ヘアスタイル・髪型
2019.10.30

短めバング×縦長シルエットのロブヘアは、抜け感がちょうどいい!

 

鎖骨あたりで揺れる毛先のニュアンスが色気を感じさせるロブヘア。アウトラインの重さは残しつつ、軽さと束感をスライドカットで表現した秋顔のスタイルです。幼く見えがちな眉ギリギリの短めバングでも、縦長シルエットと組み合わせることで大人っぽい印象を与えてくれます。また、ストレートタッチの仕上がりでクールなかっこよさも◎。

仕事でも、プライベートでもおしゃれを楽しみたい人におすすめのミディアムヘア。丸顔さんでも、面長さんでも、どんな顔型ともマッチするデザインとなっています。毛先をワンカール巻くだけの簡単スタイリングで、時短を叶えてくれるのも嬉しいポイントです。

ナチュラルストレートで程よいクールさをプラスした色っぽスタイル

%e2%91%a0
【how to“ベース&カラー”】
鎖骨くらいの長さでやや前上がりのローグラデーションでカットすることで、切りっぱなしより柔らかさと丸みのある仕上がりに。トップと顔まわりをスライドカットで調整して束感が出やすいようにします。前髪は奥行きを浅めに取り、カットライン残しながらチョップカットを入れます。カラーは9レベルのシナモンベージュに少しだけローズをMIX。ローズの赤紫色が効いて、くすみのないツヤ感のある色味に仕上がります。

 

%e2%91%a1
【how to“スタイリング”】
根元を立ち上げながらドライヤーで乾かしたら、32mmのアイロンで毛先をワンカール。髪を落ちる位置ではなく、耳から横に引き出して高い位置で巻くのがポイント。こうすることで軽いカールの重なり生まれて、抜け感のあるスタイルになります。ボリュームが出やすい人は、襟足は巻かなくてもOK。最後に、ツヤ感と動きの出るヘアバターを全体的に馴染ませ、束感を整えたら完成です。

 

 

afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク)
担当サロンページはこちらから
GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク)

 

ヘアスタイリスト/細田真吾(GARDEN harajuku) モデル/吉成ゆり 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事