肌質別スキンケア
2022.5.7

手?コットン?効果的なローションの使い方【美容のプロに聞く】

\"\"

ローションや化粧水の使い方をおさらい。せっかくの化粧水、正しい使い方でスキンケアの効果を高めていきましょう!まずは基本の塗り方から手、コットン別の使い方をご紹介していきます。おすすめのアイテムとともに潤い美肌を目指しましょう♪

プロ直伝の使い方【基本3STEP】

トータルビューティアドバイザー

水井 真理子さん

肌を見るだけで、その人の生活習慣を見抜く程の経験値で、カウンセリングや美容アドバイスを展開。美容誌や講演など幅広く活躍中。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • 指の圧で肌に入れ込む。一手間で潤いが格段に向上!

「化粧水を全体になじませた後、指の腹を使って“押し込む”一手間を加えましょう。指で肌を密閉することで、水を奥へと送り込むイメージです。同じ化粧水でも塗り方によって保湿効果が格段にUPします」(水井さん)

【STEP1】中心から外へ向かって全体になじませる

まずは顔の全体に化粧水をなじませる。手のひら全体を使って、中心から外へなでるような感じで化粧水を広げる。

【STEP2】指の腹を使って水分を入れ込む

指の腹全体で化粧水を肌の奥に入れ込む。まずは頬から。指を1本ずつずらして耳の前まで最低でも5回。目の下、額、あごも同様に。

【STEP3】くぼんだ部分にもしっかりと入れ込む

上まぶた、法令線周りなど、くぼんだ部分にもしっかりつける。手が乾いてきたら、化粧水を少し追加して。

 

初出:正しい化粧水の塗り方で保湿効果が格段にUP! おすすめ化粧水もご紹介

記事を読む

「手」を使った塗り方5選

【1】「透明感」を引き出す使い方

青山皮膚科 クリニック 院長

亀山孝一郎先生

皮膚科医として診療に携わるだけでなく、論文も執筆。『毛穴道もう一生悩まない。』(講談社)を監修。

美容エディター

大塚真里さん

本企画担当。亀山先生をはじめ多くの皮膚科医や化粧品の研究者に取材を続け、スキンケアの知識を重ねる。
関連記事をcheck ▶︎

【Step.1】たっぷりと手にとりなじませる
500円玉大を目安に、こぼれないくらいの量をとって両手のひらに広げて。たっぷり使うことが、肌の透明感を高めるためのポイント。

【Step.2】顔全体を優しく包み込むように
両手のひら全体で顔を包み込んで、化粧水を押し込むようにして肌になじませる。ゆっくり丁寧につけることで、肌もふっくら柔らかく。

【Step.3】細かい部分は指の腹で丁寧に
忘れがちな目元、口元、小鼻の周りなどの細かい部分は指の腹を使ってなじませる。乾燥が気になる場合は、STEP1~STEP3を2回繰り返してもOK!

 

初出:意外と知らない!肌の透明感を引き出す化粧水の使い方

記事を読む

【2】「3回づけ」で潤いをチャージ!

Check
  • 肌のくすみ抜きに絶大な効果を発揮するのが、化粧水のたっぷり使い。
  • 手でつけるなら、一度に手にとってこぼれない量を3回重ねるのがおすすめ。

【Step.1】手をくぼませ、化粧水をこぼれない程度の量とる。

【Step.2】両手に広げて顔全体になじませる。

【Step.3】指の腹で細かい部分にも行き渡らせる。


再び化粧水をとり、3回繰り返して肌を水分で満タンの状態に。

 

初出:ロクシタン、ジェノマー、アスレティア…たっぷりの潤いで一日中透明感をキープ! 朝に使いたい化粧水&シートマスク7選

記事を読む

【3】500円玉大の量を10回重ねて、潤い満タンに

美容家

石井 美保さん

トータルビューティーサロンRiche代表 麻布十番にまつげサロンを10年経営し、アイリストの育成の傍ら、豊富な美容知識を生かしたメイクレッスンや美容カウンセリング、パーソナルコンサルティングなどを行う。エイジレスな美貌と底なしのコスメの知識を持ち、幅広く活躍中。プライベートでは中学生の娘を持つ母親でもある。
関連記事をチェック ▶︎

「肌が“もう入らない!”と限界に達するまで、化粧水を与えてください。時間がないときは3分間コットンパックでフォロー」(石井さん)

【全体】 500円玉大を目安に顔全体へプレス塗り


500円玉大の量の化粧水を両手のひら全体へなじませたら、顔の中心からハンドプレス。徐々に手の平を外側へ移動させ、顔全体になじませる。肌表面がぬるっとするまで、同じ方法で化粧水を繰り返しつけて。

【目元】 ギリギリまで攻め込み、目元の小ジワを予防


目元周りは皮膚が薄くてデリケートな上、小ジワができやすい部分。力が入りにくい薬指を使って優しくプレスし、化粧水をきちんとなじませる。

【鼻の下】 鼻の下を伸ばしながら薬指でなじませる


鼻の下は年齢を重ねると小ジワが横に入ったり、伸びたりしやすい部分。今のうちから潤す習慣をつけて。薬指でプレスしてなじませるのがコツ。

【鼻周り】 鼻筋の両わきへオン。テカりも軽減するはず


鼻周りは、薬指全体を鼻筋のわきに沿わせて押してなじませる。Tゾーンがベタつきがちな人は特に必須。潤ってテカりにくくなるはず。

 

初出:石井美保さんが本気提案! 10年後も美肌のための化粧水の塗り方|おすすめアイテムも

記事を読む

【4】1.5倍盛り!手間をかけてしっかり浸透

トータルビューティ アドバイザー

水井真理子さん

スキンケアはもちろん、食や運動、ライフスタイルなど多角的に美へとアプローチ。わかりやすく、実践しやすい理論とテクニックで、『美的』読者からの支持も厚い。
関連記事をチェック ▶︎

「実は、最近の化粧品は適量が多めになりつつあるので、適量をきちんと使えば顔全体をしっかり潤すのには充分。ただし垂れやすい化粧水や美容液など液体物は適量の1.5倍くらい多めを意識するとちょうどいいですよ」(水井さん)

【Step.1】ざっくりと顔の5点くらいにおく


適量~1.5倍量を手にとり、反対の手を使って両頬、額、あご、鼻の5点に手早くのせる。

【Step.2】斜めに引き上げるよう塗り広げていく


それぞれ斜め上方向に手のひらを動かしながら顔全体に塗り広げる。意外にも下向きに塗る人が多いので注意。

【Step.3】3秒ずつハンドプレス!位置を少しずつずらして


\1・2・3/
頬に手のひら全体をピタッと当てて3秒プレス。指1本分ずつ外側に手の位置を移動させながら同様に3秒ずつ。

【Step.4】シュッと音を感じると、潤いが浸透したサイン


細かな部分は指の腹を使い押し込む。これを2回ずつ。肌に触れて指が吸いつくようにシュッと音を感じたら浸透完了!

 

初出:手間暇かけた「盛り保湿」で潤い肌に近づける! 基本のなじませ方からプラスするアイテムまで徹底解説

記事を読む

【5】石井美保流・こすらいない、転写ケア

「洗顔後、肌につけるものはすべて両手のひらや指の腹に薄く広げ、それを肌に“転写”させるように押してなじませます。手を横に引かず、マッサージもしません。こすらずにすべてのお手入れを終えると、肌にかかる負担が格段に減り、徐々に乾燥しにくくなって、くすみや赤みもない肌へと変わっていきます」(石井さん)

【Step.1】両手に薄く広げたものを肌に転写するようになじませて

【Step.2】細かい部分は指の腹で。手に余ったものを薄く広げます

【Step.3】目元や口元の凹凸には、指の腹で薄くふわっと転写

【ネックケア】首のケアはあごを上げてシワを伸ばしてから優しくなで下ろす


「首の肌はシワができやすい部分。お手入れの最後、あごを少し上げてシワを伸ばし、手に余ったものをそーっと優しくなで下ろすようになじませると、シワが目立たなく」(石井さん)

 

初出:憧れの石井美保肌になるためのこすらいないケア法|洗顔や化粧水、クリームのつけ方まで徹底解説

記事を読む

「コットン」を使った塗り方のコツ

青山皮膚科 クリニック 院長

亀山孝一郎先生

皮膚科医として診療に携わるだけでなく、論文も執筆。『毛穴道もう一生悩まない。』(講談社)を監修。

美容エディター

大塚真里さん

本企画担当。亀山先生をはじめ多くの皮膚科医や化粧品の研究者に取材を続け、スキンケアの知識を重ねる。
関連記事をcheck ▶︎

コットンでつける場合は「引かずに押す」

コットンを使う場合は摩擦の刺激が起きないように、化粧水をたっぷり使うことが重要。裏まで湿るようにコットン全体にとり、力を入れずに押すようにして肌に入れ込んで。

 

初出:意外と知らない!肌の透明感を引き出す化粧水の使い方

記事を読む

コットンのNGな使い方

化粧水をコットンにちょっぴりとってゴシゴシつける


「化粧水をコットンでつける方も多いと思いますが、使う量が少ないと、コットンの繊維で肌をこすることになってしまいます。さらに肌を拭き取る動作が加われば、摩擦による刺激は増える一方。化粧水は手でつけるか、コットンを使う場合は慎重に」(石井さん)

 

初出:今すぐやめて! 美容家・石井美保さんが教える乾燥やくすみ、たるみの原因

記事を読む

「日中」の上手な使い方2選

【1】3時間に1度ミストローションで保湿

「日中の追い保湿は、3時間おきくらいが効果的。それはスキンケアが肌になじむのにある程度時間をおく必要があるからです。メイクの上からも手軽に保湿できるミストローションは美容液成分や油分入りがおすすめ」(水井さん)


顔からミストを少し離し、顔全体に吹きかけて。そのままおいても、軽くハンドプレスしても。

【2】メイク直し前に潤いチャージ

「食後は体温が上がって皮脂が出やすく、乾燥します。ちょうどランチ後と夕方頃(4~5時間に1度)、メイク直しのタイミングで濃厚な潤いをチャージ。頬骨や口元など、マスクが当たって乾いたりよれる箇所中心に」(水井さん)


少量ずつ、塗っていないところと高低差がつかないようになじませれば、上からファンデを重ねてもキレイ!

 

初出:朝晩のスキンケアで満足してない? 「追い保湿」で一日中潤い肌を保ち続けて|水井真理子さんが解説

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事