健康・ヘルスケア
2021.6.18

足の小指の爪は小さくなったら元に戻らないってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“足のトラブル”について。足の小指の爪は、小さくなったら元に戻らないって…ウソ? ホント? フットケアジャパンの矢部雅博さんにお答えいただきます。

Q:足の小指の爪は小さくなったら元に戻らないってホント?

ほかの足の指に比べて小指の爪だけが小さい、そのせいでうまくマニュキアが塗れないという人も多いのでは? また、「靴で潰れてしまって、ほとんど爪がない」という人もいますよね。そして、こういった症状になったら、元に戻らないというのは本当なのでしょうか。さっそく、この疑問を矢部さんにぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ウソ

「爪をつくる工場の役割がある“爪母”が損傷してしまった場合は、爪は生えてきません。しかし、“爪母があるのに爪がない”という場合には、生えてはいるけれど、爪を潰してしまっている可能性が考えられます。

多いのは、小指が変形してしまう内反小趾。外反母趾同様に、ハイヒールやつま先の細い靴、ゆるい靴など、足に合っていない靴を履くことが原因です。足の小指が横を向いてしまうことで、爪が靴にあたったり、擦れたりして、爪が潰れてしまうのです」(矢部さん・以下「」内同)

Check
  • 爪母は爪をつくる工場の役割をもつ。損傷してしまうと、爪は生えてこない
  • 爪母があるのに爪が生えてこない場合は、爪を潰してしまっている可能性がある
  • 最も多い原因のひとつは、内反拇趾。小指が外を向いてしまうため、爪が靴にあたったり、擦れたりして潰れてしまう

そのまま放置したら、どうなる?

「指の変形が進み、酷くなると痛みが出て歩けない…ということも。ほかには、角化異常が起こり、ウオノメなどができやすくなります。さらに、角質が固まって、爪もどきのように見える副爪ができることも」

サロンでのケア方法は?

「爪が厚くなっている場合は、削って整えます。角質によって、ほかの爪が圧迫されてしまっている場合は、角質除去を行います。そして、爪の形を整え、伸びやすくするケアを行います」

予防法は?

「靴の選び方、履き方、歩き方が関係してきます。中でも、“靴の形”は重要で、つま先が細くとがったポインテッド トウのパンプスを履き続けることはおすすめしません。靴を選ぶ際は、足が靴の中で前滑りせずに、きちんと指が使えること。前足部に負担をかけないタイプを選ぶことが大切ですよ」

Point

・重要なのは靴の形。つま先が細くとがったポインテッドトゥのパンスプは、避けたほうがよい
・靴選びのポイントは、足が靴の中で前滑りしないこと。きちんと指が使えること。

上級フースフレーガー・巻爪スペシャリスト

矢部 雅博さん


巻爪ケアライセンス VHOシュパンゲ・オートグリップVHOシュパンゲ・GOLDシュパンゲ・ORAシュパンゲ・糖尿病療養指導士の資格を持ち、全国の病院や介護施設などでフットケアの講演、医師、看護師へ指導を行う。圧倒的な技術力でフットケア業界を牽引し続け、お客様から熱い支持を得る

フットケアジャパン

足のタコ・ウオノメはセルフケアできるってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事