健康・ヘルスケア
2020.2.15

生理の悩みをテクノロジーで解決!診察アプリ、月経ディスク…今話題の「フェムテック」とは?

今、女性の健康問題をテクノロジーの力で解決しようとする「フェムテック」市場が盛り上がりを見せています。中でも「生理」関連は、今最も熱い!

1.生理関連用品をネットで買えるセレクトショップがおしゃれ&便利

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

(左から)ランドリーボックス、EMILY WEEK、illuminate
生理痛やPMSなどで、憂鬱になりがちな生理中。でも、おしゃれで便利な生理用品や関連グッズに囲まれると少し気分が上がるもの。今、そんな高感度アイテムを集めたWeb上のショップが増殖中。生理だけでなく、女性たちのポジティブなライフデザインを発信する場にもなっています。

2.女性のリズムに寄り添う商品の提案型ゾーンがオープン

’19年11月22日、大阪・大丸梅田店に、女性のリズムに寄り添う新ゾーン「Michi kake」がオープン。女性のリズムを「もやもや期」「キラキラ期」「ゆらゆら期」「どんより期」に分けて、それぞれのリズムに合う商品やサービスを全17店で提供しています。生理用品のショップもラインアップ!
%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88-emily-week
女性のバイオリズムに合わせたファッションや生理関連アイテムを展開する「EMILY WEEK」が関西初出店。

3.「#NoBagForMe」プロジェクトから生まれたタンポンが激カワ!

img_1133img_1134

プロジェクトメンバーで出し合った約100個のデザイン案を3つに絞り、SNSや街頭調査の投票で選ばれたのが、この「CAT」のデザイン。ソフィのタンポンの新パッケージとして発売を開始しました。2位のデザイン「SKY」は、ナプキンのセンターインに採用されています。
nobagforme_%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e9%a2%a8%e6%99%af
新しい取り組み、新しい価値観をカタチにするため、何度も話し合いがもたれた。

4.海外では月経収集型「ディスク」が注目を集める

海外の「フェムテック」は日本より遥か先を進んでいて、今や月経カップの次なるアイテム「月経ディスク(ディスク型月経カップ)」が注目されています。「FLEX」の月経ディスクはゴム製で、月経カップ同様、腟内に入れて経血を受け止める。半日使用したらゴミ箱に捨てるだけ、の画期的なアイテムです。
%ef%bc%96%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af
米・Flex社の月経ディスク「Softcup」。スーパーサイズのタンポン3本分の経血を受け止めて最大12時間使用可能。日本でも「THEY OWN」のサイトで購入可能(https://www.theyleanin.com/own)。

5.医師や専門家に悩みを相談できるアプリ「スマルナ」が話題

婦人科になかなか足を運べず、悩みを抱えたままの人には、こんな便利なサービスも。人に言いづらい生理やセックスの悩みをオンラインでつながった医師に相談し、ピルを処方してもらえるアプリです。専門家によるアフターフォローも充実し、まるでスマホ内のかかりつけ医!
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%8a
料金は、低用量ピルの値段(1か月分¥3,980〜)に、診察代、配送代込み。スマルナ (https://sumaluna.com)

6.アップルの標準アプリに月経周期を記録する「サイクルトラッキング」が登場

%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88h
iPhone(iOS13以降搭載)のヘルスケアアプリ、またはアップルウォッチ(watchOS6以降)の周期記録アプリで、月経周期を記録できるように。生理期間や経血量などを記録でき、次の排卵や月経の予測も可能。体調管理や生理用品の準備、妊活などに役立てることができます。

 

*商品の価格はすべて税抜です。

 

 

『美的』2月号掲載
イラスト/船越谷 香 構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事