健康・ヘルスケア
2019.1.18

ラム肉は太らないってウソ?ホント?真相を医師に直撃!

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“食”について。ダイエット中はラム肉がおすすめって…ウソ? ホント? さとうヘルスクリニック院長・左藤佳子さんにお答えいただきます。

%e3%83%a9%e3%83%a0%e8%82%89

Q:ラム肉は太らないからダイエット中はラム肉がおすすめってホント?

ダイエット中だからといって、大好きなお肉は我慢したくないですよね。巷では、ラム肉は太りにくいなんていうけれど、本当でしょうか。

さっそく、この疑問を左藤先生にぶつけてみました! 果たして先生の答えは……?

A:ラム肉は太らないは本当。でも…

「本当です。食用肉をそれぞれ、100gあたりのカロリー数で比較した場合、鶏肉約229kcal、豚肉約298kcal、牛肉約298kcal、ラム肉は約227kcalと低カロリー。さらに、ラム肉にはカルニチンというアミノ酸が多いのです。カルニチンは、細胞の中の発電機の役目でもあるミトコンドリアに材料を運んでいく働きをして、エネルギーを燃焼させます。そのために、ダイエット中にはラム肉がいい、太らないと言われているんですね。

とはいえ、牛や豚、鶏肉を我慢してまでラム肉を食べるべきか?と言われたら、そこまでではないのも事実。ラム肉100gあたりのカルニチン含有量は約80mg、対して牛肉は100gあたり約60mgなんです。絶対牛肉はダメ、ラムを食べて!という差ではなく、ダイエット中、どの肉を食べるかを考えた場合、カルニチンが多いラム肉は比較的有利ですね、という程度です。ラム肉が好きな人は、良かったねと思って(笑)」(左藤先生・以下「」内同)

肉を食べて太りたくないなら味付けが重要

「食材を限定するようなダイエットは安全とはいえません。肉は太るから食べないというのも問題です。タンパク質は体をつくる大切な栄養素です。ダイエットのときは、素材のカロリーに一喜一憂するのではなく、味付けにこだわりましょう。ヘルシーな食材を選んでいたとしても、調味料で糖質や脂質、塩分がアップしてダイエット効果を低めてしまうということは少なくないのですよ。

お肉をいただくときの調理法のおすすめは、シンプルに塩・コショウ、またはオリーブオイルなどの良質な油です。ソースと醤油、ほんの少しトマトケチャップを混ぜ合わせるだけでも、簡単に美味しいタレを作ることができますよ。酒やみりんを使う場合も、質のよいものにこだわってみて下さいね」

profile
左藤 桂子
「左藤桂子ヘルスプロモーション研究所」所長
「さとうヘルスクリニック」院長
これまで多くの症例を診て、糖尿病になる前に体重オーバーの時期があることに気がつき、体重コントロールの重要性を提唱。
完全予約制で濃厚な個人の健康コンサルタントを行いつつ、予防医学、生活習慣病、アンチエイジングなどの啓蒙活動を行っている。著書の『ダイエット外来の寝るだけダイエット』(経済界)などアマゾンランキング上位の著者多数。

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事