健康・ヘルスケア
2017.11.17

たぷたぷ振袖肉を退治!「ゴン太二の腕」に効くヨガポーズ

脇を締めたときの“丸太のようにボリュームのある二の腕”や“体の前後にはみ出す脂肪”……。二の腕の太さに悩む女性は多いですよね。秋冬は服で隠れるからといって油断していては、次の春夏シーズンに深刻な“二の腕問題”と直面することに!

また、たとえ服を着ていても、二の腕が太いのが目立つと、体全体が大きく見えてしまうので、しっかりと引き締めておきたいところです。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、“二の腕の引き締め+お腹・足痩せ”と嬉しい効果がいっぱいのヨガポーズをご紹介したいと思います。

 

見せボディをつくる「三日月のポーズ」が二の腕に効く!

片方の足を大きく踏み出して合掌した両手を頭上に伸ばし、背中を軽く湾曲させるのが、“三日月のポーズ”。腹筋群や脚力アップに効果的なのは見たとおりなのですが、実はこのポーズが二の腕に効くのです。

なぜでしょうか?

それは、“合掌した両手を上に伸ばす”ことにあります。試してみるとわかるのですが、腕を真っすぐ上げるだけでも意外とプルプルくるもの。さらにそこで手のひらを合掌すると、二の腕のプヨプヨとした振袖部分にグッと力が入り、引き締め効果があるのです。

 

「三日月のポーズ」の取り方

早速、“三日月のポーズ”の取り方をお伝えしましょう。

【三日月のポーズ・プロセス】

(1)床に膝立ちになり、右足を大きく前に踏み出したら両手を膝の上にのせる

(2)息を吸いながら両手を頭上に伸ばして合掌したら、重心をやや前に移動する

(3)息を吐きながら上体を軽く反らせ、鼻呼吸を5回繰り返す

(4)足を入れ替えて、反対側も同様に行う

 

「三日月のポーズ」の注意点

最後は、安全にポーズを取るための5つの注意点です。

(1)股関節が大きくのびるポーズなので、痛みやつっぱる感じがある方は無理に足幅を広くしない

(2)肩に力が入らないようにストンと下げる意識を持つ

(3)前に踏み出したほうのひざがつま先よりも前に出ないようにする

(4)前に踏み出したほうのひざが、内側に入ったり外側に倒れたりせず、左右の太ももが一直線になるように開脚する

(5)腰を起点に極端に反らせるというよりは、胸を前に押し出す気持ちでなだらかに上体をカーブさせる

簡単そうに見えるポーズではありますが、最初から無理をすると、肩や背中、腰、股関節を痛める恐れがあります。ストレッチをして体をほぐしてから行うようにしてくださいね。

 

今から“三日月のポーズ”を習慣づければ、ピタッとしたトップスも自信をもって着られるかも!? ぜひお試しください!

 

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事