お悩み別ケア
2018.10.31

脱・乾燥ガサガサ唇のためのケアは?|“なめる”“こする”“皮をむく”が3大NG

乾燥する季節こそ、正しいお手入れで理想のふっくら唇に♪ やってしないがちなNG行動や、血流マッサージ方法などをご紹介します。

唇の3大NG動作は、なめる、こする、皮をむく

「美唇を目指すなら、絶対に避けるべきなのが、“なめる”“こする”“皮をむく”こと。無意識でクセになっている人も多いから、気をつけてください」(高瀬先生)

NG なめる
p137-3
「唇の乾燥が気になってなめてしまうと、より乾燥しやすくなります」(高瀬先生)

NG こする
p137-4
「こすると、口周りにある口輪筋が緩んで口角の下がりにつながり、年齢よりも上に見られる原因に」(水井さん)

NG 皮をむく
p137-5
「皮むけは、皮膚の生まれ変わりで自然と剥がれるのを待って。ムリにむくと、出血や炎症の原因に」(高瀬先生)

リップケアしても乾きやすいのは唇をよく動かしているせい

「食べたり、飲んだり、喋ったり…と、よく動かし、摩擦を受けているため、リップクリームが取れやすいのは仕方がないこと。こまめに塗り直して、乾燥を防いでください」(高瀬先生)

とにかく乾燥するならバームを使うのがいちばん

「バリア機能がない唇を守るには、油膜を作ってくれるバームがべストです」(水井さん)
「バームは密着性が高いので、乾燥しにくいですよ」(レイナさん)

p137-13
トラブル続きの唇も、ダメージを即効的に緩和し、潤いと弾力をキープ。保護力にも優れた名品。水井さんも愛用。
シスレー バーム コンフォール 9g ¥7,200

唇ケアは輪郭の少し外側まですべし

p137-1
「唇と肌は構造が違うので、リップケアは基本的に輪郭ギリギリまで行いましょう」(平河さん)
「スキンケアを輪郭の外側ギリギリまでやっている人は少ないと思うので、ほんの少しはみだすくらいまでケアしても」(高瀬先生)

唇はラップパックすると柔らかくなる

p137-11
「バームなどの保湿剤を塗ってからラップで密閉すると、皮膚の奥からほぐれて柔らかくなります。スクラブケア前に、唇をふやかすために行 うのもおすすめです」(水井さん)

正しいクレンジングがトラブルとエイジング回避のカギ

「口紅が残ったままだと、乾燥やトラブルの原因に。また、こすって落とすと、摩擦によるくすみや、口輪筋が緩んで口角の下がりにつながります。ポイントメイクリムーバーをたっぷりめに含ませたコットンで、下の手順どおりにオフして」(水井さん)

p137-8
(1)ポイントメイクリムーバーを含ませたコットンで、唇全体の口紅を優しくオフ。唇の形がゆがむ程こすってはいけません。

p137-9
(2)(1)で使ったコットンを半分に折り、口角にたまった口紅もきちんとオフ。口を半開きにして、折り目部分で取り去って。

p137-10
(3)(2)のコットンをさらに半分に折り、縦ジワに入り込んだ口紅を取る。コットンを縦ジワと平行に動かすのがコツです。

唇に顔用のスキンケアコスメは使わない方がいい

「縦ジワやシミといった唇の悩みに、顔用のスキンケアは避けた方がいいです。その理由は、シワ用や美白の成分は、唇には刺激が強すぎることがあるから。デリケートなパーツなので、複合的な悩みを解決できる、唇専用のコスメを使って」(高瀬先生)

口角上げマッサージで幸せそうな顔に

p137-7
「口角UPを狙うなら、コリ固まった口輪筋の結び目をほぐすのが近道。口輪筋の結び目は口角の横にあります。そこに薬指を当て、力の入りすぎ防止として中指も添えたら、指の腹をゆっくりと押し込み、指をパッと離して」(水井さん)

スクラブケアは緩めの剤で行うべし

p137-2
「繊細な唇をスクラブするなら、スクラブ剤は肌当たりの優しい砂糖系がおすすめ。スクラブが刺激にならないように、緩めのテクスチャーのものならべスト。必ず、お風呂上がりの皮膚が柔らかい状態で行い、オフするときは綿棒で優しく拭って」(水井さん)

p137-14
糖由来のゴマージュを、よけいな刺激を与えないジェルにイン。ゴマージュとバームの2個セット。
パルファム ジバンシイ ソワン ノワール リップ ゴマージュ 10ml バーム 7ml ¥12,000

唇のエイジングケアは最新アイテムでかなう

「唇のエイジングサインを確実に払拭する、優秀な美容液が発表されています。安心して使える唇専用コスメで、理想的な唇を取り戻しましょう!」(水井さん)

p137-12
(右)修復作用に優れたオイル美容液がピタッと密着し、水分の蒸発を防ぐ。
ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. リップ ソーク 6.5ml ¥8,200

(左)理想的なふっくら感を取り戻す最先端の技術と成分を凝縮。
ポーラ B.A リップ バーセラム 3.6g ¥6,800

血流アップマッサージなら赤ちゃんのようなピンク唇を取り戻せる

p137-6
「口周りに刺激を与えることで、唇の血行が良くなり、明るさがアップします。中指と薬指の腹で押して、パッと離すのを繰り返しながら、口周り全体を刺激して」(水井さん)

 

お話を伺ったのは…
目元のエイジングを日夜研究。
ポーラ B.Aリサーチセンター センター長 平河 聡さん

皮膚全般の悩みを解決!
『ウォブクリニック 中目黒』院長 高瀬聡子先生

大人の肌を輝かせる達人
ヘア&メイクアップアーティスト レイナさん

セルフケアのエキスパート
トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

 

『美的』11月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/人物) ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/水原雪葉 モデル/江藤亜鈴 構成/越後有希子、小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事