健康・ヘルスケア
2020.12.4

雨の日は片頭痛が起きやすいってホント?真相を医師に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

日々の生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は“片頭痛”について。雨の日は片頭痛が起きやすいって…ホント?  東京頭痛クリニックの丹羽潔先生にお話を伺いました。

%e6%96%b0%e9%80%a3%e8%bc%89%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-3

Q:雨の日は片頭痛が起きやすいってホント?

痛みだけでなく、めまいや吐き気を伴うこともある片頭痛。雨の日はとくに片頭痛が起きやすいというウワサが。実際のところどうなのでしょうか? さっそく、この疑問を丹羽先生にぶつけてみました。果たしてその答えは?

A:ホント

「片頭痛とは、血管が拡張することでズキズキとした痛みを感じる頭痛です。気圧が下がると血管が開くので、雨の日に片頭痛起こりやすくなります。分かりやすくいうと、標高の高い山や、飛行機内で菓子袋やペットボトルが膨張するのと同じ原理ですね。

そのほか、飛行機の離陸時などに片頭痛を感じる人もいます。片頭痛持ちの人は気圧だけでなく、気温、湿度の変化にも敏感なので、台風などの天候の悪化や地震といった災害の予兆を察知しやすいとも言われているんですよ」(丹羽先生・以下「」内同)

片頭痛になりやすい季節がある?

「片頭痛に対して悪影響を及ぼすのは、①低気圧、②高湿度、③高温度の順番です。1年の中では3つの条件が揃う梅雨は、もっともつらい時期だと思いますね。今はマスクを着用し続けることで条件が揃いやすくもなっているので、人のいない場所ではマスクを外して深呼吸するなど、可能な限り対策していくことをオススメします」

冬に片頭痛の頻度が減る人も

「冬は冷えによって血管が収縮する&湿度が低いため片頭痛は起きにくく、緊張型頭痛が増える傾向にあります。しかし片頭痛持ちの人の中には梅雨や夏よりも冬の方が辛いという声もあるため、一概には言い切れません。自律神経が乱れやすい季節の変わり目も症状が出やすく、一年を通して片頭痛に悩まされている人も…」

頻繁な片頭痛は専門医の受診を

「1か月のうち5〜6回、天候によって痛みがひどくなるなど、高い頻度で片頭痛が起きる人は頭痛専門の医療機関で治療を受けてください。

まずは日常生活に支障が出ないように、症状にあわせて痛みを和らげる鎮痛剤を処方します。並行して片頭痛のきっかけとなる状況をなるべく避けるよう、生活改善などの指導もおこないます。片頭痛はあらゆる環境要因が重なっているため、すぐに治るとは言い難いのですが、発作の頻度を減らしていくことで楽になるとは思います」

 

東京頭痛クリニック 理事長

丹羽潔先生

東京頭痛クリニック理事長。東海大学医学部を卒業後、ドイツ、アメリカへ留学。大学病院で頭痛や脳卒中を中心に脳神経内科診療・研究に携わり、2005年に日本で開業医としての道を歩み始める。自身も片頭痛や群発頭痛といった頭痛症状と戦いながら頭痛外来の開設を果たし、国内外より好評を受けて2015年に「東京頭痛クリニック」を開院。頭痛のエキスパートとして講演会やメディア出演も多数。著書に『めまいを治す63のワザ+α』(保険同人社)、『神経救急・集中治療ハンドブック 第2版』(医学書院)などがある。

■東京頭痛クリニック

 

頭痛の種類はひとつじゃないってホント?真相を医師に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

文/井上ハナエ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事