ヘアアレンジ・髪型
2019.4.28

ニュアンス前髪でハンサム色っぽヘア♪雑誌のモデルのようなこなれヘアの作り方

伸ばし途中のロブ&ボブヘアのみなさーん 毎日ヘアスタイルが微妙に決まらなくて悩んでいませんか? 質感を変えたり、巻き方を変えたり、オシャレに見えるヘアアクセを取り入れたり・・・と、ほんの少し頑張るだけで「素敵 」になれる方法があります

雑誌のモデルみたいな顔かかりニュアンス前髪でハンサム色っぽく

_mg_0325
雑誌のモデルがなんだかおしゃれに見える秘密、それはズバリこの“顔かかり前髪”にあり!ポイントは髪の根元をドライシャンプーで立ち上げて、トニックで細い毛束を立体的に作り、顔の前にランダムな透け前髪でニュアンスを作るだけ。プロの技も的確にスタイリング剤を使えば、実は簡単にできるんです。

\いつもの舞ちゃんは伸ばしかけレングスの肩につくロング/

_mg_0007
Before

ヘアアレンジ方法

1.髪全体を軽く巻いておく。
2.前髪〜トップの根元にaのドライシャンプーを吹きかけてもみ込みドライヤーを当てて根元を立ち上げる。
3.前髪を8:2にざっくり分ける。
4.bのトニックを手に少量とり、細い毛束を顔の前に数本散らしてニュアンス前髪を作る。

使用アイテム

\海外でも流行中のドライシャンプー/
img_0031
a. ぺたんこ髪の救世主は梅雨にも重宝。
コーセー スティーブンノル ドライシャンプー 80g ¥1,200(編集部調べ)

\細い毛束でもぬれ感と立体感を両立/
img_0033
b.細い毛束もしっかりでき、ぬれ感が出るのにへたらない。
アヴェダ ヘアデン ストニック100ml ¥3,300

 

美的6月号掲載
撮影/須藤敬一(人物)、金野圭介(静物切り抜き) ヘア&メイク/森野友香子(Perle) スタイリスト/小川未久 モデル/辻元 舞 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事