食・レシピ
2018.2.4

「アスパラガスと卵のサラダ」美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #26

img_20180203_082540_786

【本日のビューティ食材:アスパラガス
旬の季節は春~初夏にかけてになりますが、その独特の食感と風味で無性に口にしたくなるアスパラガス。美肌を育むビタミン類をはじめ、アスパラギン酸というアミノ酸の成分を含み、新陳代謝を促して疲労回復やスタミナ増強にも効果が。海外産のものにはなりますがスーパーや青果店などにはアスパラが1年中出回っている昨今。穂先がキュッと締まって、切り口が白っぽくみずみずしくて、乾燥していないものを選ぶのが美味しいアスパラ選びのコツ。アスパラはサッと茹でて、オリーブオイルと塩こしょうでシンプルにいただくのも好きですが、卵のソースをプラスして食べ応えのあるサラダに。アスパラの旨みを、健やかな肌や髪のもととなるたんぱく質の卵とともに召し上がれ♪

<材料>
アスパラガス     1束(3~5本)
卵          1個
マヨネーズ      大さじ1~
牛乳         小さじ1
オリーブオイル     少々
塩こしょう       適宜

 

<作り方>
1.卵を茹でて、卵のソースを作る。卵は沸騰して8~10分程度茹で、冷水につけて冷やしてから皮をむき、フォークで細かく砕く。マヨネーズ、牛乳、塩こしょうを足して好みの味調整する。牛乳の量はお好みで。牛乳を少量でも入れた方が、ソースとしてアスパラに絡みやすくなる。

img_20180203_082712_745

2.アスパラを洗い、根元2~3㎝の硬い部分をカット。アスパラが太い場合は、火が通りやすくなるよう根元に切り込みを入れておく。

img_20180203_082643_919

3.アスパラを茹でる。1本そのまま茹でたいのでフライパンを使って。フライパンに水を入れ、沸騰したら塩ひとつまみとともに2分ほど茹でる。柔らかくなりすぎないよう注意。

img_20180203_082606_287

4.水気を切ったアスパラガスを皿に盛り、オリーブオイルをサッとかけ、1の卵のソースをのせる。

 

img_20180203_082455_889

さらに食べ応えのあるサラダにしたいときは炒めたベーコンをトッピングしたり…。アスパラと卵さえあればちゃちゃっとできるので、家飲みでなにかもう1品、というときにもおすすめのおつまみです。

 

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事