健康・ヘルスケア
2017.11.17

ダイエットはまず深呼吸…なりたい体をイメージしたらハイヒールとデニムも!

ストレスなどで自律神経が乱れると、血流や代謝が低下して太りやすくなります。副交感神経を高めて自律神経を整えるには、深い呼吸が効果的。意識的に深呼吸をする習慣を。また、「ゆるっとやせ」を実現させるには、日々の意識の積み重ねが大切。モチベーションを高めてくれるものをもつ、なりたい体をイメージするなど、自分なりの意識改革法を見つけて。

手も使った深い呼吸で副交感神経を優位に

「いつでも気づいたときに、深く大きく呼吸をして副交感神経が優位の状態に切り替えます。姿勢を正して、ゆっくりと行うのがポイントです」(まゆみさん)

 

_u3a2934
①組んだ両手を上げながら顔を 天井に向け、大きく息を吸いながら姿勢を整える。

_u3a2936
②おなかが充分に膨れるまで息を吸い切ったら、両手を離す。

\深く長くふぅ〜/
_u3a2947
③両手をゆっくりと下ろし、丹田を意識しながら、より深く長く息を吐き切る。

ハイヒールを飾ってモチベーションアップ

_u3a4876
「ハイヒールを素敵に履きたいというのが、スタイルアップのためのモチベーション。お気に入りをショールームのように玄関口に飾って、いつも目に入るようにしています」(久さん)

バロメーターデニムで体型管理

_u3a4565
「8年前に買ったお気に入りのデニムが、私の体型バロメーター。これをカッコよく着こなすために、肉づきの変化やたるみは許されません。時々これをはいてチェックすることが、体型キープの秘訣です」(久さん)

常におなかを凹ませるように意識

_u3a4345
「太っていたときは、おなかぽっこりが悩みでした。でも、常におなかを凹ませるように意識していたら、実際に効果がありました。なりたいイメージを明確に描くことは大切」(岸村さん)

 

教えてくれたのは…
_u3a3366
ウォーキングインストラクター まゆみさん
ショーモデル。トップモデルとして のキャリアで培った、洗練されたウォーキングテクニックに定評がある。ミス・インターナショナル世界大会 のステージ演出もサポート。学生時代は筋肉質のがっちり体型。女性らしいしなやかなボディになりたくて、まずは普段の姿勢や歩き方から変えていきました。

 

_u3a4497
美脚トレーナー 久 優子さん
ひさしゆうこ/ボディメンテナンスサロン『美・Conscious~カラダ職人~』主宰。脚 のパーツモデルを経てホリスティック医学を学び、独自のメソッドを確立。過激なダイエットを繰り返した後にたどり着いたのが、体や心の自己管理でやせ体質を手に入れる独自のメソッドで、-19kgの減量に成功。

 

_u3a4281
フードプランナー 岸村康代さん
きしむらやすよ/大人のダイエット研究所代表。管理栄 養士。野菜ソムリエ上級プロ。我慢せずにおいしく、効 率良く食べる指導に定評があり、TVや雑誌でも活躍。20代前半、ストレスから食に走り1か月半で7kgも増えました。そんな自分にいらだってさらに過食&体重増。でも、食べ方を変えただけで、気づけばスッキリ-10kg!

 

『美的』11月号掲載
撮影/フカヤマノリユキ 構成/つつみゆかり デザイン/Beeworks

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事