ヘアアレンジ・髪型
2020.3.24

低めのポニーテールで絶壁をカバー!|どこから見えも美しい立体フォルムの大人っぽいひとつ結びテク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 105】

低い位置でひとつにまとめたポニーテールが素敵なMAKOさん。
素敵に見える理由は、どこから見ても立体的なフォルムにあり!
「後頭部が絶壁ゆえ、ただ髪をまとめるだけだと寂しい感じになってしまうのが悩み。頭が立体的に見えるように、まとめ方を工夫したり、髪を引き出したりして、顔まわりを“ひし形フォルム”にしています」とのこと。
低めの位置でまとめると絶壁が目立ちそうなのに、まったく絶壁感のない方法とは?
立体フォルムの低めポニーテールの作り方を教えてもらいました。

今月の賢人File

ヘアサロンKATE スタイリスト MAKOさん

3q6a2312_750名前:MAKO(まこ)

年齢:29

髪質:太くもなく細くもなく、毛量も普通で直毛。

髪の長さ:バスト上まであるロング。前髪は鼻にかかる長さ。

ヘアカラー:ナシ

パーマ:ナシ

髪コンプレックス:後頭部が絶壁のため、ひとつにまとめたときに目立ちやすい。

賢者プロフィール:表参道の人気ヘアサロン『KATE』のスタイリスト。美容師歴9年。自身が好きなウルフカットやパーマ、透明感のあるヘアカラーはおまかせあれ。MAKOさんがいるサロンはこちら

 

立体フォルムの“低めポニーテールテク”How to

STEP1】髪を3つに分けてからひとまとめに

3q6a2708_750「立体感を出しやすくするために、髪をトップから横の両サイドと、後頭部の3つに分けてからまとめます。後頭部の髪をまとめてから、両サイドの毛束をかぶせるようにすると、あとで後頭部の髪が引き出しやすくなります」

STEP2】結ぶ位置は耳下の高さの低い位置

3q6a2712_750「襟足ギリギリくらいの耳下の高さでひとつに結びます。低い位置で結んだ方が、あとで立体フォルムが作りやすいんですよ。このとき、先に耳に少し髪をかけておき、ひし形フォルムのベースを作っておくのがポイントです」

STEP3】毛束を巻きつけてヘアゴムを隠す

3q6a2698_750「結んだ毛束から少しだけ髪を取り、ヘアゴムに巻きつけていきます。毛先は毛束の下からヘアゴムの中に押し込みます」

STEP4】後頭部の髪をぐっと引き出す

3q6a2696_750「片手で結び目を抑えながら、後頭部の髪をつまんで引き出していきます。後ろに引っ張るのは、STEP1でまとめた後頭部の髪だけにすると、キレイな立体感が作れますよ」

STEP5】サイドと襟足の髪もつまみ出してひし形フォルムに

3q6a2686_750「サイドの髪は横に、襟足の髪は下に、少しずつ引き出していきます。襟足の髪をたるませると、ゆるっとした抜け感が出てこなれた印象になります」 

【完成】

3q6a2666_750顔まわりが理想的なひし形で、落ち着いた低めのポニーテールがこなれた印象に。
ゆるっとした襟足が、おしゃれな雰囲気を後押し。 

横から見ると…

3q6a2676_750絶壁とは思えない美しい立体感。
【STEP2】と見比べても、フォルムに雲泥の差が!

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事