ヘアスタイル・髪型
2020.7.15

やりすぎない外ハネボブヘアが今どき!スタイリング楽々で不器用でも可愛くキマる

トレンドを押さられ可愛くキマることで人気の外ハネスタイル。ですが、アイロンやスタイリングが苦手で“タコさんウィンナー”のようになってしまう……、そんな声から生まれたのがこちらのストレートボブです。毛先はあえて重めにライン感を残し、ハネ過ぎないナチュラル感がポイント。広がりを抑えて、寝癖がつきにくいのもうれしい。
サイドバングに軽い流れをつくり小顔を叶えるボブヘア。不器用さんはもちろん、朝のスタイリングをとにかく時短に、それでいて可愛いスタイルを求める人におすすめです。

再現性が高く、アイロン前のオイルでスタイルを1日キープ!

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
アゴ下1cmの長さでワンレンボブにカット。動きをつけるためにレイヤーを入れますが、入れ過ぎないことで寝癖のつきにくいデザインに。前髪は目の下ギリギリの長さで。サイドバングをつくり顔型をカバー。カラーは、全体的に細かくハイライトを入れ、10レベルのベージュをオンカラー。透明感のあるメリハリスタイルに仕上げます。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
ドライ時、前髪の分け目がつかないように。アイロンを通す前に前髪を除いた全体にオイルを塗布するのがポイント。26mmのアイロンを毛先ではなく中間から通すようにすることで自然な外ハネに。また、オイルでボリュームダウンができるのでスタイルも持続します。前髪を整えたら、艶っぽいおしゃれヘアの完成です。

 

s_gardentokyo%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ)
担当サロンページはこちらから
GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ)

 

ヘアスタイリスト/石原萌(GARDEN Tokyo) モデル/ハナザワチカ 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事