健康・ヘルスケア
2019.2.9

風邪に負けずイキイキと♪【サラダほうれん草とポーチドエッグのサラダ】Today’s SALAD #67

【本日のビューティ食材:サラダほうれん草

インフルエンザが猛威を振るい、気温も湿度も低く、栄養価の高いサラダで健康管理にも気合いを入れていきたい時期ですね! 今日ご紹介するのは、元気を出したいときにおすすめのほうれん草のサラダ。ほうれん草にはβカロテンやビタミンC、鉄分、カリウムなどを含み、風邪予防やアンチエイジング、美容にも効力を発揮する栄養素がたっぷり。普通のほうれん草はアクが強く、体に悪影響を及ぼすシュウ酸が含まれているのでサラダ向きではないので、スーパーなどでも手に入る「サラダほうれん草」を使うのがおすすめ。水耕栽培などでシュウ酸の含有量を減らしたサラダほうれん草は生食できるので、含まれるビタミンなどの栄養素をそのまま体内に取り入れることが可能です。卵とベーコンで旨味をプラス。さらに、皮膚や粘膜を強くしたり、脂肪燃焼効果も期待できるマッシュルームも組み合わせて栄養価をアップ!

 

<材料>
サラダほうれん草     1わ
マッシュルーム     3~4個
ベーコン        お好みの量で
卵             1個
酢            大さじ2
オリーブオイル      大さじ1
白ワインビネガー     大さじ1
粒マスタード        少々
ハチミツ          少々
塩こしょう         適宜

 

<作り方>
(1)サラダほうれん草は食べやすい大きさ、長さ4~5cmにカット。

20190209_081620

(2)マッシュルームは薄切りに。

20190209_082015

(3)ベーコンは細かく刻み、フライパンで炒めてカリカリに。

20190209_082636

(4)ポーチドエッグを作る。鍋に水4カップと酢 大さじ2を入れ、沸騰させたら、玉じゃくしなどでクルクルとお湯を対流させ、その中に生卵を落とす。玉じゃくしや菜箸などで白身を整えながら丸くして、半熟状態で引き上げて。

20190209_083534

(5)ボウルにサラダほうれん草とマッシュルームを入れ、オリーブオイル、白ワインビネガー、少量のマスタード&ハチミツ、塩こしょうで味を整える。

20190209_083810

(6)(5)とカリカリにしたベーコンを皿に盛り、ポーチドエッグを真ん中に盛りつける。食べる際には卵をくずし、全体に白身&黄身を絡めていただくと美味しくいただけます!

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事