お悩み別ケア
2020.10.12

唇のできもの、何が原因?口唇炎・口角炎・口唇ヘルペス・口内炎の症状別に解説

唇が荒れて炎症がおきてしまう口唇炎・口角炎、唇に水泡のようなものができてしまう口内ヘルペス、唇の内側にできる口内炎、これはなぜできてしまうのでしょうか?唇が荒れる原因や基本知識を女医が解説。乾燥する季節は特に荒れやすくなってしまうので、日ごろのビタミン摂取や悪習慣の改善を意識して、美容プロ達が愛用するおすすめリップケアアイテム&ケア術を見習いましょう♪

【目次】
口唇炎や口角炎はどんな症状?原因は?
どうして唇が荒れるのか?原因は自分の習慣にもあり?
唇やその周りに水泡ができる口唇ヘルペス
唇の裏側にできる痛い口内炎のおすすめケア
おすすめリップケアアイテム&リップケア術

口唇炎や口角炎はどんな症状?原因は?

美容皮膚科医に聞く「口唇炎」ってどんな症状?

美容皮膚科医に聞く「口唇炎」ってどんな症状?

Q.唇の皮ムケはリップが合わないから起こる不調ですか?

有村:「唇の皮がムケたから、このリップは私の唇には合わない」と決める人が多い気がします。その判断は、正しいのでしょうか? 私自身も撮影で長時間リップメイクをしていると唇の皮がムケることはあります。でも、それを優しくティッシュオフするとツルツルになるので、唇が敏感だとは思っていないのですが…。

慶田:唇の皮膚は、ほかの部分よりもかなり薄くて皮脂腺もないため、非常に乾燥しやすいんです。皮がムケるのは、やっぱりちょっとバリア機能が低下している証拠だけど、唇はターンオーバーがほかと比べて早いのも事実。こすらずに落ちるものは古い角質やアカと一緒なので、あまり気にしなくていいし、使っている製品自体が悪いともいえません。でも、「口唇炎」なら治療が必要です。

有村:口唇炎は、どんな症状ですか?

慶田:何を使っても唇に刺激を感じたり亀裂が入る場合、皮ムケが治まらないときは、口唇炎を疑いましょう。保険診療内で治療ができるので、皮膚科に相談してみてください。

女医さんと30代の美について対談!肌悩みと美容皮膚科の気になることを取材!【実樹Beauty vol.20】

口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと

教えてくれたのは・・・『銀座ケイスキンクリニック』 慶田朋子先生

口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと皮膚科専門医、医学博士。最新マシンと高い注射注入技術で評判の美容皮膚科院長。多彩な施術メニューあり。

教えてくれたのは・・・『美容家』 深澤亜希さん

口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと業界屈指の美肌のもち主で、本誌はじめ多方面のメディアで活躍中。わかりやすい理論及びケア方法が人気。
口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと
唇のコト、ちゃんと知っていますか?知っているようで知らない唇の構造。なぜ乾くのか、年齢と共にどう変わるのか…きちんと知ったうえで正しいケアを!

【唇の山(鼻にかけての溝は”人中溝(じんちゅうこう)”)】
良くある悩み・・・形がぼんやりしている。
「M」の谷が浅くてのっぺりしている…という悩みが多いよう。リップライナーで形を縁どるのがおすすめ。いわゆる上唇の「M」字形の部分が、“唇の山”。そして鼻下から「M」の谷部分にかけての溝を東洋医学では“人中溝”といいます。メークにおいては、この唇の山のラインをしっかりとると、きちんと感とエレガントさがグンとUP!

【口角】
上唇と下唇をつなぐ部分。よく動かす箇所なだけに、炎症を起こしたり色がくすむなど、トラブルが起こりやすい。また、口角が上がっていると幸せそう、下がると不機嫌そうと、印象も左右する重要パーツ。

■よくある悩み…くすみ
刺激を多く受ける口角はとてもくすみやすい。乾燥・紫外線対策をしたり、コンシーラーなどでカバーを。

■よくあるトラブル・・・口角炎
食物や唾液の刺激によって炎症を起こし、赤みや腫れを生じる疾患。亀裂が入り、出血を繰り返すことも。

口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと

\唇の構造は肌と同じく表皮と真皮に分かれている/
表皮には皮脂腺・汗腺がほぼないため皮脂膜ができず、水分保持機能も低い。そして角層は非常に薄くバリア機能も脆弱なため、外的ストレスを受けやすいという特徴がある。表皮下の真皮内では、毛細血管・線維芽細胞・コラーゲンやエラスチンなどが存在。唇が赤いのは血管内のヘモグロビンの赤色が薄い角層を通して透けるため。肌と同様、表皮の保湿・UVケア、真皮のコラーゲンケアが重要です。

\日々の保湿・UVケア、エイジングケアが重要/
「唇はほかの皮膚に比べて角層が薄く、バリア機能が脆弱なため、乾燥や紫外線にとても弱いパーツ。ダメージを受けると“口唇炎”という、唇が赤く腫れたり亀裂が入って出血する症状を起こしやすいため、リップクリームで保護する必要があります」(慶田先生)

ふっくらとした健康的な唇のためには、保湿及びUVケアがカギ。「アトピー素因がある人はあれやすく皮もむけやすいので、より注意が必要です。むやみになめたり触ったりせず、抗酸化作用のあるビタミンE配合のリップクリームでケアをすることがおすすめ」(慶田先生)

さらに年齢と共にハリ感や色ツヤも失われていくため、エイジングケアも同時に行うとより効果的といいます。「血行を促す軽いマッサージ、ハリや弾力を与えてくれる唇用の美容液を使ってケアを。また、唇のくすみの原因には乾燥や紫外線のほか、血行不良、栄養不足、喫煙、ストレスなども考えられますので、食生活や睡眠時間などを見直すことも大事です」(深澤さん)

\もっと唇のコト知りたい!/

口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと

資料提供/クレ・ド・ポー ボーテ

Q.唇の形や色は年齢と共にどう変化しますか?
A.厚みが薄くなり、くすみが進行。
加齢や紫外線の影響と共に、真皮内にあるコラーゲン量が減少。唇の幅に変化はないものの、厚みがなくなって縦ジワが増え、しぼんだように。また口周りの筋肉の劣化で口角も下がり、血液中のヘモグロビンと酸素の結合量が低下することによって色もくすみます。ハリ感UPを促す専用美容液でケアをしたり、マッサージやエクササイズで筋肉を鍛えて。

Q.唇にもUVケアは必要ですか?
A.必要です! 紫外線の影響を大きく受けます。
バリア機能が脆弱な唇は、紫外線からの保護が必須。紫外線の影響で軽い炎症が生じると、そこから乾燥が激しくなり、口唇炎につながるおそれも。UVカット効果のあるリップクリームやリップ下地を活用して。

口唇炎・口角炎になる前に!知っておきたい唇のこと

Q.唇のエイジングケアにはどんなものがありますか?
A.基本的な保湿・UVケアのほか、ヒアルロン酸注入など。
まずは保湿・UVケアが第1。その上で専用美容液を使ったり、マッサージやエクササイズを。美容医療としてはヒアルロン酸注入が一般的。ヒアルロン酸は体内にある成分なのでアレルギーの心配もほぼなし。シワやしぼみを改善し、ぷるんとしたボリュームリップに。

銀座ケイスキンクリニック「ヒアルロン酸注入(唇形成)」コース
アンバランスな上下左右の形の調整も可能で人気のメニュー。目安として半年~1年間効果が持続。

唇美人になるために覚えておきたい! 知っているようで知らない唇のこと

ビタミンB2・B6・Hを積極的に摂取して

\美唇に必要な栄養素はビタミンB2・B6・Hの3つ/

「口角炎になりやすい人は、ビタミンB2とB6が足りてないことが多いです。また唇を整えたいなら、ビタミンHが入っている食材を積極的にとるといいでしょう」(ウォブクリニック 中目黒院長 高瀬聡子先生

H:サケ、小麦、落花生など
B6:唐辛子、にんにく、こんにゃくなど
B2:豚肉、みそ、パセリなど

カサカサ“老化唇”なだけで…見た目年齢は約3歳上がる!? 秋冬知っておきたい「唇」ケア鉄則とは

なってしまったら薬用リップケアを使って

\あれがひどいときは、薬用に頼る/
「あれてザラつきが治まらないようなら、ザラつきをムリに取らず、医薬品のリップクリームをこまめに塗ってみて。数日で落ち着いてきますよ」(ヘア&メイクアップアーティスト レイナさん

なってしまったら薬用リップケアを使って

■ロート製薬|メンソレータム メディカルリップnc(第3類医薬品) 8.5g ¥980
ガサガサや皮むけ、口角炎、口唇炎をケアして、なめらかに。

荒れた唇…プロ直伝、剥けちゃった皮ケアや、オイルや美容液までリップのお悩み解決!

どうして唇が荒れるのか?原因は自分の習慣にもあり?

肌との構造の違いや乾燥の原因

教えてくれたのは・・・ポーラ B.Aリサーチセンター センター長 平河 聡さん
目元のエイジングを日夜研究。

『ウォブクリニック 中目黒』院長 高瀬聡子先生
皮膚全般の悩みを解決!

ヘア&メイクアップアーティスト レイナさん
大人の肌を輝かせる達人

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
セルフケアのエキスパート

\唇と肌は全く異なる構造をしている/
「唇は肌と違って、皮脂腺や汗腺がないため、バリア機能がありません。どちらかというと粘膜に近い構造なのに、体から露出しているため、外的刺激を受けやすいパーツです」(高瀬先生)

肌との構造の違いや乾燥の原因

■唇は肌よりターンオーバーが早い。
「唇の薄さは肌の半分。肌の生まれ変わる周期“ターンオーバー”が4週間ほどに対し、唇は10日〜2週間と短いのです。おかげで、ダメージを受けても治りは早いと言えます」(高瀬先生)

■唇が赤いのは、血管量が多いから。
「唇は肌よりも、血管の占有面積が大きくなっています。血管が枝分かれしていて量が多いから、赤く見えるのです。血行が悪いと、 唇がくすんで見える原因のひとつとなります」(平河さん)

■年齢と共に唇の色が薄くなるのは血管内の細胞が消滅しているせい。
「唇が健康だと、下記の左図のように、血管同士をつなぐ血管内皮細胞が連なってループ状の血管が伸び、酸素や栄養を運びます。しかし、加齢で血管内皮細胞が消失して血管が減るため、全体的に赤みが薄くなる傾向に」(平河さん)

■唇にもシミはできる。
「唇のもメラノサイトがあるので、シミはできます」(高瀬先生)
「ダメージを受けやすいから、通年UVケアが必要。SPF入りのリップクリームを使って」(水井さん)

肌との構造の違いや乾燥の原因

\理想的な唇の条件は、潤い・ふっくら・血色がいい/
「潤っていてシワが目立たず、厚みとハリがある唇が理想。人は、みずみずしくふっくらとしたものに、魅力を感じやすいんですよ(笑)」(水井さん)

「口角が締まっていて、上唇がハート形のような曲線を描いていると美しいですよね。また、立体的な唇は、女性らしさが引き立ちます」(レイナさん)

\唇が老化するだけで、見た目年齢は約3歳上がる/
「下記の画像は、基準値から唇に縦ジワと乾燥感、扁平、くすみ、輪郭のぼやけを付与したもの。唇を形状変化させただけで、3歳老けて見えるという結果に。また、口角の下がった人は、不機嫌そうな印象を与え、親近感や幸福度が低いと感じるよう」(平河さん)

肌との構造の違いや乾燥の原因

■ふっくら唇にいちばん必要なのはヒアルロン酸!
「皮膚内にある線維芽細胞は、唇のハリや弾力、潤いを保つのに必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを産生します。しかし、加齢によって顕著に減少するのがヒアルロン酸。だから、ヒアルロン酸を与える必要があります」(平河さん)

ヒアルロン酸を染色した像(上唇の組織断面)加齢によりヒアルロン酸は減少する!

※色が明るい程、ヒアルロン酸量が多いことを表している。データ提供:ポーラ

カサカサ“老化唇”なだけで…見た目年齢は約3歳上がる!? 秋冬知っておきたい「唇」ケア鉄則とは

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

教えてくれたのは・・・ポーラ B.Aリサーチセンター センター長 平河 聡さん
目元のエイジングを日夜研究。

『ウォブクリニック 中目黒』院長 高瀬聡子先生
皮膚全般の悩みを解決!

ヘア&メイクアップアーティスト レイナさん
大人の肌を輝かせる達人

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
セルフケアのエキスパート

\唇の3大NG動作は、なめる、こする、皮をむく/
「美唇を目指すなら、絶対に避けるべきなのが、“なめる”“こする”“皮をむく”こと。無意識でクセになっている人も多いから、気をつけてください」(高瀬先生)

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

NG!なめる
「唇の乾燥が気になってなめてしまうと、より乾燥しやすくなります」(高瀬先生)

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

NG!こする
「こすると、口周りにある口輪筋が緩んで口角の下がりにつながり、年齢よりも上に見られる原因に」(水井さん)

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

NG!皮をむく
「皮むけは、皮膚の生まれ変わりで自然と剥がれるのを待って。ムリにむくと、出血や炎症の原因に」(高瀬先生)

\リップケアしても乾きやすいのは唇をよく動かしているせい/
「食べたり、飲んだり、喋ったり…と、よく動かし、摩擦を受けているため、リップクリームが取れやすいのは仕方がないこと。こまめに塗り直して、乾燥を防いでください」(高瀬先生)

\とにかく乾燥するならバームを使うのがいちばん/
「バリア機能がない唇を守るには、油膜を作ってくれるバームがべストです」(水井さん)
「バームは密着性が高いので、乾燥しにくいですよ」(レイナさん)

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

■シスレー|バーム コンフォール 9g ¥7,200
トラブル続きの唇も、ダメージを即効的に緩和し、潤いと弾力をキープ。保護力にも優れた名品。水井さんも愛用。

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

\唇ケアは輪郭の少し外側まですべし/
「唇と肌は構造が違うので、リップケアは基本的に輪郭ギリギリまで行いましょう」(ポーラ B.Aリサーチセンター センター長 平河さん)
「スキンケアを輪郭の外側ギリギリまでやっている人は少ないと思うので、ほんの少しはみだすくらいまでケアしても」(高瀬先生)

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

■唇はラップパックすると柔らかくなる。
「バームなどの保湿剤を塗ってからラップで密閉すると、皮膚の奥からほぐれて柔らかくなります。スクラブケア前に、唇をふやかすために行 うのもおすすめです」(水井さん)

■正しいクレンジングがトラブルとエイジング回避のカギ。
「口紅が残ったままだと、乾燥やトラブルの原因に。また、こすって落とすと、摩擦によるくすみや、口輪筋が緩んで口角の下がりにつながります。ポイントメイクリムーバーをたっぷりめに含ませたコットンで、下の手順どおりにオフして」(水井さん)

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

【STEP1】
ポイントメイクリムーバーを含ませたコットンで、唇全体の口紅を優しくオフ。唇の形がゆがむ程こすってはいけません。

実はやりがちな悪習慣!美リップのためにやめたいこと

【STEP2】
【STEP1】で使ったコットンを半分に折り、口角にたまった口紅もきちんとオフ。口を半開きにして、折り目部分で取り去って。

【STEP3】
【STEP2】のコットンをさらに半分に折り、縦ジワに入り込んだ口紅を取る。コットンを縦ジワと平行に動かすのがコツです。

\唇に顔用のスキンケアコスメは使わない方がいい/
「縦ジワやシミといった唇の悩みに、顔用のスキンケアは避けた方がいいです。その理由は、シワ用や美白の成分は、唇には刺激が強すぎることがあるから。デリケートなパーツなので、複合的な悩みを解決できる、唇専用のコスメを使って」(高瀬先生)

\スクラブケアは緩めの剤で行うべし/
「繊細な唇をスクラブするなら、スクラブ剤は肌当たりの優しい砂糖系がおすすめ。スクラブが刺激にならないように、緩めのテクスチャーのものならべスト。必ず、お風呂上がりの皮膚が柔らかい状態で行い、オフするときは綿棒で優しく拭って」(水井さん)

 

\血流アップマッサージなら赤ちゃんのようなピンク唇を取り戻せる/
「口周りに刺激を与えることで、唇の血行が良くなり、明るさがアップします。中指と薬指の腹で押して、パッと離すのを繰り返しながら、口周り全体を刺激して」(水井さん)

脱・乾燥ガサガサ唇のためのケアは?|“なめる”“こする”“皮をむく”が3大NG

唇やその周りに水泡ができる口唇ヘルペス

体内にウィルスが入ってしまうと繰り返しがち

\口唇ヘルぺスは1度なると何度でもかかりやすくなる/
「へルぺスはウイルスをもっている人から移ると、ずっと体内に潜んでいます。紫外線ダメージを受けたり、風邪をひいて体が弱ると、神経節に沿って唇に現れるので、専用の薬でケアを」(高瀬先生)

荒れた唇…プロ直伝、剥けちゃった皮ケアや、オイルや美容液までリップのお悩み解決!

唇の裏側にできる痛い口内炎のおすすめケア

よくできるのは食いしばりが原因かも

教えてくれたのは・・・オーク銀座 歯科クリニック院長 難波郁雄先生

よくできるのは食いしばりが原因かも東北歯科大学卒業。日本補綴歯科学会専門医、指導医。2003年に同クリニック開設。口の中だけでなく体のバランスをトータルで考えた治療を行う。

無意識の食いしばりがその不調を招いているかも⁉

よくできるのは食いしばりが原因かも

口内炎がよくできる。

よくできるのは食いしばりが原因かも

\正しい知識を知り、上手に付き合って/
仕事中に気づいたら奥歯を食いしばっていた、睡眠中の歯ぎしりを家族に指摘された、などの経験はありませんか? 毎日忙しい美的世代には、”歯を食いしばって”頑張っている人も多いはず。でも食いしばりがひどくなると、知覚過敏や歯周病といった口腔トラブル、頭痛や肩こり、うつなどの原因になるともいわれています。

「ひどくなると体に悪影響を与えますが、食いしばりはストレス発散のために必要な行為でもあるので、必ずしも悪とはいえません。敵視しすぎず、食いしばりの正しい知識とセルフケアを知って、上手に付き合うことが必要です」とオーク銀座歯科クリニック院長の難波郁雄先生。

\食いしばりが加える力は矯正治療の数十倍!/
「食いしばりを気にして来院する人は多いです」と難波先生。歯はわずかな力で動き、矯正治療の装置が歯に作用する力は100〜170g。
「これに対し悪い姿勢や食いしば何十倍もりは、そのの力が加わります。すると顔や体のバランスがくずれ不調を招く一因になるだけでなく、さらに食いしばりやすくなるという負のスパイラルに陥ります」(難波先生)

あなたは大丈夫? 無意識の“食いしばり”が身体の不調を招いているかも!?

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

\鶏むね肉といろいろ野菜のチョップドサラダ/
1品で満足感を出したいときは、サラダにも肉を投入しています。なかでもよく使うのが鶏むね肉。皮なしの鶏むね肉はさっぱりとして脂が少ないうえ、美と健康に不可欠な良質なたんぱく質が豊富。さらに皮膚や髪の毛を健康な状態にしてくれたり、口内炎やニキビを防ぐ効果もあるビタミンB6もたっぷり。今回は、何種類かの野菜とともに、最近大人気のサラダ専門店風にチョップドサラダにしてみました。スプーンで食べる主食的サラダは、夜遅めに帰宅した日のごはんや、胃を休めたい週末のブランチなどにおすすめ!コールスロー風の味付けですが、マヨネーズ少なめ、ビネガー&レモン汁も加えているのでさっぱり爽やかにいただけます。

【材料】
・鶏むね肉…80g
・キュウリ…1/2本
・ヤングコーン…3本
・赤パプリカ…1/2個
・キャベツ…1/8程度
・くるみ…大さじ1程度
・干しぶどう…大さじ1程度
・白ワイン(料理酒でもOK)…50cc
・マヨネーズ…小さじ1程度
・ビネガー…大さじ1
・レモン汁…大さじ1
・塩・こしょう…適宜

【作り方】

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

1. フライパンを熱し、鶏むね肉を焼く。両面に焼き色がついたら、白ワインを入れてふたをして5分ほど蒸し焼きに。粗熱がとれたら、1㎝角にカット。

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

2. キャベツはひと口大のざく切りに、パプリカも1口大に。キュウリは約1.5cm幅にカット。ヤングコーンはレンジでチン(500wで2分ほど)柔らかくし、約2㎝の長さにカット。

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

3. フィリップス マルチチョッパーにチョップドロップ用ブレードをセットし、2の野菜を、キュウリ、ヤングコーン、赤パプリカ、キャベツ、というように硬い順から順に入れていく。くるみも投入し、チョップする。
※マルチチョッパーを使用しない場合は、包丁で細かく野菜を刻む。

口内炎やニキビがでを予防するビタミンB6たっぷりサラダ

4. チョップした野菜をボウルに移して干しブドウを加え、マヨネーズ、ビネガー、レモン汁、塩・こしょうで味付けをする。

美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #9「鶏むね肉といろいろ野菜のチョップドサラダ」

対策・予防にはサプリメントも◎

対策・予防にはサプリメントも◎

■エーザイ|チョコラBBプラス(第3類医薬品) 60錠 ¥1,280
ニキビや口内炎のためのビタミンB。

バリアの低下も 炎症も 毛穴詰まりも! ニキビ要因を一網打尽してくれるアイテムとは…

おすすめリップケアアイテム&リップケア術

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

美容家 岡本静香さん
豊富な美容知識を基に、メディアでの連載や各種イベントに引っ張りだこ!

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

「リップクリームを、唇の上で円を描くようにマッサージ。朝晩続けると縦ジワが薄くなります」(岡本さん)

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

美容研究家 上田祥子さん
モデルやレポーターを経て、美容の道へ。美容コメンテーターや商品企画にも携わる。

「スクラブで汚れをオフしてから、リップバームをたっぷりと!」(上田さん)

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

■エスティ ローダー|ピュア カラー エンヴィスムージング スクラブ¥3,600

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

■ナチュラン|ココ リップバーム ¥2,200
「スクラブで汚れをオフしてから、リップバームをたっぷりと!」(上田さん)

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

ヘア&メイクアップアーティスト 高橋里帆さん
美人度がアップするテクで、トレンドを押さえながらも実践的なヘア&メイクが大人気。

「蒸気で唇をふやかし、さらにラップを当てると、驚異のプルッと感」(高橋さん)

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

■エフ・ジー・ジェイ C.O.Bigelow|ナイトバーム マイフェイバリット ¥1,800

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

美容ライター 野澤早織さん
数多くの記事に携わってきた経験から、多ジャンルのアイテムを取り入れるのが得意。

「サラッと唇に染み渡るので、リップクリームのブースター役に。香りも好み」(野澤さん)

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

■イソップ・ジャパン|リップ クリーム40 ¥1,500

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

パーツモデル 上口香寿美さん
10年超のキャリアあり。ひとりでさまざまなパーツのモデルをこなし、TV出演も多数。

美容プロ達の実践ケア&愛用アイテム

「てんさい糖とインカインチオイルを1:1で混ぜたものを、湿った唇に塗布してマッサージ。唇のくすみが取れて、保湿もできます」(上口さん)

リップケア|美容賢者が実践しているうるぷるリップを手に入れる方法は? 愛用アイテムもご紹介

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

元TBSアナウンサーの吉田明世さん。退社後、雑誌登場機会も増え、1児の母としての活躍のフィールドも広げている。現在フリーアナウンサーとして活躍している吉田さんは日頃からリップケアに力を入れているそう。気になるリップケア方法を伺いました。

\リップクリームと下地の使い分けでぷるっと見せ/
意外と見られているパーツ。今に限らず日頃からケアを。
「話している人を見るときは、皆さん口元に注目されると思うんです。そのときにあれていると生活感が出てしまうし、清潔感もないため、日頃からケアを心掛けています。日焼けをするため、UV効果のあるリップクリームがマスト。唇の血行が良くなるようにマッサージをしたり、『んー、パッ』と上唇と下唇を開け閉めするのを繰り返してふっくら見せたり。私はバラエティ番組を多く担当していたせいか、自然と笑顔になることが多かったんです。口角が上がっている方が唇がキレイに見えるので、今もなるべく意識しています」

\吉田明世さんが行っているリップケア方法/
至る所にリップクリームを置いて保湿を習慣に!
「家のリビング、ベッドサイド…。とにかくいろんな所に置いて保湿は欠かせません。レスキューは“ヒビプロ”に頼っています」

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

(左から)
■KIEHL’S |キールズ リップ バーム No.1 15ml ¥1,100
普段使い。のびの良いテクスチャーで唇しっとり。

■to/one|モイスト リップジェル 8g ¥1,400
癒されたいとき。保湿効果の高い植物由来オイル配合。ツヤのヴェールを唇に。

■ロート製薬|メンソレータム ヒビプロLP [第3類医薬品] 6g ¥1,200
皮むけしたとき。こだわりの密着処方で唇のひび割れを治療。

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

くすみはゴマージュで優しくオフ!
「週に1~2回、顔をケアするついでに唇も。余分な皮が取れて、ピンク色が戻る感じです。やった後は保湿が肝心!」

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

■エッフェオーガニック|クリアモイスチャーゴマージュ 50g ¥3,800
美容液ベースと自然由来のスクラブ入りのスキンケア用ゴマージュ。

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

メイク前の下地にこだわって美リップに!

口を良く使う・見られる女子アナのリップケア習慣とは

※本人私物

「右のサンローランは固めなのでグロスと好相性。真ん中のリップアディクトとドゥ・ラ・メールはピリピリタイプ。左のDr.ハウシュカは今までにないつけ心地で、密着感が◎」

元TBSアナ・吉田明世さんのリップケア術|意外と見られているパーツだから日頃からケアを!

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事