ヘアスタイル・髪型
2020.10.3

秋の髪型を、美しくみせる秘訣【15のヘアスタイル例】

\"\"

秋、季節の変わりめにファッションと一緒に髪型を変えてみたい人も多いのでは?秋冬におすすめのショート、ボブ、ミディアムヘアスタイルを『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからまとめました。パーマスタイルや40代にもおすすめのヘアスタイル、小顔効果やおでこの形別に似合う髪型など。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ショートヘア【3選】

【Style1】今秋のカラートレンド「ハイライト」がこなれ&おしゃれ

\ヘアスタイルの特徴/
・顔まわりにハイライト入れるのが今季のカラートレンド。
・シースルーバングの抜け感が、大人のこなれ感を演出。
・外ハネのアクセント+丸みシルエットの好バランスがおしゃれっぽさを高めてくれるショートボブ。
・ダメージが少なく白髪が気になりはじめた人にも。
・初ショートにチャレンジしたい人に。

【ベース&カラー】
・前髪は巻いて目にかからない長さに設定し、幅とのバランスを見ながらシースルーに。
・サイドは頬にかかる長さにすることで小顔効果も狙えます。
・襟足は首にフィットするようにカットすることで“くびれ”をつくり女性らしい雰囲気に。
・カラーは全体を6レベルのグレーアッシュに染めながら、顔まわりにハイライトを入れます。
・ハイライト部分にはミルクティーベージュをオンカラー。

【スタイリングのやり方】
1. ナチュラルなふんわり感を出すため、前髪とトップはマジックカーラーで巻いておきます。

2. 顔まわりの毛先を外ハネに、そのほかは軽く内巻き1カールに。

3. スタイリング剤はツヤ感のあるバームをチョイス。下から上にかき上げながら塗布します。襟足は浮かないようにしっかりめに。

4. 前髪の束感を整えたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 銀座店 佐伯美祐さん

 

初出:伸ばしかけヘアはトレンドカラーでイメチェン!好バランスなショートが今っぽい

記事を読む

【Style2】どんな顔型にも似合う、今秋の「ハンサムショートヘア」

\ヘアスタイルの特徴/
・ジェンダーレスなイメージのあるハンサムショートをパーマで一新。
・ウェーブ感が出て、動きのある大人かわいい雰囲気に。
・髪のハネによりひし形シルエットがつくりやすくなり、小顔効果はもちろんどんな顔型にも似合わせが可能な優秀ヘア。
・ゆるく柔らかい質感が今どきのショートヘア。
・髪がペタっとしやすい人、動きが出にくい人におすすめ。

【ベース&カラー】
・センターパーツで分け、サイドの長さを鼻より少し長めに設定し、サイドグラデーションでカット。
・襟足は短めにすることで、すっきりとした印象に。
・カラーは、暗めのカラーの5レベルのグレイアッシュに染めることで、赤みやオレンジをおさえてツヤ感をプラス。

【スタイリングのやり方】
1. パーマは18mmのロッドで毛先から2回転。ゆるいカール感が出るようかけます。

2. スタイリングは、根元に立ち上がりがつくようにドライ。

3. 根元はしっかり乾かしますが毛先はやや湿っている状態で、オイルとシアバターを同量MIXしたものを毛先から揉み込むようにつけます。

4. 毛先のハネ感を整えたら完成です。

担当サロン:lora.garden(ロラ ドットガーデン) 英太さん

 

初出:髪のハネ方がどんな顔型にも合わせやすい!秋のハンサムショートヘア

記事を読む

【Style3】この秋、初トライ!「モテ」も「オシャレ」な愛されショートヘア

\ヘアスタイルの特徴/
・おしゃれにしたいけど、モテ髪にもしたいそんな女心を叶えるショートボブ。
・もみあげを少しだけ残すことで抜け感をプラスすることがポイント。
・頬に落ちるサイドバングにより小顔効果も望める愛されヘア。
・前髪のカール感が可愛さを演出。
・首元をキレイに見せるレングス。
・どんな人でも似合うので、ショートボブに初トライしたい人にもおすすめのデザイン。

【ベース&カラー】
・カットは首がキレイに見える顎ラインの長さでやや前下がりのグラデーションに。
・後頭部が女性らしくふんわり仕上がるようレイヤーを入れます。
・前髪は眉が隠れる長さのおろし流しバングに。サイドバングをつくり骨格をカバーします
・カラーは赤味と黄味を打ち消し、透明感のある色味に仕上がる、8レベルのアッシュベージュに。

【スタイリングのやり方】
1. 襟足はすっきり首に沿うように、トップはふんわりボリュームが出るように乾かす。

2. アイロンを使う場合、ストレートアイロンをさらっと通す程度でOK。

3. 前髪は少しカール感がつくようにストレートアイロンでカールづけを。スタイリング剤はツヤのでるオイルワックスを手にしっかりなじませてから、指を通すイメージで全体的に塗布します。

4. 最後に耳にかけてもみ上げを整えたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 森一也さん

 

初出:もみ上げは少し残すのが今っぽい!モテもオシャレもかなうショートボブヘア

記事を読む

ボブヘア【6選】

【Style1】ボブの可愛らしさと大人の色気を兼ね備えた「ひし形ボブ」

\ヘアスタイルの特徴/
・ボブの可愛らしさと大人の色気を兼ね備えたスタイル。
・骨格に合わせてレイヤーを入れることで、どんな人でも柔らかさと丸みのあるひし形フォルムを叶えます。
・前髪をやや長めにすることで色っぽい美人ヘアに。
・ソフトで上品なイメージのボブヘア。
・繊細な前髪カットにより、丸顔も面長もカバーしてくれます。

【ベース&カラー】
・アゴラインのワンレングスでカット。
・後頭部のボリュームと丸みシルエットをつくるため骨格に合わせたレイヤーを前下がりで入れます。
・前髪は小鼻の長さでカットしてから、サイドに流した時、小顔を狙える頬の位置に落ちるように調整。
・カラーは暖色でも、寒色でもないニュートラルカラーの8レベルのマロンブラウンに。
・アイロンが苦手な人は太めロッドでCカールパーマをかけるのがおすすめ。
・ボリュームが出やすい人や硬毛、多毛の人はハチ上だけポイントでストレートパーマをかけると圧倒的に扱いやすくなります。

【スタイリングのやり方】
1. ストレートアイロン、太めの32mmアイロンで仕上げる場合、根元から毛先までを“Cを描く”イメージで。

2. ナチュラルな質感にするとぐっとスタイルアップするので、セット力のないミルクトリートメントやツヤ出しスプレーがおすすめ。毛先中心になじませたら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:鼻にかかる前髪で小顔効果を!上品な色っぽさが魅力のひし形ボブ

記事を読む

【Style2】今秋のトレンド、「ハイライト」でおしゃれに差がつく「短めボブ」

\ヘアスタイルの特徴/
・・思い切った“オン眉バング”でボブヘアのイメチェンにも。
・やや重めにカットしてスタイリング剤で抜け感を出すのがポイント。
・前髪と顔まわりにハイライトを入れることでも、おしゃれに差をつけられるボブ。
・髪質を問わないので、コンサバスタイルに飽きた人はぜひチャレンジを。
・レングスが短めなので、まとまりよく毎日のスタイリングもぐっと楽に。

【ベース&カラー】
・ベースをアゴ下でワンレングスにカット。
・表面に少しだけレイヤーを入れます。
・眉毛上でパッツン前髪にカットします。
・全体のカラーは6レベルのブルーアッシュに。しっかりとした色味で色持ちがよく、透明感が魅力です。
・前髪と顔まわりにハイライト入れ、おしゃれ感のある仕上がりに。

【スタイリングのやり方】
1. ドライ後、32mmのアイロンでワンカール巻く。

2. スタイリング剤をつける。スタイリング剤はさらっとした質感のクリームバターがおすすめ。中間から毛先につけ、手に残ったものを前髪につけるとちょうどいいシースルー感に。

担当サロン:GARDEN aoyama (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:マスクとヘアのいい関係!思い切った”オン眉バング”ならコンサバボブに飽きた人にピッタリ

記事を読む

【Style3】オールバックで辛口に!ウェット仕上げの「クールボブ」

\ヘアスタイルの特徴/
・キリっと大人かっこいい、切りっぱなしのボブ。
・おしゃれ感を底上げするのは、ウェットな質感とクールな印象のオールバック。
・バングは下ろすこともでき、2WAYで楽しめます。
・甘めのボブに飽きた人、エッジの効いたスタイルにチェンジしたい人におすすめのスタイル。
・ゆるめの癖毛から直毛まで幅広い髪質に対応できます。
・プリンが気にならないダークカラーとのコンビで、ぐっと辛口にキメて!

【ベース&カラー】
・アゴよりやや長めのワンレングスボブでカット。レイヤーは入れずに、切りっぱなしのおしゃれな質感を活かします。
・前髪は頬骨くらいの長さで、かき上げも下ろしもできるようにします。
・カラーリングは、太陽の光に当たるとほんのり透ける5レベルのブラウンアッシュに。伸びた時に根元が気にならなのもメリット。

【スタイリングのやり方】
1. 前髪が立ち上がるようドライヤーの風でオールバックに乾かします。

2. ドライ後、ストレートアイロンでサラっと外ハネにする程度に伸ばすだけ。外ハネにし過ぎないのがポイントです。

3. 最後にウェットな質感に仕上がるヘアオイルを全体にしっかり馴染ませ手ぐしでオールバックに。

4. ルーズな毛束感を調整すれば、クールで今っぽボブの出来上がり。根元にはオイルをつけないように注意して。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 吉田有花さん

 

初出:オールバックで辛口ムードに!甘めに飽きたらウェット仕上げのクールボブヘアを

記事を読む

【Style4】「外ハネヘア×シースルー前髪」で若見えボブ

\ヘアスタイルの特徴/
・肩に当たってハネやすいボブスタイル。
・毎日のスタイリングが楽々。
・少しだけレイヤーを入れることで、ストレートアイロンをさらっと通すだけでおしゃれヘアが完成。
・前髪はシースルー&ワイドで抜け感を演出。
・若々しい印象を与え、髪質を問わずチャレンジしやすい外ハネボブ。
・面長さんにもおすすめ。

【ベース&カラー】
・あご下3cmのワンレングスベースに、スタイリングしやすいようにレイヤーを少しだけ入れます。
・前髪はワイドでかつ、シースルーにすることでラフな質感をつくり今っぽい仕上がりに。
・カラーは透明感のあるフォギーベージュに。7レベルでカラーリングすれば、プリンにもなりにくい!

【スタイリングのやり方】
1. 髪が広がりやすい人は、ドライ時にドライヤーの風を上から当てて広がりを抑えると◎。

2. 乾いたらストレートアイロンで軽く外ハネするだけ!外ハネにしようとせずに、さらっと通すのがコツ。

3. シアーなツヤ感の出るクリームバターを手に取ったら、顔まわりからオールバックになじませます。前髪は眉と眉の髪だけに塗布して、サイドにはつけないのがポイントです。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 豊田楓さん

 

初出:マスクをしてもかわいい外ハネヘア!シースルー前髪で今っぽいボブ

記事を読む

【Style5】秋色こっくりカラー&カールの「カジュアルボブ」

\ヘアスタイルの特徴/
・長めボブにしっかりレイヤーを入れたスタイル。
・秋を感じさせるおしゃれなカール感と知的なイメージを併せ持つ、
・簡単スタイリングの万能ヘア。
・シアー系のゴールドメイクと合わせてヘルシーな印象に仕上げるのもおすすめ。
・他の人と被りたくない、おしゃれ上級者にイチ押しのボブヘア。
・サイドの髪の動きが程よく、求心的な顔立ちの人にもぴったり。

【ベース&カラー】
・ベースのカットは鎖骨ラインのボブでカット。
・トップのみにレイヤーをしっかり入れることで、ウルフとは異なる表情の軽さを表現しています。
・前髪は顎ラインでカットしていますが、短めでもOK。
・流れやすいようにカットしてから、スライドカットで調整し抜け感を出します。
・カラーは秋色ブレンドでこっくりとした雰囲気の、9レベルのアッシュブラウンに。顔色をよく見せる効果が望めます。

【スタイリングのやり方】
1. 前髪を立ち上げてドライします。

2. 32mmのアイロンでベースを外ハネにした後、表面をリバース巻きに。根元まで巻いて。

3. 前髪は外に流すようにワンカールさせますが、カールが強めの方が可愛いので冷めるまで触らずにカールをキープさせます。

4. 柔らかめのワックスを空気を含ませるようにワサワサっと全体に揉み込むようにつけ、毛先にオイルを塗布したら完成です。

担当サロン:MINX 銀座店 佐伯美祐さん

 

初出:簡単ヘアスタイリングでおしゃれ上級者に見せてくれる!たっぷりレイヤーのカジュアルボブ

記事を読む

【Style6】秋色アッシュベージュでふんわり「モテ髪ボブ」

\ヘアスタイルの特徴/
・ボブのかわいい印象はそのまま、女性らしい華やかさをプラスしたスタイル。
・柔らかいカール感と曲線の美シルエットが魅力です。
・カールアイロンでも、ストレートアイロンでも再現可能ですが、大きめのしっかりしたウェーブにすることがポイント。
・丸顔さんはひし形シルエットに。
・面長さんはサイドをボリューミーに。
・大人の色気をアップするアッシュベージュとのコンビネーションがイチオシ。

【ベース&カラー】
・カットはあご下3cmのレングスで、やや前下がりのワンレングスボブ。
・ボリュームのコントロールがしやすいよう、トップにレイヤーを入れます。
・前髪はサイドに流れるように斜めラインでカットし透け感を調整。
・カラーはこの秋、大人女性におすすめのアッシュベージュに。どんな人にも似合う万能カラーです。

【スタイリングのやり方】
1. カールアイロンでも、ストレートアイロンでも、髪を上下2分割にし、下段を外ハネワンカール。

2. 上段は波ウェーブに。波ウェーブは毛先を外ハネと内巻きを交互につくることでランダムなカール感を出します。

カールアイロンの場合:毛束の毛先から外ハネ→内巻きがキレイに仕上がる。
ストレートアイロンの場合:中間からアイロンの挟む角度を変えると美しい波ウェーブに仕上がる。

3. スタイリング剤は、ウェットにならないバーム系で。細毛さんは少しセット力のあるソフトワックスがおすすめ。今季はマットな質感で攻めるのが◎。

4. カールをほぐさないように毛先から根元まで揉み込みながら塗布したら完成です。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:簡単斜め前髪と曲線美で魅せるヘアだから色っぽい!秋のふんわりモテ髪ボブ

記事を読む

ミディアム【5選】

【Style1】秋のダークカラーで大人の女性を演出「ウルフミディアム」

\ヘアスタイルの特徴/
・ランダムなカールの動きとセミドライな質感が特徴のパーマスタイル。
・根元をふんわり仕上げることがおしゃれに仕上げるコツ。
・顔まわりにウルフっぽい軽さをつくることで、明るい表情に。
キレイめカジュアルなミディアムヘア。作り込み過ぎない程よい抜け感がポイントで、ナチュラルでヘルシーな仕上がりに。さらにスタイリング次第で、くせ毛を活かすこともできる優秀ヘアです。

【ベース&カラー】
・鎖骨くらいの長さで外ハネにカットし、顔まわりにウルフ風の軽さを出します。
・前髪は抜け感を出すものの、シースルーほどすき間を作らずライン感を残しています。
・カラーはどんな肌色にも似合うブラウンの7レベルのベージュアッシュ。ダークカラーでも柔らかさを演出します。
・パーマの場合:全体のバランスを見ながら17~23mm のロッドで細かくMIXに巻きます。毛先は17mm、前髪はピンカールでランダムな動きが出るように。

【スタイリングのやり方】
1. 髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントミルクをつけ、やや水分が残っている状に毛先から全体的にオイルを塗布します。

2. 顔まわりの動きや毛束を調整したらフェニッシュ。

3. ノンパーマの場合:26mmのアイロンでベースを外ハネに、全体をフォワード&リバースのMIX巻きにしてパーマと同様に仕上げます。

4. くせ毛を活かしたい人は、洗い流さないトリートメントミルクを塗布し、軽く乾かしてからオイルを揉み込むようにつければOK。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 田中美有里さん

 

初出:マスクと相性抜群ヘアはウルフミディアム!キレイめカジュアルで明るい印象に

記事を読む

【Style2】可愛い&色っぽい、大人のチョコ色「トレンドミディアム」

\ヘアスタイルの特徴/
・可愛らしさと大人の色っぽさを両立したスタイル。
・前髪とサイドバングで顔まわりの毛流れをつくり、軽さと動きを出していることもポイント。
・小顔効果も狙えるミディアムヘア。
・ナチュラルだけどトレンドをさりげなく取り入れたい、そんな人に一押しのデザインです。

【ベース&カラー】
・カットは鎖骨下くらいのボブベースでカットし、毛先の質感を調整します。
・前髪とサイドバングをつなげ、後ろへ流れやすくするようスライドカットを。
・小顔効果を最大に発揮させたいなら、前髪は巻いて頬骨にかかる長さがベストです。
・カラーは、黄色にも赤にも寄らないニュートラルカラーの6トーンのチョコカラーに。肌をくすませずにキレイに見せる効果があります。

【スタイリングのやり方】
1. 前髪は太めのマジックカーラーで巻きます。ハチが張っている人はトップもマジックカーラーで巻くのがおすすめ。

2. 32mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールを巻きます。毛束を細めにとることがポイント。

3. 髪のボリュームが気になる人はポリッシュオイルを毛先&表面につけて。髪がペタッとしやすくオイルを使うとウェットになり過ぎる人は、ヘアスプレーや水溶性ジェルがおすすめです。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 佐藤真希さん

 

初出:『愛の不時着』から韓流ヘアブーム到来!“ヨシンモリ”を日本向けにアレンジしたミディアムスタイル

記事を読む

【Style3】人気急上昇中!「パーマ×ボブ」で知的で女っぽい印象に

\ヘアスタイルの特徴/
・毛先のライン感と厚みを残したボブヘアにパーマ取り入れたスタイル 。
・落ち着いた雰囲気でありながら、軽さや動きのある表情となり一気に旬ヘアに。
・シースルーバングは抜け感を演出し、顔を縦長に見せる効果もあるので丸顔をカバーしてくれます。
・柔らかい髪の動きが魅力のボブスタイル。
・仕事でもきちんと感を出しつつ、おしゃれも楽しみたいという人はぜひチャレンジして!

【ベース&カラー】
・レイヤーなしのアゴラインのボブスタイル。あえてライン感を出すためにスライスを細かく分けてカットし、平行ラインとすることでカジュアルな印象に。
・動きが出やすいようにセニング&ドライカットで調整します。
・前髪は狭めのシースルーで抜け感をプラスし丸顔をカバー。
・カラーは仕事にも対応できる8レベルのアッシュベージュに。柔らかい質感で落ち着いた雰囲気に仕上げます。
・パーマの場合、15~20mmのロッドで全体を外ハネに巻きます。トップのみリバースのスパイラルに。

【スタイリングのやり方】
1. アイロン仕上げなら、26mmで毛先を外ハネにして、表面は細かめの毛束でランダムにスパイラル状に巻きます。

2. 髪を軽くウェットにしてムースを揉み込みます。

3. セット剤は束感といった動きを出しながら、程よくまとめるバームを毛先と表面に塗布します。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 本木ヨシヒサさん

 

初出:パーマ×ボブヘアが人気急上昇中!柔らかい髪の動きで知的で女っぽい印象に

記事を読む

【Style4】夏の髪ダメージをカバー!ツヤ感重視「清楚ワンカールミディ」

\ヘアスタイルの特徴/
・柔らかい印象を与えるレイヤースタイル。
・王道のワンカールミディには、ほどよい軽さをプラスしたローレイヤー。
・シースルーバングは、パツっとしたラインをあえて残すことでフェミニンさを演出しつつ、目力もアップ。
・美肌効果のあるカラーリングもポイントのミディアムヘア。
・湿気などで髪が広がりやすい人にも一押しのデザインです。

【ベース&カラー】
・鎖骨下の長さでワンレングスにカットし、レイヤーを入れます。
・ローレイヤーにすることで、広がりをおさえながら柔らかい動きのある仕上がりに。
・前髪は眉が隠れるくらいの長さでカットし、両サイドとなじませることで小顔効果をゲット。
・カラーは、肌を明るく見せ、退色した髪にツヤ感を与える色味の10レベルのフォギーベージュ。

【スタイリングのやり方】
1.ドライ後、32mmのカールアイロンで内巻きワンカールするだけ。髪の広がりが気になる人は、ウェット状態でオイルをつけてから乾かすのがおすすめ。

2. 仕上げにはツヤ感を出すポリッシュオイルを。手ぐしを通しながら、内側にもしっかり塗布することが1日スタイルキープするコツです。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 目澤沙友里さん

 

初出:日差しによる髪ダメージをカバーしてくれるカラーは?フェミニンさも残した清楚ワンカールミディヘア

記事を読む

【Style5】上品なモテ髪カラーは“ラテグレージュ”でかなう

\ヘアスタイルの特徴/
・大人女性の必須条件“ツヤ感”を最大限に引き出すミディヘア。
・ツヤ髪のポイント上品で艶やかな髪色を叶えるカラー。
・流行りのグレージュにこっくりとしたブラウン、ピンクのニュアンスを加えた“ラテグレージュ”。
・顔まわりにおしゃれな抜け感をプラス。
・モテヘア間違いなしなので、秋に向けて女っぷりをアップさせたい人におすすめ

【ベース&カラー】
・胸上の長さでワンレングスにカット。
・ローレイヤーを入れてベースの重さを残します。
・前髪は目が隠れるくらいの長さにカットします。
・カラーは上品なツヤ感を引き出すラテグレージュに。

【スタイリングのやり方】
1. ドライ後、32mmのアイロンでベースを内巻きにワンカール。

2. 左右の顔まわりをリバースに巻いて抜け感のある仕上がりにします。ツヤを出すコツは、中間からゆっくりアイロンの熱を当てること。

3. 最後に程よい束感をつくるクリームを内側からつけます。もみあげやえり足は忘れやすいので意識して。

4. 手に残ったものを髪の表面、前髪に塗布します。

5. ふわっとした質感に整えたら完成です。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 樋山俊平さん

 

初出:上品なモテ髪カラーは“ラテグレージュ”でかなう!巻きすぎない大人のミディアムヘア

記事を読む

セミロング・ロング【1選】

【Style1】秋を先取り!抜け感のある「波ウェーブロング」

\ヘアスタイルの特徴/
・ワンカール仕上げに飽きた人におすすめな波ウェーブスタイルです。
・ゆるっとしたカール感でナチュラルさを楽しめ、おしゃれな抜け感たっぷり。
・大人っぽいスタイルですが、前髪ありの可愛らしさも。
・髪質を問わずボリューム感を抑え、落ち着いた大人女性にぴったりのロングヘア。
・難しそうに見えてスタイリングも簡単。

【ベース&カラー】
・ベースの長さを胸上でカットし、表面にレイヤーを入れます。
・前髪はややラウンドにカットし小顔見せに。
・ライン感をチョップカットでぼかしつつ、シースルーの透け感を作ります。
・カラーは黄色味を抑え、ツヤ感のあるミルクティーグレージュで秋っぽさを演出。

【スタイリングのやり方】
1. 32mmのアイロンで毛先から外ハネ→内巻きと1回ずつ巻きます。

2. 前髪はストレートアイロンか、さらっとカールイアロンで少しだけ丸みをつけます。

3. ロングは髪の重さでペタっとなりやすいので、ややセット力のあるスタイリング剤を選んで。一押しなのが、ツヤ感もエアリー感も叶えるオイルスプレー。下から上に動きをつけるように塗布するのがコツ。

4. 前髪は手にとってから毛先につけます。

5. 分け目から1~2cmのずらした部分の毛束をとり、自然に落ちる位置の反対側に。トップにナチュラルなエアリー感が生まれます。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 櫻田亜弓さん

 

初出:秋を先取り!ワンカールヘアに飽きたら、波ウェーブで抜け感を

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事