ヘアスタイル・髪型
2017.4.5

レディ度満点!フレームバレッタを使ったクラシカルヘアアレンジ

ちょっぴり懐かしさを感じるクラシカルなフォルムのアレンジには、洗練されたデザインのフレームバレッタでスタイリッシュなポイントづけ。サラッとした形のヘアアクセなので、素材や色違いでいくつも欲しくなりそう!
そんなフレームバレッタを使ったヘアアレンジをご紹介!

03

くるりんぱ+ねじりんぱでデコラティブなハーフアップに
もはやアレンジのスタンダードになってきた、くるりんぱ。さらに、ねじったふたつの毛束を結んだねじりんぱを加えれば、周りと差のつく手の込んだハーフアップに。レディ度も満点。

<<動画で紹介!How to>>

\POINT/

04
ブラウス¥32,000(アルピニスム〈ロキト〉) ピアス¥3,500(オンワード樫山〈シェアパーク〉)インナー/スタイリスト私物

ハチ上の髪を手ぐしで後ろに集め、緩く結ぶ。結び目の上に穴をあけて毛束を入れ込み、くるりんぱに。両サイドの耳上の毛束を、ねじりながらくるりんぱの下で結んで、さらにくるりんぱ。結び目にバレッタを。

 

\使ったのはコレ!/

01

バレッタ¥10,000(ロードス〈イロリエール〉)

<<フレームバレッタSelect ionSelection>>

02

(上から)
明るいイエローが春気分♡ カジュアルダウンし 変形パールたいときに。¥900(OGGI JAPAN INC〈. GOGGI 〉)/存在感のある太さだけど、シンプルだから悪目立ちしない。¥1,100(サンポークリエイト〈アネモネ〉)/ゴールドの縁どり+ピンクラメの甘めバレッタ。お呼ばれにちょうどいい。¥8,500(France Luxe)/石の破片をイメージした、無機質的なデブリスデザイン。¥18,000(ストローラーPR〈プリュイ〉)/シェル風の素材とゴールドの大人っぽい組み合わせ。オフィスでも活躍しそう。¥1,600(LOUIS 原宿)

 

 

『美的』2017年4月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メーク/佐川理佳 スタイリスト/峰岸彩織 モデル/辻元 舞、安座間美優、あめ デザイン/岩見夏美(Beeworks) 構成/たんろ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事