食・レシピ
2018.8.23

夏バテに「冷やごはん」が効果的! 5分でできるヘルシー“滝汗”スッキリ簡単レシピ

冷たくなると、食物繊維のような働きをしてくれるのが“冷やごはん”。野菜やフルーツでかさ増しすればビタミンやミネラル豊富なダイエット食にもなるし、冷たいスープをかければ食欲のない日でもおいしくいただけます! 今回は、暑い日に食べたい!冷や汁ごはんレシピをご紹介します。昔から夏バテ予防に食べられていた冷や汁。定番はみそ味ですが、気分じゃなければ好きなスープやジュースをかけてもOK。ここではちょっぴり異国風味で。さらさらさっぱりで、“滝汗”も引きます!

インド風にんじんジュースごはん

180607s14_149
ほぼジュースをかけるだけズボラ飯なのにおしゃれ
ジュースはよく冷やしてからかけるとおいしい。ポリフェノールや食物繊維の多いレーズン、カシューナッツの食感がアクセントに。

作り方
(1)よく冷やした100%のにんじんジュースにクミンパウダー(またはカレー粉)、塩少量を混ぜる。
(2)器に冷やごはんを盛り、(1)を注ぎ、ミックスレーズン、カシューナッツをトッピングする。

ポルトガル風冷や汁

180607s16_165
かたくなった雑穀ごはんもスープがしみしみでおいしい!
ポルトガルの魚のスープリゾットを簡単にアレンジ。パセリとレモンでビタミンCをたっぷり加えて。スープはインスタントでもOK。

作り方
(1)アジの干物を焼いて皮と骨を除き、身を大きめにほぐす(市販の好みの焼き魚でもOK)。
(2)器に冷やごはん(雑穀ごはん)を盛り、(1)、刻んだイタリアンパセリ、みじん切りのにんにくをトッピングする。
(3)よく冷やした野菜コンソメスープ(顆粒コンソメを水で溶いたもの)を注ぎ、オリーブオイルを垂らす。レモンをしぼって食べる。

ベトナム風シジミスープごはん

180607s14_158
コンビニの塩むすびにハーブティーを注ぎます!
体の熱を取るレモングラスティーが爽やか。佃煮や香ばしいオニオン、パクチーが醸すほんのりエスニック風味は食欲のないときにも。

作り方
(1)ティーバッグのレモングラスティーをいれ、よく冷やす。
(2)市販の塩むすびを器に入れ、シジミの佃煮、ざく切りにしたパクチー、市販のフライドオニオン、ピーナッツをのせる。上からナンプラーを少し垂らし、(1)を注ぐ。

南インドの冷たいラッサムスープ風ごはん

180607s17_177
ドーナツ状に盛った麦ごはんに氷入りトマトジュース!
トマトジュースに梅干し。高い抗酸化成分を含み、程よい塩気と酸味のある食材で作る簡単スパイシースープを、麦ごはんに吸わせて!

作り方
(1)よく冷やした100%のトマトジュースに、種を取ってたたいた梅干し(または梅ペースト)、タバスコ、こしょうを加えてよく混ぜる。
(2)スープ皿のヘリに沿って冷やごはん(麦ごはん)をドーナツ状に盛り、中央に(1)を注ぐ。くし形に切ったミニトマト、バジルを加え、氷を浮かべる。

 

教えてくれたのは…
kd_180218s06_103
料理家 美才治真澄さん
びさいじ・ますみ/管理栄養士、女子栄養 大学生涯学習講師。雑誌や広告を中心に活躍。その独自の美的感覚から生まれるハイセンスでおいしい料理は、手軽に作れて、美容と健康に効くと大評判。本誌『旬をまるごと家呑みごはん』でも連載中。

 

『美的』9月号掲載
撮影/神林 環 料理・栄養監修/美才治真澄 スタイリスト/西崎弥沙 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事