食・レシピ
2021.5.21

いくつ食べても罪悪感薄め!「カツオと香味野菜の春キャベツのせ」|春魚レシピ

春キャベツに具をのせるだけのズボラレシピなのに、ピリ辛のうまだれにキャベツの甘さと水分がじゅわっと混ざり合って、後を引くおいしさ。

いくつ食べても罪悪感薄め
カツオと香味野菜の春キャベツのせ

kd_210129s16_213
やわらか春キャベツはのっけたり、巻いたりしやすい

材料(2人分)
春キャベツ…大きめの葉2枚
カツオ(刺身用)…50g
新玉ねぎ…1/4個(25g)
しょうが…2片(20g)
【A】
しょうゆ…大さじ1
豆板醤…小さじ1/4〜(好みで)
酢…小さじ1
砂糖…大さじ1/2
ごま油…大さじ1/2

作り方

  1. 春キャベツは手のひらサイズに切り、沸騰した湯にさっとくぐらせる。ざるに広げて粗熱を取る。カツオはそぎ切りにする。新玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。しょうがはせん切りにする。
  2. Aを混ぜ合わせる。
  3. キャベツを器に並べる。キャベツ1枚の上にカツオ2切れ程度、新玉ねぎとしょうがを適量のせ、2をかける。

 

『美的』2021年5月号掲載
撮影/神林 環 料理/村山由紀子 栄養監修/加藤彩子 スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事