ヘアアレンジ・髪型
2020.2.9

バンダナを使ったリボンアレンジがかわいすぎる!簡単おしゃれヘアのやり方

ヘアアレンジに飽きたら、バンダナやスカーフを使うのがおすすめ! 簡単アレンジで一気におしゃれに。リボン結びにすれば、アクセントになってより可愛くなっちゃいます。

【目次】
かわいすぎ!バンダナリボンの作り方
バンダナやスカーフを使ったヘアアレンジ

リボン結びがポイント!かわいさ底上げヘア

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

\ヘアのポイント/
スカーフアレンジと聞くと、複雑に編み込んだりと難しいイメージですが、これは不器用さんの味方“くるりんぱ”にちょい足しするだけ! “アレンジ上手”に見える楽テクです。

\アレンジ方法/

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

1.全体を外巻きにする
細めに毛束を取って外側にねじり、コテで挟んで外巻きに。ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。多少巻いていない毛束があっても大丈夫!

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

2. トップの表面を軽く巻く
せっかくのアレンジも、トップがペタっとしていると完成度が急降下。ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きして!

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

3. セミウエットスプレーを振る
アレンジをおしゃれに見せるキモは、後れ毛&結んだときに表面に出る毛束感。必ずスタイリング剤を仕込むのを忘れずに。表面だけでなく、内側からもスプレーを。

後ろ姿もおしゃれで可愛いヘアアレンジ

4. くしゃっともみ込む
3のスタイリング剤を髪全体になじませるように、くしゃっともみ込む。これをすることで、ゴムやピンの留まりが良くなり、アレンジに適した質感に。

5.低い位置でひとつに結ぶ
前髪を7:3にして分け取ったら、残りの髪をまとめて低い位置で結ぶ。ゴムは見えないのが理想なので、透明のビニールゴムを使うのもおすすめ。

6.スカーフを3つ折りにする
最初だけ下をずらしてふたつに折る。これを計3回繰り返して。ラフに折ることで、垂れ下がったとき、裾のニュアンスが出やすく。

こんな感じが理想!

7.スカーフをひとつ結びする
細くしたスカーフを、ゴムの上からひとつ結びをする。緩まないようギュッと強めに縛って。左右の長さは均等を意識しすぎなくても大丈夫。

8.ゴムとスカーフを下にずらし、くるりんぱ
ゴムとスカーフをセットで少し下げ、写真のように穴をあける。そこにすべての毛束を入れ切ったら、毛束を左右に引っ張る。

9.スカーフを片結びする
垂れ下がったスカーフで片結びを。ちょうちょ結びだと甘い印象になるので、あえてこのくらいくずしてアシメトリーに仕上げるとこなれ感UP。

10.前髪を丸めてピンで留める
あらかじめ分け取った前髪の毛先をねじってピンで留める。後ろにボリューム感がある分、前髪をタイトにまとめるとバランスがとりやすい。

簡単ヘアアレンジ♪ くるりんぱ×スカーフでかわいさを底上げ!

周囲から一目置かれること間違いなしのテクニック

周囲から一目置かれること間違いなしのテクニック

\ヘアのポイント/
フェースラインから襟足の髪をねじり上げた、立体的なひとつ結びアレンジが、スカーフを添えるだけでスペシャルな雰囲気。マニッシュな着こなしとマッチ。

周囲から一目置かれること間違いなしのテクニック

左サイドの髪をねじりながら耳下へ集める。右サイドも、耳下から襟足にかけてねじって左耳の下へ集め、ひとつに結ぶ。結び目のゴムの上にスカーフを巻きつけてリボン結びに。

\動画でやり方をチェック/

スカーフを使っておしゃれ度アップ! ひとつ結びヘアアレンジ

シンプルなひとつ結びがリボンで返信

シンプルなひとつ結びがリボンで返信

\ヘアのポイント/
スカーフを取り入れたシンプルなひとつ結びで、大人っぽく。

\アレンジ方法/

シンプルなひとつ結びがリボンで返信

1ざっくりひとつに結ぶ
手ぐしでざっくりひとつにまとめて、ゴムでひとつに結ぶ。

シンプルなひとつ結びがリボンで返信

2毛束に逆毛を立てる
結んだ毛束に指を挿し込み、3~4か所逆毛を立ててラフさを出す。

シンプルなひとつ結びがリボンで返信

3スカーフを結ぶ
スカーフを斜めに折り畳んで細長くし、毛束にちょう結びする。

\動画でやり方をチェック/

友達をリード!女子会ホームパーティはスカーフと赤アイライナーでセンスアップを狙って!

バンダナやスカーフを使ったヘアアレンジ

ラフなファッションにも似合うヘアスタイル

ラフなファッションにも似合うヘアスタイル

\ヘアのポイント/
いつものダウンスタイルも、少しアレンジするだけでおしゃれな印象に。
使うのは、バンダナ。かわいくなりがちなヘアバンドのアレンジも、バンダナ1つでグッとカジュアルに。前髪を片側だけ入れ込んだり、ラフな毛流れを作ることで爽やかさも出せます。ラフなファッションにもマッチ!

\動画でやり方をチェック/

ダウンスタイルをカジュアルに演出♡ラフなファッションにも似合うバンダナアレンジ

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

教えてくれたのは…tricca Daikanyama トップスタイリスト 小走祥菜さん

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

\ヘアのポイント/
サイドのボリュームを抑えつつおしゃれに見える“こなれ”ターバンアレンジ。
スカーフのおかげで、サイドのボリュームがすっきりしつつ、こなれたスタイルに! 表面のゆるいカールが休日のリラックス感を後押し。

\アレンジ方法/

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

1.髪の表面だけ軽く巻いてラフな印象に
「スカーフを巻くときは、コテで軽く動きをつけるとラフに仕上がりに。ボリュームを出しすぎないように、巻くのは髪の表面のみ。巻き始めに段差がつかないように、毛束をねじってから巻いていきます。髪がボブで短めだから、コテは巻きが細めな26mmを使用。スカーフで根元の髪は見えなくなるので、ハチの下あたりまで巻けばOKです」

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

「巻いたコテを外すときは、コテを縦方向に抜きます。これでゆるっとラフなカールに」

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

2.オイルをもみ込んでツヤを出す
「膨らみを抑えながらツヤを与えたいので、オイルをなじませます。髪を握るようにもみ込むと、カールが取れません」

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

3.もみあげを残してサイドの髪を耳にかける
「スカーフを巻いたときに、もみあげが見えるとラフ感が出るので、先にもみあげを出しておきます」

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

4.スカーフを襟足に入れてトップで結ぶ
「スカーフを襟足に引っ掛けて、前髪の生え際でひとつ結びに。スカーフの素材にハリがある場合は、肩結びにして固定させて。ここでは長細いスカーフを使っていますが、正方形のものを三角に折ってから長細くなるように巻いて使っても」

バンダナに変えても◎なターバン風アレンジ

「スカーフの先を、襟足近くに入れ込めば完成です」

クセ毛で髪が膨らむなら、ターバンアレンジがおすすめ!|おしゃれなスカーフ使いでこなれた印象に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.59】

スカーフ×三つ編みでこなれ感を

教えてくれたのは…人気ヘアサロン『N.Mist』のYU-Uさん

スカーフ×三つ編みでこなれ感を

\ヘアのポイント/
スカーフをプラスするだけで、おしゃれ上級者風に! くるりんぱにして、途中でスカーフを挟んでさらにくるりんぱをしただけなので見た目より簡単、着こなしのアクセントにも。

\アレンジ方法/

スカーフ×三つ編みでこなれ感を

まずは、ランダム巻きをべースに!
鉢下を全体的に緩く巻き、後ろの表面には3毛束くらい縦巻きのくるっと立体的なカールをプラス。柔らかい毛流れが出て、こなれ感アップ。

スカーフ×三つ編みでこなれ感を

1.耳上の毛を後ろで結び、2回くるりんぱを。

スカーフ×三つ編みでこなれ感を

2.くるりんぱと下りた髪の間にスカーフを通し頭上で結び、端は結び目に入れ込んで。下りた髪を左右から1)の毛束の上に持ってきて結び、くるりんぱに。

スカーフ×三つ編みでこなれ感を

3.最後にゴムを隠すように毛束を巻きつけて。

スカーフをプラスしておしゃれくるりんぱアレンジ♪|1週間アレンジ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事