ヘアスタイル・髪型
2020.11.21

小顔見えボブに「大事なコツ」【顔形別】おすすめスタイル/前髪テクニック

\"\"

顔形をカバーして小顔に見せるコツを押さえれば「小顔ボブ」は叶います。『美的.com』の連載でも好評だった髪型を、小顔見えポイントと合わせてご紹介します。

「丸顔さん」を小顔に見せるポイントと【ヘアスタイル7選】

ポイント3つ

HAIR SALON FOCUS マネージャー

篠塚 純さん

1990年茨城県生まれ。都内有名店勤務後、HAIR SALON FOCUSマネージャーとして日々サロン業務、セミナー講師など多岐に渡って活躍。特に骨格や雰囲気から導き出す360°似合わせカットには定評があり、SNSでは千葉で1番ショートが上手いスタイリストとしても話題を集めている。

Check
  • トップにボリュームを出して縦長のシルエット
  • 前髪にすき間
  • サイドまたは後れ毛で頬を隠して横幅を小さく、サイドのフォルムに前下がりのラインやもみあげをつくると効果的

初出:ショートへアは美人しか似合わないってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

【1】小顔効果抜群!前下がり気味のひし形シルエット

Point

・前髪を作らず顔周りに縦のラインを作る。
・頬ラインにボリュームを出しあごラインに沿ってシャープになるようひし型にカットする。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をあごとリップラインの間の長さでカット。サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。
  2. 襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。
  3. カラーは8トーンのブラウンベージュ。好感度の高いツヤのある落ち着いたカラーです。短くても軽く見えず上品な印象に。

【how to“スタイリング”】

  1. トップを乾かすとき、まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かす。左右に揺さぶるように乾かすことでトップが潰れなくなり、センター付近で分けたとき立ち上がりやすくなる。分け目はセンターではなく6:4に。ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見える。全体はハンドブローしたあと、手ぐしで毛流れを整えるとまとまりやすくなって◎。
  2. 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせる。
  3. 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整える。顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 髙橋 苗さん

 

初出:丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

記事を読む

【2】輪郭をキュッと締める小顔効果ボブ

Point

・ひし形シルエットで美人ヘアをつくるだけでなく、最大限の小顔効果が望めるショートボブ。
・目尻からフェイスラインに落ちる“毛束”をつくることで、輪郭をキュッと締めることが鍵に。

【how to“ベース&カラー”】

  1. アゴラインの長さ設定で、前下がりのショートボブにカット。ウェイトラインを低めにして丸みのある後頭部帯にすることで女性らしさを演出。
  2. 前髪は目にかかる長さで下ろし流しに。
  3. カラーは10レベルのベージュ系をチョイス。赤みやオレンジを抑えつつ、くすみ知らずで柔らかい印象に仕上げる。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、全体をストレートアイロンで仕上げる。表面をふんわりCカール風に仕上げると美シルエットに。
  2. ウェットな仕上がりのヘアオイルを全体的に馴染ませる。ポイントは内側にもしっかり塗布すること。内側にしっかりつければ膨らみも抑えられる。最後に、顔まわりの毛束感を整えたら完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上晃輔さん

 

初出:王道のひし形ショートヘアが、今切るなら一押し!丸顔さんも挑戦しやすい小顔効果ボブで美シルエット

記事を読む

【3】頬を隠す前髪&前下がりひし形ボブ

Point

・骨格に合わせてレイヤーを入れることで、どんな人でも柔らかさと丸みのあるひし形フォルムを叶える。
・繊細な前髪カットにより、丸顔も面長もカバーしてくれる。

【how to“ベース&カラー”】

  1. アゴラインのワンレングスでカット。後頭部のボリュームと丸みシルエットをつくるため骨格に合わせたレイヤーを前下がりで入れる。
  2. 前髪は小鼻の長さでカットしてから、サイドに流した時、小顔を狙える頬の位置に落ちるように調整。
  3. カラーは8レベルのマロンブラウンに。暖色でも、寒色でもないニュートラルカラーで柔らかい印象とツヤ感を与える。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. アイロンが苦手な人は太めロッドでCカールパーマをかけるのがおすすめ。また、ボリュームが出やすい人や硬毛、多毛の人はハチ上だけポイントでストレートパーマをかけると圧倒的に扱いやすくなる。 ストレートアイロン、太めの32mmアイロンで仕上げる場合、根元から毛先までを“Cを描く”イメージで。
  2. さらっとしたナチュラルな質感にするとぐっとスタイルアップするので、セット力のないミルクトリートメントやツヤ出しスプレーがおすすめ。毛先中心になじませたら完成。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:鼻にかかる前髪で小顔効果を!上品な色っぽさが魅力のひし形ボブ

記事を読む

【4】もみあげがポイントのスタイリッシュヘア

Point

耳にかけたらもみあげを少し引き出すことで、奥行きが生まれるので丸顔カバーになる。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨下の長さでワンレンにカット。表面には独立したレイヤーを入れる。毛先に厚みが残るのでチョップカットで軽さ&動きを調整。
  2. 前髪は鼻下くらいに設定し奥行きを薄めにとり、柔らかいニュアンスが出やすいように。
  3. カラーリングは10レベルのラベンダーショコラをセレクト。肌色をキレイに見せ、ツヤ感と透明感を兼ね備えた色味です。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライしたら、ストレート、もしくは26mmのアイロンで全体を外ハネに、表面の髪を上に引き出して内巻きにすることで髪が重なり動きが出しやすくなる。
  2. 前髪は前に集めてから後ろに流すような外ハネに。前髪は上に持ち上げて、根元近くからアイロンを通せると◎。
  3. セミウェットな質感にしたいので、スタイリング剤はオイルがおすすめ。手の平だけでなく、指の間にもまんべんなく伸ばしてから手ぐしを通すように根元から毛先まで塗布。タイトにおさえ耳にかけた後、前髪とおくれ毛を引き出し、束間を調整したら完成です。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 田中麻由さん

 

初出:秋冬はアクセ映えするミニボブヘアを!重めボブから一新して、スタイリッシュな雰囲気に

記事を読む

【5】顔を縦長に見せるすき間前髪

Point

シースルーバングは抜け感を演出だけでなく、顔を縦長に見せる効果もあるので丸顔をカバーしてくれる。

【how to“ベース&カラー”】

  1. アゴラインのボブスタイル。レイヤーなしで、あえてライン感を出すためにスライスを細かく分けてカットしている。平行ラインとすることでカジュアルな印象に。動きが出やすいようにセニング&ドライカットで調整。
  2. 前髪は狭めのシースルーで抜け感をプラスし丸顔をカバー。
  3. カラーは仕事にも対応できる8レベルのアッシュベージュに。赤みを消して、柔らかい質感で落ち着いた雰囲気に仕上げる。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマの場合、15~20mmのロッドで全体を外ハネに巻く。トップのみリバースのスパイラルに。スタイリングは、髪を軽くウェットにしてムースを揉み込むだけの時短スタイル。
  2. アイロン仕上げなら、26mmで毛先を外ハネにして、表面は細かめの毛束でランダムにスパイラル状に巻く。
  3. セット剤は束感といった動きを出しながら、程よくまとめるバームを毛先と表面に塗布。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 本木ヨシヒサさん

 

初出:パーマ×ボブヘアが人気急上昇中!柔らかい髪の動きで知的で女っぽい印象に

記事を読む

【6】縦のシルエットが強調される長めボブ

Point

短めでワイドにカットした前髪がポイント。短くワイドにすることで、顔の縦の印象を強めて丸顔補正にも。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨の長さでワンレングスにカットし、頭のハチより上にレイヤーを入れて今っぽい軽さを演出。
  2. スタイルのポイントである前髪は、パツンとしたライン感を残しながらワイドにカット。ワイドバングは、ロブとベストバランスなのでおしゃれ感もアップ。
  3. カラーは、7レベルの透明感のあるフォギーベージュをセレクト。やや青みがかったベージュで、柔らかさとツヤ感を兼ね備えたカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライをしたら、26mmのアイロンで外ハネをして、頭のハチより上の髪は内巻きにワンカールするだけの簡単スタイリング。前髪はアイロンなしでOK。
  2. スタイリング剤は、バームを“小指の爪”くらいの少量を手に取り、手のひら全体にしっかり伸ばす。この時、指の間にも伸ばすイメージで。毛先を中心に馴染ませ、束感を整えたら完成。

担当サロン:GARDEN aoyama (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:ワイドなオン眉前髪はマスクと好相性!丸顔もカバーするおしゃれロブ

記事を読む

【7】すき間前髪とほおに落ちるおくれ毛で丸顔をカバー

Point

ほおに落ちる“おくれ毛”をつくることで、丸顔をカバーして小顔見せにも。

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースをあごラインのワンレングスにカットし、ボリュームと軽さを出すためにレイヤーを入れシルエットを整える。
  2. 前髪は三角ベースで狭めにとり、シースルーバングに。骨格をカバーするため、前髪の目尻横に短めのおくれ毛をつくる。
  3. カラーリングは、9レベルのアッシュベージュをセレクト。アッシュよりベージュを多くミックスすることで、浮遊感と春っぽさを感じられる透明感のある色に仕上げている。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ時は、トップのボリュームがふわっとするようにドライヤーの風を当てる。また、毛先は手ぐしを通しながら、ドライヤーの風を上から当てることでツヤのある仕上がりに。
  2. 全体が乾いたら26mmのアイロンで内巻きと外ハネをランダムに巻く。この時、巻き込むカール加減&毛束の量は均一に揃えて、カールの方向だけランダムにするとバランスよく仕上がる。
  3. 巻いた毛束をほぐし、オーガニック系のバームを下から上にボリュームを出すように毛先→中間→根元付近と塗布し、最後に手に残っているスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:透けバング×色っぽボブは、内&外ミックスのランダムカールが春を誘う!

記事を読む

「面長さん」を小顔に見せるポイントと【ヘアスタイル5選】

ポイント4つ

HAIR SALON FOCUS マネージャー

篠塚 純さん

1990年茨城県生まれ。都内有名店勤務後、HAIR SALON FOCUSマネージャーとして日々サロン業務、セミナー講師など多岐に渡って活躍。特に骨格や雰囲気から導き出す360°似合わせカットには定評があり、SNSでは千葉で1番ショートが上手いスタイリストとしても話題を集めている。
Check
  • 横にボリュームがあるとよい、トップにボリュームはNG
  • おでこは隠し気味、前髪があるとより小顔効果
  • ひし形の重心はやや低め
  • パーマもおすすめ
初出:ショートへアは美人しか似合わないってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

【1】横にボリューム感が出る外ハネボブ

Point

・ぱつっとしたライン感を残しているため、前髪はシースルー&ワイドで抜け感を演出。
・若々しい印象を与え、髪質を問わずチャレンジしやすい外ハネボブ。面長さんにおすすめ。

【how to“ベース&カラー”】

  1. あご下3cmのワンレングスベースに、スタイリングしやすいようにレイヤーを少しだけ入れる。
  2. 前髪はワイドでかつ、シースルーにすることでラフな質感をつくり今っぽい仕上がりに。
  3. カラーは透明感のあるフォギーベージュに。赤みを抑えたいけど、アッシュやマットがイマイチ似合わないという人におすすめ。7レベルでカラーリングすれば、プリンにもなりにくい!

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングがとにかく簡単なボブヘア。髪が広がりやすい人は、ドライ時にドライヤーの風を上から当てて広がりを抑えると◎。
  2. 乾いたらストレートアイロンで軽く外ハネするだけ!外ハネにしようとせずに、さらっと通すのがコツ。シアーなツヤ感の出るクリームバターを手に取ったら、顔まわりからオールバックになじませる。
  3. 前髪は眉と眉の髪だけに塗布して、サイドにはつけないのがポイントです。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 豊田楓さん

 

初出:マスクをしてもかわいい外ハネヘア!シースルー前髪で今っぽいボブ

記事を読む

【2】前髪あり+パーマで面長を解消し小顔見え

Point

・外ハネ+パーマ+長めの前髪が、エアリーで抜け感を演出。
・顔まわりにおくれ毛をつくることで、面長でも丸顔でも万能に骨格修正をして、小顔見せ効果も。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩上の長さで短めのボブにカットし、トップに骨格に合わせてレイヤーを入れる。顔まわりにおくれ毛をつくるのが小顔効果のポイントに。
  2. 前髪は目の上ギリギリの長さで空気感がある仕上がりに。
  3. カラーは、明るめの13レベルのベージュをチョイス。柔らかさと女性らしさが漂うカラーリング。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは18mm~23mmのロッドで内巻きカール&表面はMIXスパイラルに。
  2. アイロン仕上げの場合、26mmで外ハネに仕上げてから、トップをフォワード&リバースのMIX巻きにする。。
  3. スタイリング剤はバームとオイルを混ぜて、全体に揉み込む。ポイントは前髪だけ、毛先1/3に塗布して軽やかにつくること。

担当サロン:MINX 銀座店 田中亜樹さん

 

初出:長めバングで抜け感たっぷり!エアリーな外ハネボブでおしゃれヘアに

記事を読む

【3】横幅のボリュームを出した外ハネミックスのショートボブ

Point

・前髪は目にかからない長さで“透け”のある表情とすることで色気をプラス。
・頬骨の高い位置に落ちるサイドバングをつくることで、小顔効果も望める。
・外ハネと内巻きカールをミックスすることで横幅のボリュームが出て、バランスが取りやすいデザイン。

【how to“ベース&カラー”】

  1. アゴラインのワンレングスベースでカット。トップに角を落とす程度のレイヤーを入れる。耳後ろなど毛量調整はしっかりめにして動きが出やすいようにする。
  2. 前髪は黒目と黒目を結ぶ三角ベースでつくり、幅が狭めのシースルーバングに。
  3. カラーリングは、8レベルのブラウンベージュに。赤みを抑えるためにベージュのニュアンスを加え、暖かみがありツヤっぽいナチュラルな印象を与える。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、26mmのアイロンを使い、外ハネワンカールを巻く。所々に内巻きをミックスさせますが、外ハネ:内巻き=8:2がベストバランス。
  2. スタイリング剤は、シャンプーをするように髪を動かしてカールをほぐしてからつけること。毛先のパサつきを抑えてくれるバームを毛先→中間→前髪の順番で塗布。スタイリング剤は、ツヤ感を与えサラっとした仕上りのオーガニック系やナチュラル系がおすすめ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水豊さん

 

初出:サイドバングヘアで骨格補正!透けバング+外ハネミックスのショートボブ

記事を読む

【4】前髪ありで顔の縦の面積を少なくしたスタイル

Point

・前髪を作って顔の縦の面積を少なくし、丸顔に寄せると可愛らしさがグンとUP。
・耳上あたりにボリュームがあり、首元にいくほどタイトになるひし形シルエットは、自然と顔を柔らかく見せ、さらに小顔効果もある。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨丈でカット。ひし形シルエットになるように、あご下からレイヤーを入れる。
  2. 前髪は眉下でカットし、こめかみ上に落ちるサイドバングは頬骨からリップラインでカット。前髪とサイドバングを自然に繋げると小顔に見える。
  3. カラーは柔らかな9トーンのアッシュブラウン。好感度の高い上品ブラウンですが、透明感があり軽やかな印象に。

【how to“スタイリング”】

  1. 前髪は乾きやすいので、クセがつく前に最初に乾かして。トップは左右に振りながら乾かすと、パカっと割れずにふんわり仕上がる。サイドにクセが出ないよう全体は前にもってきながら乾かして。乾かしながら毛先をブラシで軽く内巻きに整えておくと、後のスタイリングが楽になる。
  2. 32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。しっかり巻かず、軽く滑らせて毛先が内に向いている程度がおしゃれです。アイロンが苦手でしたら、内巻きワンカールのパーマをかけてもOK。前髪の毛先にも軽くワンカール巻くと、顔の印象がよりかわいらしくなる。
  3. 柔らかいワックスを全体にもみ込み、軽く耳掛けをして耳上の毛束をふわっとさせれば完成。

担当サロン:AFLOAT RUVUA (アフロート ルヴァ) 高橋京佳さん

 

初出:面長カバーの“前髪×ひし形内巻きミディ”は大人可愛い印象が手に入る最強ヘア!

記事を読む

【5】横幅が出るAラインボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 裾を平行ラインにカットし、なじむ程度にレイヤーを。
  2. スタンダードなAラインボブを今っぽく見せるには、シースルーバングを合わせて。
  3. 透明感のあるブラウンで品良く仕上げる。

担当サロン:GARDEN Tokyo 津田 恵さん

初出:今年の春はボブヘアに挑戦! あなたに似合うボブの長さは?

記事を読む

「ベース型」を小顔に見せるポイントと【ヘアスタイル3選】

HAIR SALON FOCUS マネージャー

篠塚 純さん

1990年茨城県生まれ。都内有名店勤務後、HAIR SALON FOCUSマネージャーとして日々サロン業務、セミナー講師など多岐に渡って活躍。特に骨格や雰囲気から導き出す360°似合わせカットには定評があり、SNSでは千葉で1番ショートが上手いスタイリストとしても話題を集めている。

エラはりさんを小顔に見せるポイント6つ

Check
  • あごラインにポイントをつくる、顔周りに動きをつけてあごラインをカバー
  • ゆるくくびれるレイヤー
  • トップにボリュームや曲線のスタイル
  • 重心をやや上にしてひし形をつくる
  • 前髪は幅を狭くしてサイドに流す
  • えり足すっきりのショートはNG

四角顔さんを小顔に見せるポイント4つ

Check
  • トップにややボリューム
  • おでこは出しすぎない
  • 前髪は幅を狭く、横のフォルム重要、前髪にすき間
  • 女性らしい柔らかな質感と明るめカラー

初出:ショートへアは美人しか似合わないってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

【1】輪郭を矯正が叶うかわいい大人ボブ

Point

・表面にレイヤーを入れつつ、顔周りは毛束がストンと落ちているのでフェースラインを隠せる。
・前髪があるので顔の面積が狭くなり小顔効果も抜群。前髪は厚くすると頬の膨らみが目立ち丸顔が強調されるキケンがあるため、薄めにしてヌケ感を作ることが鉄則。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 襟足5cm、肩に触れるぐらいの長さでやや前下がりにカット。基本はワンレングスですが、毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを入れる。
  2. 前髪は隙間ができるように薄めに取り、目の上で毛先が流れるようにカット。
  3. カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。動きのある毛先が軽やかに見えるように、ところどころハイライトを入れる。ハイライトは明るくし過ぎず、ベースのカラーとなじみませるのがおしゃれに見せるポイント。

【how to“スタイリング”】

  1. トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かすと、トップがペタッとならずふんわりする。150℃くらいの中温に設定したストレートアイロンで裾を外ハネに。さらに表面の毛束を少量取り、ところどころ外ハネをプラス。アイロンの温度を上げ過ぎないことでクセがつきにくくなり、今っぽいラフな毛先に。
  2. ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけてから、バーム系のワックスを全体にもみ込み束感を出す。スプレーワックスを吹きかけておくと軽くゴワついた質感になり、立体感をKEEPしやすくなる。
  3. 前髪は内側の根元にドライヤーをあてながらハンドブローで乾かし、毛先を軽くサイドに流して。顔周りの毛束をフェースラインにかけつつ、片側だけ顔周りの後れ毛を残して軽く耳掛けをすれば完成。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:丸顔やエラ張りをカバーして小顔に! 前髪ありの“輪郭矯正ボブ”って知っている?

記事を読む

【2】顔周りの髪の動きで輪郭をカバー

Point

トレンドのレイヤー加減が程よく、扱いやすいさが抜群なのはもちろん、輪郭をカバーして小顔見せも。

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。トップと顔まわりの耳上にレイヤーを入ることで、ボリュームが出て扱いやすくなる。
  2. 前髪は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄く作り、大人でもこなせるシースルーバングに。
  3. カラーは10レベルのシフォンベージュ。ベージュにアッシュを加え、赤みを抑えて透明感のある色に仕上げている。

【how to“スタイリング”】

  1. 根元をしっかり立ち上げるようにドライヤーで髪を乾かす。この時、顔の全面から風を当てずに、後ろから前に乾かすとスタイリングがしやすくなる。
  2. ドライ後、32mmのアイロンで外巻きにワンカール。顔周りの表面は、ミックスでゆるく巻く。カジュアルにしたい時は、毛先を逃して中間のみを巻く。
  3. ややセット力のあるトリートメントワックスと洗い流さないトリートメントをミックスして、毛先のパサつく部分をクシュっともみ込むように付ける。手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先のみに塗布したら完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 吉武満里奈さん

 

初出:今っぽボブは、シースルーバング+柔らかレイヤーでフェミニンにもカジュアルにもハマる!

記事を読む

【3】顔まわりのレイヤーで骨格補正

Point

顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。小頭に見せる効果も。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れる。サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットする。頬ラインに設定することで、柔らかい印象となる。
  2. カラーは、6レベルのフォギーベージュ。フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせる。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。
  2. ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつける。ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整える。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

記事を読む

小顔見えが叶う「黒髪・暗髪」ボブ【ヘアスタイル4選】

【1】どんな顔型もカバーしてくれる地毛っぽカラーボブ

Point

毛先がハネないように入れられたカットが、髪を顔の形に沿うようにするため、面長・丸顔のどんな顔型もカバー。

【how to“ベース&カラー”】

  1. あごラインでベースをカット。毛先がハネないように、イングラデーションを少し入れて、髪が顔に沿うように自然な丸みを持たせる。
  2. 前髪は目元の上くらいの長さで、重くならないように透け感を。
  3. カラーは7レベルのアッシュブラウンをチョイス。地毛っぽく見せてくれるカラーなので、自然体な印象で透明感を与えてくれる。

【how to“スタイリング”】

  1. 23cmのストレートアイロンで軽く毛先を内巻きにする。巻きすぎると横に広がってしまうので、顔に沿うスタイルを残すため、さらっと通す程度で。前髪も同様に。アイロンを使うことでツヤがアップし、よりキレイな髪に見せてくれる。
  2. 仕上げのオイルはあまりつけすぎないように、毛先や前髪に指先で塗布。全体に“ささっと”と仕上げるのが、ナチュラルさを演出するポイント。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 櫻田亜弓さん

初出:透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に|地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

記事を読む

【2】ダーク系カラーのトライアングルボブ

Point

・面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見えて面長が気になりません。
・耳を見せるのも輪郭を丸く見せるポイント。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 前髪を6:4で分ける。裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくする。表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。
  2. 全体の毛先に22mmのロッドでワンカールのデジタルパーマをon。デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができる。
  3. カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなる。さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。
  2. 裾は毛束を耳前、耳後ろ~後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活。
  3. ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成。デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 宮澤卓也さん

 

初出:面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

記事を読む

【3】暗髪の甘×辛ストレートショートボブ

Point

・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。
・耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできる。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。
  2. 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。
  3. カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。

【how to“スタイリング”】

  1. 前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。
  2. スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) KOMAKIさん

 

初出:甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!

記事を読む

【4】地毛っぽアッシュブラウンのナチュラル美人ボブ

Point

前髪は、サイドに向かって長くすることで、頬のラインが隠れ、横から見ても小顔効果が!

【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩にぎりぎりつかないくらいの長さでカット。毛先がハネにくい長さなので、巻いても下ろしてもキマる扱いやすいレングス。
  2. 前髪は、流すようにサイドに向かって長くしていく。頬のラインが隠れるようにすると、自然な流れを演出。
  3. カラーは7レベルのラベンダーアッシュ。レベルは、6だと暗く、8だと明るすぎるので、7レベルがお仕事女子には程よい色味。パープル系は肌なじみがよく、ツヤがある髪に見せてくれる効果も。

【how to“スタイリング”】

  1. 26mmのアイロンで、顔周りの毛先は外ハネに。その他は内巻きにする。部分的にゆるく外巻きにすることで、自然な印象に。
  2. 前髪は、ストレートアイロンでさらっと通す程度で、少しカールがつくようにするとキレイな流れに。
  3. 仕上げのオイルは、全体的に軽く手ぐしを通すくらいでつける。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 櫻田亜弓さん

初出:透けバング+ストレートなボブヘアでナチュラル美人な印象に。地毛っぽいアッシュブラウンが今っぽさUP

記事を読む

小顔に見せる「前髪」【テクニック4つ】

【テク1】すき間あり前髪はサイドバングに軽い流れをつくり小顔を叶える

  1. 前髪は目の下ギリギリの長さで。サイドバングをつくり顔型をカバー。
  2. ドライ時、前髪の分け目がつかないように。
  3. アイロンを通す前に前髪を除いた全体にオイルを塗布するのがポイント。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 石原萌さん

 

初出:やりすぎない外ハネボブヘアが今どき!スタイリング楽々で不器用でも可愛くキマる

記事を読む

【テク2】動きをつけた前髪をサイドとラウンドで繋げることで顔型をカバー

  1. 前髪は目の上でカットし、顔まわりのラインがラウンドするように繋げる。
  2. パーマはデジタルパーマで、MIX巻きに。
  3. オイルバームなどスタイリング剤で前髪の束感を整える。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 本木亜美さん

 

初出:無造作カールへアで結んでもおしゃれに!前髪ありの大人カジュアルボブ

記事を読む

【テク3】長め前髪はサイドと緩やかに繋ぐことで頬ラインをカバー

  1. 目の上ギリギリの長さでカットし、サイドと繋ぐことで頬骨をカバー。
  2. スタイリング剤は、広がりやすい人はオイルを前髪の塗布量は手に残っているごく少量で◎。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 佐藤真希さん

初出:目ヂカラUPの小顔バング! ナチュラルで男心も掴むこなれボブ

記事を読む

【テク4】サイドバングをハネさせて骨格カバー

  1. 横幅を狭めにとりシースルーバングに。サイドバングは長めにつくり、ハネさせることで頬骨をカバー。
  2. 前髪は軽く熱を当てる程度にするか、マジックカーラーで。サイドバングは外ハネにする時、横に流すようにクセづけするとよい。
  3. 最後に、アウトバス用トリートメントオイルやクリームタイプのワックスなど、うるおいとツヤ感を与える軽い質感のものを毛先中心に馴染ませる。前髪は毛先1/3くらいに塗布して、上品に仕上げて。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon 石橋千紘さん

 

初出:オルチャンへアの鍵は、根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事