー】

  1. 襟足を浮かない長さに設定し、やや前下がりのワンレングスでカット。襟足にイングラデーションを入れることでコンパクトなフォルムに。表面にはレイヤーを入れて毛先の軽さを出す。
  2. 前髪は奥行きを浅めでやや幅広くとり、肌が見えて束間が出やすいようにカット。
  3. カラーは7レベルのオリーブグレージュに。オリーブとグレーをミックスすることで、赤みをしっかり消しつつ透明感のある髪色に仕上げる。


【How to スタイリング】

  1. 髪をドライする時、前髪はその日の気分で下ろしも流しも対応できるように分け目がつかないように乾かす。
  2. ドライ後、ストレートアイロン、もしくは26mmのカールアイロンで毛先を外ハネに。クルッとしたカール感ではなく、軽く丸みをつける程度でOK。
  3. ツヤ感の出るソフトワックスを全体に揉み込んだらフィニッシュ。毛先がパサついているとNGなので、セミウェットな質感を目指して品良く仕上げて。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:前髪の束感とツヤ感でつくる、ほめられショートボブ

記事を読む

【5】ミックスカールがポイントのショートボブ

【How to ベース&カラー】

  1. アゴラインのワンレングスベースでカット。トップに角を落とす程度のレイヤーを入れる。耳後ろなど毛量調整はしっかりめにして動きが出やすいように。
  2. 前髪は黒目と黒目を結ぶ三角ベースでつくり、幅が狭めのシースルーバングに。
  3. カラーリングは、8レベルのブラウンベージュに。赤みを抑えるためにベージュのニュアンスを加え、暖かみがありツヤっぽいナチュラルな印象を与える。


【How to スタイリング】
  1. ドライ後、26mmのアイロンを使い、外ハネワンカールを巻く。所々に内巻きをミックスさせますが、外ハネ:内巻き=8:2がベストバランス。
  2. スタイリング剤は、シャンプーをするように髪を動かしてカールをほぐしてからつけること。毛先のパサつきを抑えてくれるバームを毛先→中間→前髪の順番で塗布。スタイリング剤は、ツヤ感を与えサラっとした仕上りのオーガニック系やナチュラル系がおすすめ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:サイドバングヘアで骨格補正!透けバング+外ハネミックスのショートボブ

記事を読む

【6】大人かわいい内巻きヘア


【How to ベース&カラー】

  1. ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。
  2. 前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカット。横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめる。
  3. カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。


【How to スタイリング】

  1. 髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになる。
  2. 最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリング。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 蛇石智哉さん

 

初出:シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

記事を読む

さらさら「ストレート」スタイル【3選】

【1】透明感のあるナチュラルショートボブ


【How to ベース&カラー】

  1. ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。
  2. 前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカット。
  3. カラーは8レベルのウォームブラウン。ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味。


【How to スタイリング】

  1. ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須。
  2. スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布。髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。

担当サロン:MINX 銀座中央通り店(ミンクス ギンザチュウオウドオリテン) 山口アリサさん

 

初出:時短&簡単スタイリングのショートボブは、ウェット質感で今っぽ見せ!

記事を読む

【2】ストレート感を強調したおしゃれヘア


【How to ベース&カラー】

  1. サイドは、前下がりのグラデーションでカット。輪郭をカバー。適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくする。
  2. 前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。
  3. 10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げる。


【How to スタイリング】

  1. 時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調する。
  2. 乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になる。襟足は、耳後ろの髪をタイトにして“ハの字”に抑えるとキュとしたくびれが出現。
  3. 乾燥が気になる人や髪が膨らみやすい人は、オイルをつけた手でオールバックに数回手ぐしを通すようにすると◎。髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 秋山智彦さん

 

初出:夏は“時短ショートボブ”で涼やかに♪長め前髪×スリーク質感でスタイリング要らずのおしゃれヘア

記事を読む

【3】サラつや髪が引き立つ美シルエットヘア


【How to ベース&カラー】

  1. 全体をあごとリップラインの間の長さでカット。サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。
  2. 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。
  3. カラーは8トーンのブラウンベージュ。好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。短くても軽く見えず上品な印象に。

【How to スタイリング】

  1. トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かす。左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなる。
  2. 分け目はセンターではなく6:4に。ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見える。全体はハンドブローしたあと、手ぐしで毛流れを整えるとまとまりやすくなって◎。
  3. 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らす。
  4. 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整える。顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 髙橋 苗さん

 

初出:丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

記事を読む

雰囲気に変化が出る「前髪あり・なし」スタイル【6選】

【1】「前髪あり」愛されショートボブ


【How to ベース&カラー】

  1. 首元はギリギリの長さに設定し、ベースを前下がりのグラデーションでカット。重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。
  2. 顔周りはマッシュラインでカット。
  3. 前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出。
  4. カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。


【How to スタイリング】
  1. オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライ。乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通す。キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。
  2. 前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになる。
  3. ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOK。

担当サロン:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ) 小倉太郎さん

 

初出:前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。輪郭カバーも!

記事を読む

【2】「前髪あり」長めのシースルーバングの今っぽヘア


【How to ベース&カラー】

  1. えり足は、あごラインくらいの長さに設定。バッグをグラデーションにカットしていき、丸みのあるフォルムにする。
  2. サイドはリップラインの長さで、瞳の位置でカットした前髪とつなげる。骨格に沿ったラインにすることができるので、どんな顔型にも調節可能。
  3. カラーは10レベルのアッシュブラウンをチョイス。明るい色味ですが、肌なじみがよく、自然なカジュアル感を出してくれる。


【How to スタイリング】
  1. スタイリングはドライヤーを放射線状に全体にかける。
  2. ヘアオイルを内側からまんべんなくささっとつければ完成。最後に片方の耳に髪をかければ、ぐっと今っぽいスタイリングに。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 関真吾さん

 

初出:長めシースルーバング&マッシュショートボブで、カジュアルな中にもピュアさを!

記事を読む

【3】「前髪あり」柔らかな印象のふんわりスタイル


【How to ベース&カラー】

  1. 顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。
  2. バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させる。輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れる。
  3. 前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。
  4. カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。

【How to スタイリング】

  1. 顔周りの左右の毛束が内巻き、外ハネと、違った方向に流れやすい人は乾かし方に注意。つむじの毛流れにより外ハネになる側が出てくるので、外ハネになる毛束は乾かすとき、必ず根元をしっかり前に引き出しながら乾かして。
  2. 乾かしたら26mmのアイロンを毛束の中間から挟み、全体の毛先を軽く内巻きに。レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れる。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 須藤直矢さん

 

初出:絶対小顔に見せたいなら、前髪あり×顔周り長めの“ひし形ショート”!

記事を読む

【4】「前髪なし」襟足ギリギリがポイントの大人カジュアルヘア


【How to ベース&カラー】

  1. 前髪の長さをリップに設定し、サイドから前髪にかけて前下がりにカット。
  2. バックの毛量調整では重さを残しつつ、ラインを見せるスタイルに仕上げる。また、バックのウェイトは低く設定して、若見えヘアに。
  3. カラーは、10レベルのフォギーベージュでハイライトを入れながら、ベースを6レベルのアッシュブラウンに染める。アッシュブラウンは、肌色をキレイに見せてくれる赤みを抑えたブラウン。


【How to スタイリング】
  1. ハイライトがキレイに見えるところで分け目をつけて髪を乾かす。ドライ後、ストレートアイロンでさらっと通すようにプレス。
  2. スタイリング剤は重めのヘアオイルをセレクトし、髪全体に塗布したら両手で髪を挟んでカットラインをしっかり出す。
  3. 前髪にもスタイリング剤をつけて、束感をつくりウェットな質感に仕上げたら完成。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 原倫子さん

 

初出:シンプルなショートボブをスタイルアップさせる要は、個性的なハイライトにあり!

記事を読む

【5】「前髪なし」エレガントな印象の軽やか外ハネ


【How to ベース&カラー】

  1. サイドはあご下4.5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見えます。襟足は首に沿うようにカット。前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。
  2. 顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。
  3. カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えません。


【How to スタイリング】
  1. トップを乾かすとき、分け目がパカッとならいよう根元を持ち上げながら乾かす。後頭部も根元を立ち上げるように乾かすと、自然とボリュームが出てふわっとした仕上がりに。
  2. 外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみ、内外ランダムに巻く。特に顔周りはしっかり外ハネにすると軽やかな印象に。前髪は軽くリバース巻きに。
  3. ワックスよりツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込み、軽く耳掛けをすれば完成。

担当サロン:MINX 銀座中央通り店(ミンクス ギンザチュウオウドオリテン) 小林篤史さん

 

初出:大人髪で遊ぶならこれ! 毛先の動かし方でカジュアルにも上品にもなれる“前髪長めショートボブ”

記事を読む

【6】「前髪なし」ルーズな束感が可愛いショートボブ


【How to カット&スタイリング】

  1. ワンレングスでやや前下がりにカット。
  2. 丸いシルエットにならないように内側を軽くし、表面もルーズな束感が出せるように調整。
  3. 全体に細く入れたハイライト効果で、立体感がさりげなくも際立つ。

担当サロン:kiito 岩井典久さん

 

初出:輪郭もカバーしてくれる! 好感度◎の定番ボブカタログ

記事を読む

ショートボブの「アレンジヘア」【5選】

【1】簡単イメチェン!アシメフォルム

Un ami omotesando トップスタイリスト

津村佳奈さん

神崎恵さんを担当する美容師として一躍有名に。確かな技術で、その人に必ず似合うヘアスタイルを提案してくれる。

「いつもと違うスタイリング剤で質感を変え、いつもと違う分け目にするだけで全くイメージが変わります! 髪が落ち着くので、湿気による広がりもカバー」(津村さん)

\How to/

(1)ジェルをなじませる
ワンプッシュ分のジェルを手に広げ、フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。

(2)フォルムを作る
9:1の横分けにして、髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。

完成。

\使用アイテム/

ミルボン ニゼル ジェリー M
ぬれたような質感と動きのある束感を作るジェル。

価格容量
¥1,800 90g

初出:ショートヘアの簡単イメチェン|梅雨の湿気による髪の広がりをカバー!

記事を読む

【2】センターパートのクラウンアレンジ

\動画で詳しくアレンジ方法をチェック!/

\How to/

(1)フェイスラインの毛束をリバース(後ろ向き)に巻く。その後ろの毛束はフォワード(前向き)巻きに。さらにその後ろはリバース、その後ろはフォワードと交互に巻いていく。

(2)全部を巻き終えたら手ぐしでざっくりほぐす。

(3)毛先をところどころ外ハネに。

(4):ソフトワックスを手にとり、下から手を入れてなじませる。

(5)分け目の横の毛束をとり、後ろ向きにねじる。地の髪を少し入れ込んでさらにねじる。

(6)後ろでピンで固定する。逆側も同様に。

(7)髪をところどころつまみ出す。

(8)顔周りの髪を残し、耳にかける。

(9)パールピンをランダムに飾る。


初出:髪が短くてもアクセがあれば楽しめる!前髪こなれアレンジ

記事を読む

【3】広がりをおしゃれに抑える“耳下プチ結び”

\How to/

(1)前髪をざっくりとセンターで分ける。
(2)サイドの毛束を耳の後ろでタイトに押さえてちょこんと結ぶ。“いかにも”な結び目にならないように、地肌に沿わせながら結ぶこと。


初出:ちょこっと結びで髪の広がりを防止! プールで映える簡単ヘアアレンジ

記事を読む

【4】こなれ感たっぷりの後ろ編み

GARDEN Tokyo トップスタイリスト

本木亜美さん


「最近ボブにしたのですが、くせ毛なのでアレンジは多用します。きちんと巻いたあと、後れ毛をバランス良く残してから結ぶと、リラクシーなこなれ感が出て女性らしさ抜群です」(本木さん)
\How to/

(1)後れ毛を残してまとめる
ラフ巻きにしてシアバターをなじませ、こめかみ、耳前、耳後ろの毛束を残して髪をまとめる。

(2)編み込みにする
まとめた髪は3束にわけ、大きく編み込みにしてバレッタで留める。ボブなら3回編む程度。

(3)表面をくずす
表面の髪を所々指でつまみ出す。面長さんは、横もふんわりさせるとGOODなバランス。

完成。


初出:ボブのヘアアレンジ|脱“ただ結んでいるだけ”の「こなれ感」アレンジ

記事を読む

【5】おしゃれなタイトめひとつ結び

小林有里さん

@lilyshandmade

Point

◆根元をくるくるドライヤーでふんわりと立ち上げる
後頭部の丸みを出すため、根元から熱を加えられるくるくるドライヤーを活用。

◆タイトながらも毛束感はキープ
後れ毛は残さないタイトなシルエットだけど、表面には凹凸をつけてこなれ感を。

◆ヘアアクセを上手に使う
結んだ毛束が短いと中途半端に見えるため、それを隠せるレザーのアクセを手作り!

\How to/

(1)くるくるドライヤーでふんわりと
ふんわりした丸みが出るように、くるくるドライヤーでトップ~後頭部の根元をしっかり立ち上げる。

(2)スプレーでキープ
根元の立ち上がりがヘタらないよう、手ぐしを通せるハードスプレーを吹きつける。

(3)内側に空気を入れながら結ぶ
内側から手ぐしを通しながら、後頭部のふんわり感をつぶさないように下の位置で髪をひとつ結びに。

(4)後頭部の少し上の髪を引き出す
後頭部の上部分の髪を、指先でひとつまみずつ引き出す。いろいろな角度から見ながらバランス良く。

(5)ハチの少し上を引き出す
正面から見たときにもふわっと感がわかるように、サイドはハチの少し上部分の髪を引き出して。

(6)髪をつまんでキープ
引き出した髪を指で再度つまみ、ハードスプレーを吹きつけて隙間をキープ。

(7)ヘアアクセを飾る
結び目にヘアアクセを飾る。短い毛束がうまく隠れ、お団子風フォルムに。

\使用アイテム/

211

花王 ケープ フリーアレンジ 無香料

価格容量
¥718(編集部調べ) 140g

初出:ボブの方必見♪こなれ感たっぷりのタイトめひとつ結び~ヘアアレンジ~

記事を読む

※一部サロン専売品が含まれます。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事