食・レシピ
2018.4.18

春の不調は体の中から改善! 肌がゆらいだ時に食べたい簡単白菜レシピ

今感じている不調を、“季節の変わり目だから仕方がない”と諦めていませんか? でも、食生活を見直せばラクになるんです! 今回は、肌のゆらぎに悩んでいる方必見の簡単レシピを国際中医薬膳師の大友育美さんに教えていただきました。

ウーロン焼き白菜

%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%b3
「白菜は、特に顔がほてって赤みが出やすいときにおすすめ。余分な水分を排出するウーロン茶で蒸せば、デトックス効果がさらにUP。豚肉と合わせると、白菜の甘みが引き立ちます」

材料(2人分)
白菜…1/4株
豚ばら肉…150g
ウーロン茶…大さじ4
塩…小さじ1
こしょう…少量
サラダ油…小さじ2

作り方
(1)豚ばら肉に塩・こしょうをまぶし、白菜に挟む。

(2)フライパンにサラダ油を熱し、1を入れてフタをして強火で2分焼く。

(3)ウーロン茶を入れ、中弱火にして10分蒸し焼きにする。

 

\Pick up食材/
0215-biteki3799
白菜
体の上部に上った熱を冷まし、余分な水分の排出をスムースに。

 

教えてくれたのは…
国際中医薬膳師 大友育美さん
自然食レストランでシェフを務めた経歴をもつ。著書に、5分程で作れる『おくすり味噌汁114』(ワニブックス)。

 

 

『美的』5月号掲載
撮影/sono(bean) スタイリスト/シダテルミ 撮影協力/UTSUWA 構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事