ヘアのお悩み
2020.10.6

多毛&太毛がマネしたらよかった♪|コンプレックス解消テクで役立ったものをピックアップ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 133】

本企画担当の越後が、今まで取材した解消テクをお試し。披露してくれた方の髪質とタイプが違っても、役立つことが判明。特に多毛&太毛の悩みが解消されたテクニックを紹介します!

今月の賢人File

美容ライター 越後有希子

%e8%b6%8a%e5%be%8c%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f

名前:越後有希子(エチゴユキコ)

年齢:43

髪質:髪太くて量が多い。年齢によるうねりもあり。

髪の長さ:バスト下のロング。前髪は眉下くらい。

ヘアカラー:ダークブラウン

パーマ:毛先のみデジタルパーマ

髪コンプレックス:髪1本1本が太くしっかりしていて、量もかなり多い。

賢者プロフィール:スキンケアメーカーのPRを経て、美容ライターに。本誌では主にスキンケアやヘアケア、ネイルのページを担当。ネイリストの資格を持つ。10年以上ボブスタイルだった髪を昨年から伸ばし中。ヘアドネーションをするために、31cm以上伸ばすのが目標。

多毛&太毛にも使えたテクのバックナンバーを振り返り!

【テク1】極少量の毛束を引き出してルーズに

 img_0402「猫っ毛でもふわっと立体的に見せるという、ヘアサロンtricca銀座の野口眞莉奈さんのテクニック。髪が太い私も毛束が重みでつぶれやすいので、極少量を引き出していく方がラフさを演出できます!」

記事はこちら

 

【テク2】サイドに流した毛束をしっかりホールド 

img_0403「ロングヘアならではの楽しみのひとつが、毛束をサイドに流したスタイル。襟足の毛束をツイストしてピンで留めることで、動いても崩れにくく、エレガントなスタイルをキープできます」

記事はこちら

 

【テク3】ボリュームを逆手に取った大人なカチューシャスタイル

 img_0273「普通につけてしまうとひと昔感が出てしまう太めカチューシャスタイル。巻いた髪を“バサッ”と広げて、さらにトップにボリュームを出す、というひと手間で、断然いまっぽくなります。このテクは多毛ならボリュームが出やすいというメリットも」

 記事はこちら 

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事