ヘアスタイル・髪型
2021.12.16

美人が止まらない。グラデーションボブ【16のおすすめスタイル】

\"\"

レイヤーボブとは異なり、女性らしい丸みシルエットが魅力のグラデーションボブ。『美的.com』の連載で好評だった人気サロンのスタイルからおすすめのショートボブとボブをご紹介します。

グラデーションってどんなカット?

DELA by afloat ceo

青木拓也さん

ミセス世代に圧倒的な支持を持ち、美容を楽しんだり自分に自信が持てるヘア提案が得意です。遠方からも悩み解決やイメチェンをしたいお客様が訪れています。企業広告や、有名人のヘアメイクなど幅広い仕事もこなす魅力的な美容師です。

ヘアスタイルでよく耳にするカットの1つではないでしょうか?レイヤーより段の幅が狭い切り方で、ヘアデザインとしてのボリュームは下にきます。内巻きワンカールデザインに向いてます。ボブでも少しグラデーションが入ることによりまとまりを作れ、髪質によりグラデーションの入れ方を変えていきます。顔周りにボリュームを持たせることができるグラデーションカットは骨格カバーで頬周りのお悩みを払拭するのにもおすすめです。


初出:人気美容師が解説!カットの種類がわかれば自分史上最高のヘアスタイルを見つけられる

記事を読む

レイヤーボブとの違い

Check
  • レイヤーは、毛束に段差をつけ、エアリーで軽快な動きを際立てるスタイルのこと。

Check
  • グデーションは、丸みがあり重めでまとまった印象のスタイル。

グラデーションボブの【3つの魅力】

  1. えり足にグラデーションでカットを入れると、メリハリをつけながら「今っぽい軽さ」を表現できる。
  2. バックにグラデーションを入れると、軽さを表現しながら「まとまりのよさ」もアップする。
  3. 後頭部がふんわり丸みが出て「女性らしいシルエット」に。

1

「小顔見え」が叶うグラデーションボブ【5選】

【1】グラデーションを入れまとまりやすくした外ハネボブ

Point

小顔効果が望める、大人っぽい雰囲気の外ハネボブ。額の広さに合わせたサイドバングが、奥行きと毛流れを出してくれる。

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースのカットは、あご下2cmの切りっぱなしボブ。外ハネにまとまるようグラデーションを入れ、表面に入れたレイヤーがふわっとした抜け感とくびれをつくる。
  2. 前髪は眉毛下でぱつっとラインを残したシースルーに。額の広さに合わせ前髪の長さを調整するのがポイント。丸顔さんは長めに、クールな顔立ちの人は短めにすることで、雰囲気をコントロールできる。
  3. カラーリングは、ブリーチ後にピンクベージュをオンカラー。透明感のあるベージュにピンクのニュアンスを加え、女性らしい印象に。ファッションを選ばず、万人に似合わせやすい色味。

【how to“スタイリング”】

  1. ストレートアイロンで毛先を外ハネにして、表面のレイヤーはアーチを描くようにゆるい内巻きに。
  2. ヘアオイルを髪全体になじませて、束感を整えたら完成。ボリュームが出やすい人は重めのオイルで、軟毛の人は軽めのオイルを少量ずつ塗布して、セミウェットな質感に仕上げて。

担当サロン:NEUTRAL DOOR(ニュートラル ドア ) 小島夏生さん

 

初出:柔らか質感で色っぽモテヘアに!シースルーバングの外ハネボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】丸顔カバーが叶うサイドバングを長めに作ったショートボブ

Point

・丸顔はシルエットを間違えると、顔が大きく見えるの要注意。
・菱形を意識してレイヤーを入れるのがポイント。

%e4%b8%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%83%bc%ef%bc%92

スタイルのポイント

  1. 顎下レングスの重めグラデーションショートボブ
  2. グラデーションカットで髪全体に動きを出すことでペタンとしないように

前髪カットのポイント

  1. 目尻までの前髪幅を目にかかるくらいの長さにする
  2. 目尻から外側のサイドバングを少し長めに作り小顔効果に

担当サロン:Surpass 星 晃介さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.95【丸顔・ショート・シースルー】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【3】エラ張りカバーが叶うふんわりグラデーションボブ

Point

・エラが出てる方は顔が大きく見られがちなため、エラが隠れる様にボブの顎ラインの長さが大切です。
・重くなってしまうのでレイヤーを入れて動きを出すと柔らかさが出ます。
・前髪は眉上で切るとボブの長さに合ってすごくお洒落に見えます。

1%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%96%e3%82%aa%e3%83%b3%e7%9c%89

スタイルのポイント

  1. 人気のパッツンボブ
  2. 下に重さが出る様にグラデーションカットで重さを出しエラをカバー
  3. 束感が出る様にスライドカット

前髪カットのポイント

  1. 短めで切る事で目が大きく見えます
  2. ぱっつんオン眉で切る事で今っぽさがでます
  3. こめかみのとこをラウンドで切る事で小顔効果あり

担当サロン:AFLOAT SHONAN(アフロート ショウナン) 高屋憲嗣さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.83【エラ張りホームベース・ボブ・オン眉】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【4】やや厚め前髪の小顔見えボブ

Point

・上にボリュームや肌の隙間作りすぎると逆三角を強調してしまうので意識する

%e9%80%86%e4%b8%89%e8%a7%92%e3%83%9c%e3%83%962way3

カットのポイント

  1. シンプルなボブスタイル
  2. ストンとなりすぎないようにグラデーションを表面にいれる

前髪カットのポイント

  1. やや厚めの前髪でおでこをカバーして小顔見せも
  2. ブローやコテでおろしにも流しにもできる

担当サロン:Surpass 星 晃介さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.74【逆三角・ボブ・2WAY】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【5】軽やかなウザバンのグラデーションボブ

Point

・襟足の生え際1~2センチぐらいまでカット。
・収まりやすいよう耳から下は少しグラデーションを入れる。
・サイドは前下がりになり過ぎないよう平行気味にやや前下がりにカット。
・前髪は厚くならないよう奥行きを1~2センチで大体切る(毛量が多い方はもう少し薄く分けとる)。

193769172_1232778987139789_3979204531146055247_n

スタイルのポイント

  1. アゴラインでコンパクトなボブになるよう襟足は生え際ギリギリの高さでカット
  2. 耳下は少しグラデーションを入れてあげると小顔効果抜群
  3. サイドはワンカールした時にちょうどアゴラインに来るようやや前下がりにカット

前髪カットのポイント

  1. 前髪は短過ぎると幼くなり過ぎるので目に若干掛かる程度の長さでカット

担当サロン:XELHA (シェルハ) 白川 雄副さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.24【卵型・ボブ・ウザバン】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

「暗めカラー・黒髪」グラデーションボブ【4選】

【1】アッシュブラックのシンプルなミニボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 平行ラインのボブにカット。襟足ギリギリの長さで切ることが可愛さの鍵。表面に少しだけグラデーションを入れる。
  2. 前髪は目と眉の間の長さで、こめかみにかけてややラウンド状にカット。
  3. カラーは地毛より暗い4レベルのアッシュブラックに。モードな印象を与える色ですが、肌をキレイに見せ、アクセサリー映えも抜群。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングは、乾かしてオイルをつけるだけのお手軽ヘア。髪のクセが気になる人やボリュームが出やすい人は、ストレートアイロンで仕上げても◎。
  2. 髪がパサついて見えないないよう、オイルは少し多めに塗布するのがポイント。表面以外は根元からつけてOK。前髪はオイルで隙間をつくり、抜け感のある表情にする。

担当サロン:GARDEN omotesando(ガーデン オモテサンドウ) 雲林院優さん

 

初出:地毛よりもダークなカラーが新鮮!シンプルなミニボブは、ワイドバングでモードな気分に

記事を読む

【2】ダークカラーの大人可愛いショートボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をアゴラインのショートボブでカットします。首にそわせるようにバックにグラデーションを入れることで、軽さを表現しながらまとまりのよさもアップ。
  2. 前髪はややワイドに設定し、目の上ギリギリの長さにする。少しラウンドさせてサイドバング風に仕上げる。
  3. カラーは6レベルのマロンベージュ。暖かみのある暖色寄りのベージュで、ツヤ感を与えとやさしい印象に。色持ちがいいのも特徴。

【how to“スタイリング”】

  1. ストレートアイロンで全体に自然な丸みをつける。前髪は1回で巻かずに3パネルに分けると立体感のあるスタイルに。
  2. 少量のオイルかバームを根元から手ぐしでしっかり揉み込むように塗布してから、櫛(コーム)で整えます。セミウェットな質感にするとおしゃれ感もUPする。

担当サロン:Violet横浜店(バイオレット ヨコハマテン) 山菅栄一さん

 

初出:大人可愛い王道ショートボブヘアは、コンサバにも対応可能なワイドなシースルー前髪が新しい!

記事を読む

【3】暗髪と相性が良いツヤ髪王道ボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを肩下のワンレングスでカット。内巻きになりやすいようインサイドにグラデーションを入れる。
  2. 前髪は眉にかかる程度のレングスに。サイドとマッシュラインでつなげているので、耳かけをした時も顔まわりが可愛くキマる。
  3. カラーは、柔らかい印象の7レベルのアッシュブラウンに。赤みを抑えつつ、ツヤ感をもたらす色味。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. ボブの鉄則はストレートタッチに仕上げることなので、トリートメント効果に優れたストレートパーマがおすすめ。広がりを抑えるナチュラルな仕上がりで、手触りもアップする。ストレートをかけていれば、スタイリングはドライヤーで乾かすだけでOK。気になる人は前髪だけストレートアイロンを通しても。
  2. ストパーなしなら、ストレートアイロンでワンカールになるよう軽く通す。
  3. どちらもオイルを毛先→前髪と塗布し、最後に表面をなでるようにツヤ感を出します。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 丸山成穂さん

 

初出:王道のツヤ髪ボブのカギは、“コスメストレート”パーマで作るのが新しい!

記事を読む

【4】クールな印象のきれいめヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. 襟足の長さをアゴラインで設定し、グラデーションでカット。
  2. 前髪も襟足と同様に、アゴラインでカット。全体にしっかり量感を調整して、束感をつくりやすくする。
  3. カラーリングは、6レベルのダークアッシュに。赤みがなく、暗めのカラーリングでクールな印象を与えてくれる。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライヤーで乾かすだけで決まる、お手軽スタイリング。襟足が浮きやすい人は、ドライヤーの風を上から当てて、手で抑えながら乾かすと◎。
  2. さらに、センスアップするなら、32mm のアイロンで、前髪を顔の前に集めてワンカールさせて。
  3. 最後に、保湿力のあるヘアオイルを全体的に馴染ませて、艶っぽく仕上げたら完成。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 今野佑哉さん

 

初出:長め前髪がクール!女性らしい洗練ミニボブは抜け感が鍵

記事を読む

「前髪あり」グラデーションボブ【5選】

【1】ウザバングの丸みシルエットショートボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. えり足をすっきりカットしたグラデーションスタイル。前髪は目がすっかり隠れるウザバングにし、サイドと緩やかに繋げてマッシュラインにします。
  2. 重めシルエットと前髪のシースルー感のコントラストが鍵となっています。
  3. カラーは、8レベルのアッシュベージュをセレクト。アッシュらしさを感じられ、しっかり赤みを押さえつつ、色持ちが抜群で長くツヤ感を楽しむことができます。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 全体に軽く丸みがつくようにストレートアイロンを通します。
  2. 前髪は前に下ろして、ストレート感を出すのがポイント。
  3. 重めのヘアオイルで、サイドをタイトに仕上げ、前髪をつまんで束感を整えたら完成です。

担当サロン:MINX青山店(ミンクス アオヤマテン) 和田流星さん

 

初出:ウザバングで洒落感UP!重みシルエットのショートボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】美シルエットの内巻きボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をあご下3cmのワンレングスでカット。顔まわりにグラデーションを入れて内巻きになりやすいようにし、毛先の軽さも内側にグラデーションを入れる。
  2. 前髪はややラウンド状にカット。サイドバングは、骨格がカバーできる長さに切る。
  3. カラーは13レベルのアッシュベージュに。髪の赤みを消しつつ、ツヤ感と柔らかさを与える色。

【how to“スタイリング”】

  1. ストレートアイロンをさらっと通して内巻きに。アイロンを当て過ぎると髪が硬く見えるので、ふわっと仕上がるように軽めに通すのがおすすめ。
  2. セミウェットな質感になるようバームとオイルをミックスして、全体→サイドバング→前髪は内側だけ塗布し、手ぐしで束感をつくる。髪を両耳にかけてサイドバングを出したら完成。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 丹下海兼さん

 

初出:エラ張りをすっきりカバー! 重軽バランスが今どきの今っぽ大人カジュアルヘア

記事を読む

【3】シースルー前髪のふんわり柔らかボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をあご下3センチの長さで、切りっぱなしボブに。髪質によってはグラデーションを入れても。
  2. 前髪は眉と目の間の長さで、ぱつっとしたラインが残るシースルーに。サイドバングは、耳かけした時にこめかみ部分などに“割れ”ができないよう重めにカットする。
  3. カラーリングはフォギーベージュをチョイス。赤みの無いベージュで、柔らかさを表現し、色が抜けた時もキレイ。

【how to“スタイリング”】

  1. 柔らかい動きをつけたいので、ドライ時は根元を起こしながらドライヤーの風を当てるのが必須。広がりやすい人は、ドライヤーを前から当てると◎。
  2. 乾いたら32mmのカールアイロンかストレートアイロンで、内巻きにワンカール巻くだけの簡単ヘア。前髪はアイロン無しでOK。
  3. スタイリング剤はクリームバターがおすすめ。全体ではなく、毛先~中間に塗布することで部分的にウェットな質感となりおしゃれな仕上がりに。前髪も毛先メインでつける。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:毛先ワンカールのふんわり愛されボブヘア!シースルー前髪と相性ばっちり

記事を読む

【4】耳下にボリュームを出した面長カバーも叶うボブ

1

スタイルのポイント

  1. 肩上のグラデーションボブ
  2. 耳辺りからパーマをかけてサイドにボリュームを持ってくることで面長と頬の厚みをカバー
  3. パーマのボリュームでひし形フォルムが完成し、面長を払拭

前髪カットのポイント

  1. 目にかかるくらいのながさにして2WAYで横に流せるようにもできる
  2. 間引いて透け感を出して、縦のイメージをあまり出さないようにする

担当サロン:Surpass 星 晃介さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.108【面長・ボブ・ウザバン】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【5】流し前髪のインナーグラデーションボブ

197434568_523436398693470_769440719185236787_n

スタイルのポイント

  1. ショートボブはラインが大事なので前から見ても綺麗で大人っぽくなるように輪郭に沿ってカット
  2. インナーグラデーションを入れて、内巻きに入りやすくすると骨格カバーし小顔効果が

前髪カットのポイント

  1. 前髪は下ろすと目と眉の間の長さのウザバンで王道の流し前髪に

担当サロン:AFLOAT RUVUA (アフロート ルヴァ) 岩田 康平さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.37【卵型・ショート・ウザバン】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

「前髪なし」グラデーションボブ【4選】

【1】低めのグラデーションで作る韓国風ボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットは低めのグラデーションを入れたショートボブに。
  2. 前髪は巻いてリップラインになる長さに設定。絶妙な動きや柔らかさを演出するために毛量調整をバランスを見ながら。
  3. カラーは11レベルのピスタチオベージュ。グリーン系カラーですが、クール過ぎず、赤みをおさえて透明感と柔らかい印象を与える。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 17~23mmのロッドで毛先ワンカール、顔まわりのみリバースに巻きデジタルパーマをかける。トップの立ち上がりが欲しい人は根元パーマを。
  2. アイロンの場合、26mmのカールアイロンでパーマと同様に巻く。
  3. スタイリング剤は、ソフトな仕上がりで自然なツヤ感の出るミルクタイプがおすすめ。毛先から全体的に揉み込んで、毛束を整えたら完成。

担当サロン:Violet 表参道店 若井友紀さん

 

初出:韓国へアで話題の“根元パーマ”でナチュラルな立ち上げを!こなれ感のあるショートボブ

記事を読む

【2】重さと軽さを両立させる美ボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体は、あごラインのボブにカットし、顔まわりに少しだけレイヤーを入れる。
  2. 内側にグラデーションを入れることで、重さと軽さを両立させる美ヘアに。
  3. カラーは8レベルのフォギーベージュに。赤みをしっかりおさえたニュートラルカラーで、くすみなくツヤ感を与え、顔色をキレイに見せる効果も。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは17~23mmのロッドで毛先をワンカール半巻きます。毛先のみなので、ダメージも少なくトライしやすいパーマスタイルに。
  2. スタイリングは、保湿系のオイルを塗布し、根元を乾かしたら、ツヤ感が出るようにドライヤーの風を上から当てる。前髪は下から風を当てて、立ち上がりをつけることで表面に動く髪をつくるのがコツ。
  3. オイルとバームを同量MIXし、毛先中心につけたら完成。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 秋山拳太郎さん

 

初出:グッと女らしくお洒落に!ゆるっとパーマのフェミニンボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】ひし形のシルエットのふんわりボブ

1

スタイルのポイント

  1. ひし形のシルエットになるよう、後頭部から顔まわりに向かってグラデーションにカットに
  2. 表面に少しカールをつけるとよりふんわりして頭を小さく見せることがでる
  3. 長めに残した顔周りの髪で縦長効果を出す
  4. 少しかき上げるように流すことで女性らしさをプラス

担当サロン:NiL(ニル) 大石真里奈さん

【4】ボリュームを持たせた色っぽいボブ

2

スタイルのポイント

  1. 後頭部がペチャっとなりやすい方におすすめのヘア
  2. 顎ラインのボブにしっかりボリュームが出せるよう後頭部から顔まわりにかけてグラデーションカットでボリュームを持たせる
  3. 片方を耳にかけ、顔周りの髪を流すしアシンメトリーにする事で四角さをカバー

担当サロン:NiL(ニル) 大石真里奈さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.68【四角・ボブ・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

「40代」に似合うグラデーションボブ【4選】

【1】老け見えしない洗練された大人ショートボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. グラデーションベースのカットに、トップだけ表面に毛流れを見せるようにレイヤーを入れる。顔周りは少し短めにするとふんわり感が出る。
  2. 前髪は少し厚め&長めに取り、流せるようして動きを。直毛さんは、必ずパーマもしくはアイロンで毛先にカールを!
  3. カラーは、ハイライトを仕込んだ7レベルモーブピンク。肌が綺麗に見えるから肌艶アップ効果があると共に、トレンドカラーをさりげなく明るすぎないレベルで入れることでやりすぎ感もなくおしゃれ度アップのメリットも。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かす際に、必ず毛穴を起こすように(軽く引っ張りながら)乾かす事でひし形のふんわりメリハリを引き出す。
  2. 毛先にトリートメントバームをつければ、毛流れも強調できる。
  3. 前髪もふんわり横から見たときに厚みが出るようにスタイリングすることで、全体的に動きが出る。耳に片方かけることでこなれ感も出て大人らしさもアップ。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木拓也さん

 

初出:老けない洗練された大人ヘア!ひし形シルエットに大人モーブピンクで優しいふんわりショート

記事を読む

【2】曲線美がキレイな大人かっこいいヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. サイドの長さを耳下に設定したグラデーションボブでカット。バックは後頭部がふんわり丸みを帯びるようカットする。襟足は首がキレイに見えるようにラウンド状に。
  2. 前髪は頬からサイドに流れやすいようにレイヤーを入れる。
  3. カラーは10レベルのマロンベージュに。寒色でも、暖色でもないニュートラルな淡い色彩で、どんな肌色とも合わせやすい万能カラー。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、26mmのアイロンで毛先にゆるくカールづけをする。この時、カール感が強くならないよう中間からアイロンを通すようにCカールを目指して。
  2. スタイリング剤は、手肌にも使えるナチュラルな仕上がりのポリッシュオイルで。根元から毛先まで全体になじませツヤっぽさを出します。後頭部の内側にもしっかり塗布するのがポイントに。軽く耳にかけて、シルエットを整えたら完成。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:ショートへア派急増中!曲線美がキレイなハンサムショートは大人女性にイチオシ

記事を読む

【3】パーマ×ひし形の美シルエット

【how to“ベース&カラー”】

  1. あごラインのグラデーションボブベース。
  2. 前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げる。ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。
  3. カラーは10トーンのウォームベージュ。黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラー。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20mm、22mm、24mmのロッドで1回転半巻く。
  2. スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させる。
  3. パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成。

担当サロン:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ) 加藤貴大さん

 

初出:“前髪長め×平巻きパーマボブ”で、大人のハイトーンカラーを楽しんで!

記事を読む

【4】まとまり感のある柔らかボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 襟足はあごラインの延長線上でカット。後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。
  2. 顔周りはあごラインの前下がりカット。トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れる。
  3. カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8~9トーンのカーキ系ベージュ。肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイント。

【how to“スタイリング”】

  1. トップは根元だけ1~2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かします。トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。
  2. ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出します。毛先はアイロンを90°に回転し、緩やかな内巻きカールに。
  3. そのままでもOKですが、すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすい。

担当サロン:MINX 銀座中央通り店(ミンクス ギンザチュウオウドオリテン) 海野英雄さん

 

初出:前髪長め×後頭部の丸みシルエットで、老けて見えない大人の“柔らかボブ”に!

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事