実樹Beauty
2018.12.1

女医さんと30代の美について対談!肌悩みと美容皮膚科の気になることを取材!【実樹Beauty vol.20】

有村実樹

美容大好き!な専属モデル・有村実樹が今よりもっとキレイになるためのビューティ・レッスン、開講します!実樹Beauty

有村実樹ってこんな人!
インスタグラム(@arimura_miki)で公開する美容法が大人気! NHKカルチャーにて美容講座『幸せ美人になる方法』の講師も担当。プロ顔負けの知識を誇る。
lesson
『美的』をはじめ多方面で活躍する女医さんと30代の美について対談!肌悩みと美容皮膚科の気になることを取材!

本誌のスキンケア企画でもおなじみの慶田朋子先生と、本格的な乾燥シーズンを迎える前に確認しておきたいことをクロストークしました!

教えてくれたのは
慶田朋子先生
けいだともこ/美容皮膚科『銀座ケイスキンクリニック』院長。メスを使わずに若々しい顔だちへ導く診療方針と確かな実力が、多くの美容関係者やタレントから支持されている。著書に『365日のスキンケア』(池田書店)がある。

Q1 肌の揺らぎはお手入れ不足?それとも、敏感だから?

有村 寝不足続きで疲れがたまると、いつも使っている化粧品でもたまにヒリヒリすることがあります。これは、一時的な肌の揺らぎですか?それとも、本当は敏感肌だから?

慶田先生(以下:慶田) 医学的に敏感肌と診断される人は角層のバリア機能が弱い「アトピー素因」があり、日本人の約1/3が該当するといわれています。肌の水分保持能をつかさどるセラミドの産生力が通常よりもぐっと低く、水分や油分をため込めないから外部からの刺激を受けやすいんですよね。

有村 敏感肌って意外と多いですね。

慶田 そうなんです。アトピー素因がなくても、30歳以上は美肌を保つスキンケアの3本柱「洗顔、保湿、紫外線対策」や、生活習慣の5本柱「食事、睡眠、排泄、運動、ストレスコントロール」のバランスがくずれると、肌あれしやすくなります。10月からは湿度も60%以下の日が増え、誰もが肌の乾燥を感じがちに。夏の間、スキンケアをあっさり&さっぱりすませていた人は特に、乾燥による揺らぎが生じやすくなるので、今から保湿クリームで濃密に肌を潤すことが大切です。

ワンピース¥42,000(アイランド ショールーム〈DIAGRAM〉) イヤリング¥70,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)

Q2 唇の皮ムケはリップが合わないから起こる不調ですか?

有村 「唇の皮がムケたから、このリップは私の唇には合わない」と決める人が多い気がします。その判断は、正しいのでしょうか? 私自身も撮影で長時間リップメイクをしていると唇の皮がムケることはあります。でも、それを優しくティッシュオフするとツルツルになるので、唇が敏感だとは思っていないのですが…。

慶田 唇の皮膚は、ほかの部分よりもかなり薄くて皮脂腺もないため、非常に乾燥しやすいんです。皮がムケるのは、やっぱりちょっとバリア機能が低下している証拠だけど、唇はターンオーバーがほかと比べて早いのも事実。こすらずに落ちるものは古い角質やアカと一緒なので、あまり気にしなくていいし、使っている製品自体が悪いともいえません。でも、「口唇炎」なら治療が必要です。

有村 口唇炎は、どんな症状ですか?

慶田 何を使っても唇に刺激を感じたり亀裂が入る場合、皮ムケが治まらないときは、口唇炎を疑いましょう。保険診療内で治療ができるので、皮膚科に相談してみてください。

Q3 失敗しない美容皮膚科選びのコツはありますか?

有村 どんな美容皮膚科へ行けば、自身の肌を安心して委ねられますか?

慶田 まずはホームページに掲載されているドクターの経歴をチェックするといいですよ。皮膚科医が必ず入る『日本皮膚科学会』から、大学病院などで最低5年間の研修と手術の症例実績などが考慮され、筆記テストに合格した場合に与えられる〝皮膚科専門医〟の資格をもっていることは大前提です。形成外科医の場合は『日本形成外科学会』認定の形成外科専門医が必須です。このどちらかと論文執筆歴をチェックすることは重要です。

有村 もっていないと、どのような心配がありますか?

慶田 医師としての下積み経験が少ないので、診立て力に欠ける場合があります。例えばほくろでも、それが悪性か良性か見極められなかったり、シミの種類を誤診して悪化させてしまったりすることがあるんです。

有村 恐すぎるかも〜!!!

慶田 他の注意点としては、診察初日に治療を迫るような所や、ホームページにリスクやダウンタイムに関する記載がまったくないクリニックなどはご注意を。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
●撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/MAKI(P-Cott) スタイリスト/楠 玲子 モデル/有村実樹(本誌専属) デザイン/GRACE.inc 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事