ヘアアレンジ・髪型
2017.12.18

簡単ヘアアレンジ♪ くるりんぱ×スカーフでかわいさを底上げ!

風になびくフレア袖ブラウスには、ヘアアレンジにスカーフを使うことで軽やかな空気感が、かわいさを底上げしてくれます。トップスがワイドな分、髪はスッキリとさせるのがベター。ぺたんこ靴でもすらっと見えます!

フレア袖ブラウスにはスカーフくるりんぱで揺れる動きをリンクさせて

re170909bi001_02189

%e5%95%86%e5%93%81
動きのあるフレア袖には、スカーフの“揺れ感”をリンクさせた上級者風アレンジを♪ ぱっと見のインパクトがあるので視線が自然と上に行き、スタイルUPにもつながります。スカーフアレンジと聞くと、複雑に編み込んだりと難しいイメージですが、これは不器用さんの味方“くるりんぱ”にちょい足しするだけ!“アレンジ上手”に見える楽テクです♪

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af

まずはこの仕込みを! ニュアンスベースの作り方

%e2%91%a0

1. 全体を外巻きにする
%e2%91%a1
細めに毛束を取って外側にねじり、コテで挟んで外巻きに。ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。多少巻いていない毛束があっても大丈夫!

2. トップの表面を軽く巻く
%e2%91%a2
せっかくのアレンジも、トップがペタっとしていると完成度が急降下。ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きして!

巻き終わるとこんな感じ!
%e2%91%a3

3. セミウエットスプレーを振る
%e2%91%a4
アレンジをおしゃれに見せるキモは、後れ毛&結んだときに表面に出る毛束感。必ずスタイリング剤を仕込むのを忘れずに。表面だけでなく、内側からもスプレーを。

syouhinn
ウエット質感スプレー。束感を作りながらもふわっと軽い仕上がり。
ミルボン ジェミールフラン スプレー SW 150g ¥1,600

4. くしゃっともみ込む
%e2%91%a5
3のスタイリング剤を髪全体になじませるように、くしゃっともみ込む。これをすることで、ゴムやピンの留まりが良くなり、アレンジに適した質感に。

 

+ワンテクニックでこなれ感UP! スカーフくるりんぱ

1. 低い位置でひとつに結ぶ
%e2%91%a0
前髪を7:3にして分け取ったら、残りの髪をまとめて低い位置で結ぶ。ゴムは見えないのが理想なので、透明のビニールゴムを使うのもおすすめ。

2. スカーフを3つ折りにする
%e2%91%a1
最初だけ下をずらしてふたつに折る。これを計3回繰り返して。ラフに折ることで、垂れ下がったとき、裾のニュアンスが出やすく。

\こんな感じが理想/
%e2%91%a2

3. スカーフをひとつ結びする
%e2%91%a3
細くしたスカーフを、ゴムの上からひとつ結びをする。緩まないようギュッと強めに縛って。左右の長さは均等を意識しすぎなくても大丈夫。

4. ゴムとスカーフを下にずらし、くるりんぱ
%e2%91%a4
ゴムとスカーフをセットで少し下げ、写真のように穴をあける。そこにすべての毛束を入れ切ったら、毛束を左右に引っ張る。

\くるりんぱ!/
%e2%91%a5

5. スカーフを片結びする
%e2%91%a6
垂れ下がったスカーフで片結びを。ちょうちょ結びだと甘い印象になるので、あえてこのくらいくずしてアシメトリーに仕上げるとこなれ感UP。

6. 前髪を丸めてピンで留める
%e2%91%a7
あらかじめ分け取った前髪の毛先をねじってピンで留める。後ろにボリューム感がある分、前髪をタイトにまとめるとバランスがとりやすい。

p269%e5%95%86%e5%93%81
スカーフ ¥16,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)

 

撮影/藤原 宏(pygmy company・人物)、五十嵐 洋(静物) ヘア&メイク/菊池かずみ(p-cott) スタイリスト/角田かおる モデル/土屋巴瑞季 デザイン/木原 彩 構成/野澤早織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事