お悩み別ケア
2021.12.23

痛みのあるニキビもセルフで治せるってホント?真相を医師に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“ニキビ”について。痛みのあるニキビもセルフで治せるってホント? 表参道美容皮膚科・副院長の三宅真紀先生にお答えいただきます。

Q:痛みのあるニキビもセルフで治せるってホント?

痛みがあるニキビは、気になってつい触ってしまうという人も多いですよね。治療しなくちゃ治らないイメージですが、セルフで治せるというウワサも本当なのでしょうか。

A:ホント

「確かに、ある程度であれば、お薬をつけなくても自然に潰れ、膿が出て治ることもあります。しかし、自分で触って潰してしまう場合はもちろん、自然に潰れた場合でも、跡になりやすいですし、場合によってはクレーターになってしまうことも。ですから、痛みがあるニキビができてしまったら、とにかく触らずに、早い段階で皮膚科を受診してほしいです」(三宅先生・以下「」内同)

痛みのあるニキビは何ニキビ?

「痛みのあるニキビは、“赤ニキビ”と呼ばれ、ニキビのでき始めである白ニキビ、黒ニキビにアクネ菌が増殖し、炎症が起こっている状態です。アクネ菌に加え、さらに黄色ブドウ球菌などの細菌が増えると、膿のある黄ニキビへと変化します。黄ニキビになってしまうと、周囲の組織もだんだん破壊され、場合によってはクレーター状の跡が残ります」

痛みのあるニキビができたときのNG行動

「しっかり濃いメイクをすると、メイクオフの際にオイルなどの強めのメイク落としを使用しなくてはならず、肌に負担がかかってしまいます。ですので、痛みのあるニキビができているときは、メイクは薄めを心がけましょう。メイク落としもクレンジングミルクやジェルなど、肌にやさしいタイプを選んでくださいね。

また、乾燥すると皮脂分泌が増え、ニキビ悪化の原因となります。化粧水などで保湿はたっぷりと行ってほしいですが、乳液やクリームなどの油分があるスキンケアは控えめにしましょう。

また、ニキビに髪が触れてしまうダウンスタイルなどのヘアもあまりよくありません。できるだけニキビに触れないよう、髪はすっきりとまとめるのがいいですね。とにかく触らないことを意識して」

Check
  • メイクは薄めがベスト
  • クレンジングは、ミルクやジェルなど肌にやさしいタイプを選ぶ
  • 化粧水などで水分を与え、保湿はたっぷり行う
  • 乳液やクリームなどの油分があるスキンケアは控えめにする
  • ニキビに触れないよう、髪はすっきりまとめると◎

痛みのあるニキビと白ニキビの自宅ケアの違い

「炎症を起こしていない白ニキビと、炎症により痛みを引き起こしている赤ニキビとでは自宅ケアの方法も異なります。

白ニキビの場合は毛穴が詰まっている状態。なので、ピーリングケアはぜひ取り入れてほしいです。ピーリング石鹸やピーリングローションを使用して、古い角質を除去しましょう。

赤ニキビができているときは、炎症を抑える抗炎症成分が配合された化粧水を使用すると効果的です。

ニキビが出ている間もストレスですが、いずれ治ればきれいな皮膚に戻ります。しかし、クレーター状になってしまうと治すことが難しくなってきます。ニキビの最終的な問題は、跡が残るかどうか。そのためにも、白ニキビ・黒ニキビの段階で早期に治療をすることが大切です。症状が出たら、ぜひ早めに皮膚科を受診してくださいね」

Point

・白ニキビ…ピーリング石鹸やピーリングローションを使用して、古い角質を除去する

・赤ニキビ…抗炎症成分が配合された化粧水を使用するのがおすすめ

・白ニキビ・黒ニキビの段階で早期に治療をすることが大切


表参道美容皮膚科・副院長

三宅 真紀先生


レーザー治療・アンチエイジング治療のエキスパート。患者様の立場にたった、優しく丁寧できめ細やかなカウンセリングから、ひとりひとりに最適な治療を提案し、高い治療技術により確実に結果を出す。美容・スキンケア全般に豊富な知識を持ち、数多くの有名化粧品開発にも携わる。テレビ・雑誌などのメディアにも多数出演。

表参道美容皮膚科

大人ニキビは跡が残りやすいってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事