食・レシピ
2017.6.16

きのこ中心で低カロリー!夜遅くなったときのおすすめレシピ~深夜ごはん~

どうしても帰宅が遅くなってしまったとき、10分で作れて、肌にも胃にも嬉しいレシピをご紹介!今回は、色々な種類のきのこを使った温か料理をご紹介!

 

水井真理子さん発 夜食べてもむくまないとっておきレシピ

仕事で遅くなり、週3回くらいは21時以降の夕飯に。なるべく消化が良くて、野菜中心のメニューにしています。お米は極力食べないように、その分キャベツや白滝などを代用して満足感を得ています。この3品はどれも翌朝に響かないのでおすすめです!(水井さん)

 

きのこたっぷりワンタンスープ

デトックス&ヘルシーなきのこ満載で翌朝スッキリ
_mg_9331fこれは私の定番鍋の簡単バージョン。いつもは手作りのワンタンをストックしていますが、市販のものでもおいしい。満足度は高いです。

【材料(2人分)】
ワンタン(市販品)…10個 白菜…2枚 えのきたけ・しめじ・まいたけ…各1/2パック だし…3カップ
A(ごま油・しょうゆ各小さじ1、酒・みりん各大さじ1、塩少量)、(あれば)クコの実…適量

【作り方】
①白菜は細く切る。えのきたけとまいたけは、3㎝の長さに切る。しめじは小房にほぐす。
②鍋にだしを入れて温め、①とワンタンを入れて火を通す。あればクコの実を入れて、Aで味を調える。
※ほかにせん切り大根やきくらげを入れてもおいしい。

 

教えてくれたのは…

水井真理子さん
トータルビューティアドバイザー。美容家のマネジメントに携わり、女性がキレイになる心のもち方や美容法を学んだ後に独立。豊富な知識に基づく効果実感の高いメソッドを各誌で提案し、活躍中。ヘルシーでおいしい料理作りも得意。

 

『美的』2017年7月号掲載
撮影/小林キユウ フードスタイリスト/渡辺ゆき レイアウト/最上真千子 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事