食・レシピ
2018.8.31

女子でも罪悪感なく「丼」をがっつり! パワーチャージできる簡単丼レシピ4つ

冷たくなると、食物繊維のような働きをしてくれるのが“冷やごはん”。野菜やフルーツでかさ増しすればビタミンやミネラル豊富なダイエット食にもなるし、冷たいスープをかければ食欲のない日でもおいしくいただけます! 今回ご紹介するレシピは、がっつりスタミナ丼! 猛暑や冷たいものの取りすぎから来る食欲不振で、スタミナ不足になりがちな残暑の候。ここは肉&魚でたんぱく質を補給して。スパイシーに味つけした具を冷やごはんにのっけて、品良く、がっつりパワーチャージ。

豚のブラックペッパーソテーとカマンベールミントのっけ丼

180607s08_097
濃厚&爽やかの無限ループチーズとこしょうでコクうま!
疲れを吹き飛ばすビタミンB群豊富な豚肉に、やりすぎなくらいこしょうをまぶして。チーズはカルシウム豊富!

作り方
(1)しょうが焼き用の豚肉の両面にたっぷりの粗びき黒こしょうと塩少量をまぶし、食べやすい大きさに切る。オリーブオイルを引いたフライパンで両面をカリッと焼く。
(2)器に冷やごはんを盛り、薄く切ったカマンベールチーズ、(1)をのせ、ミントを散らす。

うなぎのかば焼きと野菜炒めのっけ丼

180607s08_097-2
市販のかば焼きとたれを活用濃い味も冷やごはんでまろやかに
血管を強くするIPAやDHA、ビタミン類も豊富なうなぎにパプリカとオクラで元気をチャージ。

作り方
(1)市販のうなぎのかば焼きは1cm幅に、赤と黄のパプリカは5mm幅に切り、オクラは乱切りにする。
(2)フライパンにバターを入れて熱し、(1)を炒める。かば焼きに付属のたれ、バルサミコ酢、粉山椒で味をつけ、器に盛った冷やごはんにのせる。

にらサワークリームのアヒポキ丼

180607s05_081
ハワイのソウルフードで無敵の夏肌を作る!
女性ホルモンの分泌にマストなマグロ、うる肌を導くβ-カロテン豊富なにらで女度が上がる!

作り方
(1)マグロのぶつ切りをオイスターソースとごま油で和える。
(2)にらは細かい小口切りにし、サワークリーム、少量の練り辛子と混ぜ合わせ、(1)とさっくり和える。
(3)冷やごはんに黒ごまを混ぜ、器に凹形に成形し、(2)をのせる。

ローストビーフ&クレソンのっけ丼

180607s05_073
クミン+ゆかりを混ぜた雑穀ごはんがおいしい!
牛赤身肉の良質なたんぱく質が、血液のもとになる豊富な鉄の吸収率をアップ。食欲エンドレス系。

作り方
(1)冷やごはん(雑穀ごはん)にオリーブオイル、クミンパウダー、ゆかりを混ぜ、器に盛る。
(2)市販のローストビーフとクレソンをのせ、好みでライムをしぼって食べる。

 

 

教えてくれたのは…
kd_180218s06_103
料理家 美才治真澄さん
びさいじ・ますみ/管理栄養士、女子栄養 大学生涯学習講師。雑誌や広告を中心に活躍。その独自の美的感覚から生まれるハイセンスでおいしい料理は、手軽に作れて、美容と健康に効くと大評判。本誌『旬をまるごと家呑みごはん』でも連載中。

 

『美的』9月号掲載
撮影/神林 環 料理・栄養監修/美才治真澄 スタイリスト/西崎弥沙 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事