ヘアアレンジ・髪型
2020.5.5

ボリュームとハチの張りを押さえながらこなれる!|コンプレックスをカバーしながらメリハリをつけるカチューシャ使い【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 111】

太くて量が多い毛質な上、ハチが張っていてボリュームが出やすいというTomokoさん。
「手軽にスタイルを決めたい時に頼れるのが、カチューシャ。つける位置次第で、ハチの張りを目立たなくさせて、ボリュームも押さえられて便利です」とのこと。
おしゃれに見えるカチューシャ使いは、つける位置と前髪のバランスにあるよう。
計算されたカチューシャヘアアレンジ方法を教えてもらいました。

今月の賢人File

ヘアサロンchobbi アシスタントスタイリスト Tomokoさん

3q6a8083_750

名前:Tomoko(ともこ)

年齢:23

髪質:太くてしっかりとした髪質で、量も多い。

髪の長さ:鎖骨下のセミロング。前髪は眉下の長さ。

ヘアカラー:ナシ

パーマ:前髪のみ、細かいパーマがかかっている。

髪コンプレックス:毛量が多く、ハチが張っている。

賢者プロフィール:銀座にあるヘアサロン『chobbi』のアシスタントスタイリスト。今年中にスタイリストとしてデビューを目ざしている。コンプレックスを解消しながら個性を生かしたカットを勉強中。

ハチの張りとボリュームを押さえるカチューシャアレンジHow to

STEP1】跳ねやすいサイドの毛先を軽く内巻きに

3q6a8130_750「ウルフカットで毛先が跳ねやすいので、ストレートアイロンで毛先を落ち着かせます。カチューシャで髪を上げた時に目立つサイドの髪を軽く内巻きにします」

STEP2】前髪の生え際にバームをつける

3q6a8119_750「カチューシャで髪を後ろに流しやすいように、前髪の生え際から髪全体にバームをなじませます。バームを手のひらに広げてから、もみ込むようになじませていきます」

使うバームはコレ!
3q6a8491_750
「髪をしっとりと落ち着かせて、動きがつけやすくなります。ハンドクリームとしても使えるナチュラルな成分でできているから、頭皮についても安心」リッカ リレイ トリートメントバーム 40g 2,500 (税抜)

STEP3】前髪を薄めに取る

3q6a8110_750「愛用しているカチューシャは黒なので、重たい印象にならないように、前髪の量を少なくします。前髪の生え際をつまみ上げるように後ろに持っていけばOK。バームがついているから、動かしやすいです」

STEP4】前髪の分け目の近くにカチューシャを

3q6a8106_750「カチューシャをのせる位置は、【STEP3】で前髪を分けた境い目のやや後ろ。ここがハチの張りを目立たなくさせるポイントです。カチューシャに髪がかかってしまうとボリューム感が出てしまうので、仕上げに手のひらで髪を押さえます」

【完成】

3q6a8091_750トップとサイドがスッキリしているから、ボリュームもハチも気にならない!
薄めに取った前髪が、ダウンスタイルでも軽やかな印象に。

 

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事