ヘアスタイル・髪型
2022.5.22

大人っぽい前髪が、よくわかる【実例20】

\"\"

大人っぽい雰囲気を出すなら前髪に注目!トレンドの大人っぽい前髪を『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。

抜け感たっぷり「シースルーバング」スタイル【5例】

【1】下ろし流しの抜け感バングの愛されセミロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 胸上の長さで前上がりにベースをカット。ふわっとした仕上がりになるよう、顔まわりとトップにレイヤーを入れます。
  2. 前髪は厚くならないよう狭めのシースルーにし、流れが出やすいように調整します。
  3. カラーは、10レベルのミルクティーベージュに。グレーやピンク、ラベンダーなどをMIXした絶妙な色合いで、落ち着きがあり透明感を感じされるカラーとなっています。

【how to “スタイリング”】

  1. 全体を34mmのアイロンで外ハネに半回転ほど巻きます。中間の髪は内巻きに。サイドの髪は縦2パネルに分けリバースに巻いてから、クシでほぐすとゆるっとした今っぽカールになります。
  2. 軽めのオイルを内側からつけ、毛先はパサつかないようしっかりと。手に余ったもので前髪の束感を整えたら完成です。

担当サロン:MINX銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 木村 一真さん

 

初出:下ろし流しの抜け感バング!今っぽカールの愛されくびれセミロング|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】モカベージュのツヤ感くびれミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースカットは鎖骨下5cmの長さで、前上がりに。フェイスラインは、グラデーションを入れ、トップにはレイヤーを入れます。
  2. さらに、顔まわりには独立したレイヤーを入れてくびれをつくりやすくします。おくれ毛をレイヤーに繋げ、毛流れを出します。
  3. カラーは、春カラーにイチオシのモカベージュを8レベルで。ピンクをMIXして、ツヤ感のある仕上がりで、色落ちしてもキレイ色が持続します。

【how to “スタイリング”】

  1. 32mmのコテで、毛先から外巻き→内巻きの波巻きにしてくびれを強調。サイドは上下に分け、上段はリバースに、下段は内巻きにワンカール。
  2. スタイリング剤は、今っぽい質感で、抜け感とキープ力のあるバームが必須!くびれを潰さないように内側からつけ、ツヤっぽい仕上がりを目指して。

担当サロン:MINX銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 冨谷 蓮さん

 

初出:伸ばしかけに!小顔見せのくびれミディは、モカベージュでツヤ感をプラス|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】シースルーバングの上品くびれミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 鎖骨ラインでワンレングスにカット。トップに軽くレイヤーを入れ、さらにスライドカットで動きと浮遊感を出します。
  2. 前髪は、目にかかる長さのシースルーに。従来のシースルーバングより多少、量を多めにとるのがポイント。
  3. カラーは地毛風に5レベルのディープグレージュに。仕事で明るくできない人でも、透明感を出し、品のある仕上がりを叶えます。

【how to “スタイリング”】

  1. ドライ後、ストレートアイロンで毛先を外ハネにして、オイルを馴染ませるだけの楽々ヘア。
  2. オイルをつける時、オールバックのようにかき上げると、ナチュラルな毛流れが生まれるのでお試しを。
  3. ウェットな質感とツヤ感が大切になるため、やや重めのオイルがおすすめです。

担当サロン:grico(グリコ) 原田 直美さん

 

初出:色気と抜け感のベストバランス!くびれミディは大人のシースルーバングで|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】シースルーバングで抜け感たっぷりの柔らかロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 長い髪でもナチュラルなくびれをつくり、キンモリヘアで柔らかい印象に。毛先は重ためカット。
  2. 前髪は2wayバングができるように薄めのシースルーバングでバランスをとります。
  3. カラーは根元6トーン、毛先9トーンのグラデーションカラー。カットと同じくナチュラルさを意識してカラーをすることで色落ちしても綺麗なグラデーションが保てます。

【how to “スタイリング”】

  1. 毛先にたぷっと感がほしいので、最初に38ミリのカールアイロンで内巻きに巻きます。
  2. そのあとに中間部分をすべてリバース巻きに。
  3. 顔周りの短い部分も外巻きにして羽バングをつくります。これがくびれヘアをつくるポイント!

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン) 黒田 葉月さん

 

初出:色の変化を楽しめる「グラデーションカラー」は根元は暗めがオススメ

記事を読む

【5】シースルーのうざバングが可愛い韓国っぽロング

【スタイルのポイント】

  1. 鎖骨下10センチでカット
  2. レイヤーを入れて動きをたっぷり
  3. 頬の高さからMIXのパーマをかける
  4. 低温デジタルパーマでかけることによってダメージレスになりご自宅でもお手入れ簡単に

【前髪カットのポイント】

  1. 眉下のシースルーウザバング
  2. 幅の設定を少なくしつつチョップカットで束感を作りやすく
  3. リップ上のながざでサイドバングをつくって小顔に

担当サロン:Maria by afloat(マリア) 山田 祐里さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.186【ひし形・ロング・ウザバン】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

美人度アップの「かきあげ」スタイル【8例】

【1】2wayバングのフレーミングカラーセミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. レングスはセミディ、ワンカールでも可愛いくなれるレイヤーカット。前髪は2wayバングに。
  2. 今回ポイントとなるのが、2021年から人気爆発したフェイスフレーミングカラー。(フェイスラインをぐるっと囲ったように見えるオシャレなデザインカラーのこと)。周りと差をつけたい、垢抜けたい、切る勇気はないけどイメチェンしたい!という方にオススメです。
  3. 顔周りの好きな箇所をダブルカラーをして明るく染めます。脱色をするだけでも可愛いですが、このモデルさんのようにピンク色などを入れて様々なカラーを楽しむことができます。

【how to “スタイリング”】

  1. 32ミリのカールアイロンで、毛先は外ハネ、中間部分は全て外巻きに。
  2. 前髪は立ち上がるように最初に根元だけ水スプレーなどで濡らし、逆毛を立ててかきあげていきます。
  3. 巻く前にMTGのロックオイルをつけると一日中巻きがキープされ、崩れにくいです。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン) 小野寺 瑞希さん

 

初出:夏におすすめ!ピンクベージュのフレーミングカラーでマスクでもお洒落に

記事を読む

【2】かき上げバングのモテ暖色セミロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 胸下のレイヤースタイル。顔周りにそう毛流れは、かき上げバングができるようにどこで分けても大丈夫なようにしています。
  2. カラーはイルミナカラーのサファリ12トーン。暖色のベージュカラーなので、前回入れたハイライトにうまくなじんでグラデーションのようにも見えます。
  3. なじみがいいので、グレーヘアにもおすすめの色見です。

【how to “スタイリング”】

  1. 32ミリのアイロンで毛先をワンカール内巻きにし、顔周りを中間から外側に巻きます。
  2. それに繋がるように前髪も流すように巻きます。
  3. 全体的にくびれが出るようにミックス巻きにしているので、かき上げてもきれいにスタイルが決まります。
  4. ツヤの出るバームを全体に馴染ませて完成。

担当サロン:Surpass 星 晃介さん

 

初出:大人のモテ暖色セミロングヘアはかき上げバングに決まり

記事を読む

【3】癖を活かした大人ミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. セミグラデーションカットで痛みを取る程度にしながらも、顎下リップラインで一度シルエットを取って、その下部分との段差を作っています。
  2. そうすることで、上の段(顎下)でくびれができるので、メリハリスタイルが生まれます。流れるかき上げ前髪も出来て、大人の華やかさも作れます。
  3. DELAの髪質改善トリートメントを繰り返したことで、髪に艶が蘇りまとまり感の悪かった癖毛もしっかりなじむようになりました。
  4. カラーは9トーンのカカオブラウン。中明度なハイライトを月1で繰り返して、白髪を生かして仕込んであるハイライト部分に白髪染めでは出せない透明感を作ります。
  5. 直毛の方は毛先にワンカールパーマをするとスタイリングが長持ちします。

【how to “スタイリング”】

  1. 乾かす際に、必ず毛穴を起こすように乾かし、毛流れを浮き立たせます。分け目は大人の雰囲気抜群、7:3に分けて顔まりに髪がかかるように毛流れを持ってきます。
  2. デザインの縁取り(毛先、顔まわり、トップの毛先)トリートメントバームをつければ、毛流れも強調できオシャレ感をつくれます。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木 拓也さん

 

初出:アラフィフでも髪は甦る!癖を活かした大人のミディアムヘア

記事を読む

【4】印象UPの大人のアッシュベージュロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 胸上レングスで、ベースを前上がりにカット。顔まわりにしっかりレイヤーを入れます。
  2. 前髪は独立した長めのシースルーに。ナチュラルな動きで、細毛さんでもふわっとボリュームアップさせます。
  3. カラーは7レベルのアッシュベージュに。清潔感のある上品な色味で、赤みをおさえて透明感を引き出します。ツヤ感があり、好印象間違いなし。

【how to “スタイリング”】

  1. 32mmのコテで毛先を外ハネにしてから、表面はフォワード&リバースのMIX巻きに。顔まわりはリバースに巻きます。
  2. 柔らかい質感をつくるバームを内側からつけて、毛先の動きを整えたら完成です。

担当サロン:MINX銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 花岡 瑠斗さん

 

初出:シースルーバングが目元を強調!印象UPのアッシュベージュ×大人ロングレイヤー|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【5】大人っぽい艶髪ロングストレート

【how to “ベース&カラー”】

  1. カットラインは、全体的にレイヤーの幅も狭くローレイヤーの重めです。こうすることで、巻かないストレートでもまとまりが出ます。
  2. 前髪をリップから顎ラインで作って、顔まわりに動きを出しています。
  3. 全体に8.5トーン位のアッシュブラウンに、細めで細かめに、12トーンのナチュラルベージュがハイライトで入ってます。このカラーなら白髪ヘアもきれいにまとまるのでおすすめです。

【how to “スタイリング”】

  1. 38ミリのカールアイロンで毛先を逆巻に巻いた後、表面の髪を厚めに取りリバースに中間巻きをします。前髪は、毛先のみをリバースに巻いて流します。ワックスを揉み込んで完成です。
  2. 今回は巻いていますが、日ごろ巻かなくてもカットでまとまるようにしているので、きれいなストレートヘアが楽しめますよ。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:艶髪ロングストレートは憧れ!大人のナチュラルロングヘア

記事を読む

【6】ナチュラル&フェミニンな色っぽミニボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースカットは、アゴラインのミニボブ。中間からグラデーションを入れ、トップにはレイヤーを入れることで、女性らしい丸みシルエットと軽さを両立させます。
  2. 前髪は、ほお骨にかかる長さでカットし、柔らかさが出るように調整します。
  3. カラーは、7レベルのグレーベージュに。日本人の赤みを打ち消しつつ、透明感と柔らかさを出してくれます。明るすぎず、暗すぎない明度が春カラーにおすすめ。

【how to “スタイリング”】

  1. 前髪とトップのみ、32mmのカールアイロンで内巻きにワンカール。
  2. トップは、髪を真上に引き出し巻くと、柔らかい仕上がりに。
  3. クリームワックスとオイルを手に伸ばしたら、毛先からクシュっと大きく揉み込むようにつけます。
  4. しっとりとした質感+動きがあることが鍵なので、スタイリング剤はMIX使いが鉄則です。

担当サロン:TORA by grico(トラ バイ グリコ) バタコさん

 

初出:春らしいナチュラル&フェミニンに!小顔見えの色っぽミニボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【7】ツヤ感のある柔らかハンサムショート

【how to “ベース&カラー”】

  1. 前髪を長めに設定し、ベースをハンサムショートでカット。サイドを前下がりにすることで、カッコ良さを演出します。カジュアルではなく大人っぽいイメージになるよう、レイヤーは少なめに。
  2. カラーは8レベルのヘーゼルグレージュをチョイス。暖かみのあるヘーゼルにグレーをMIXし、ツヤ感、クール、優しい印象をほどよく感じられます。

【how to “スタイリング”】

  1. パーマは20〜23mmの太めのロッドで、スパイラルに。前髪は毛先巻きにします。パーマはツヤ感のあるコールドパーマで。
  2. スタイリングは、7〜8割乾かしてから、ヘアバームを全体になじませます。ヘアバームは、軽い質感ながらツヤ感を出し、セミウェットな質感でパーマをキレイに見せてくれるので必須です。

担当サロン:S.HAIRSALON kitahama(エス ヘアサロン キタハマ) 石塚 大輔さん

 

初出:パーマ×ハンサムショートで柔らか見せ!ツヤ感アップの春ヘア|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【8】小顔効果抜群のくびれボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースカットは、アゴラインのボブ。サイドとバックは重さを残し、やや前上がりにカットします。
  2. 前髪は、巻いてほお下1cmとなる長さで切り、キレイに流れるように調整します。
  3. カラーは6レベルのラベンダーブラウンをチョイス。肌なじみがよく、長い時間綺麗な色を楽しめます。特に、色落ちすると黄色くなってしまう方におすすめ。

【how to “スタイリング”】

  1. ストレートアイロンで全体を外ハネに。ポイントのS字カールは、もみ上げ〜こめかみの髪を上半分は内巻き、下半分を外巻きにすることで実現。
  2. 前髪は、3パネルに分けて、内巻きにすると束感のある仕上がりに。
  3. 最後にしっとりめのオイルorバームを、中間から毛先に塗布したら完成です。

担当サロン:GARDEN ginza(ガーデンギンザ) 石原 萠さん

 

初出:レイヤーなしでもナチュラルなくびれを実現!小顔も望める女っぽボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

万能「斜めバング」スタイル【5例】

【1】360度美しい色っぽボブ

\サイドのシルエットがポイント/

【SIDE】

【BACK】

【スタイルのポイント】

  1. ワンレンベースのグラデボブ。やや前下がりのシルエットで360度美しい印象に。
  2. アレンジもしやすいように、肩すれすれに設定したレングスもポイント。
  3. カラーはピンク寄りのブラウンで、重くなりがちなボブを軽快に!

担当サロン:SUN VALLEY 朝日 光輝さん

 

初出:宇垣美里「ロングヘアに未練なし! ワクワクでこの日を迎えました」|360度美しい色っぽボブに変身

記事を読む

【2】コーラルピンクの大人ショート

【how to “ベース&カラー”】

  1. 軽く流れが出るようにショートのレイヤースタイルに。
  2. 薄めに流すように作った前髪は、写真のように少しおでこにかけても良し、すべてサイドに流して前髪なしにするも良しの2WAYスタイルになります。
  3. カラーは10レベルに仕上がる様に明るくハイライトを入れた彩度濃いめのコーラルピンク。時間が経つにつれて現れるハイライトが根元の白髪をぼかしてくれます。また、明るめのコーラルピンクも、ショートヘアなら派手にならずに大人の春色ヘアに♪

【how to “スタイリング”】

  1. フォルムがきれいに出るようにカットしているので、アイロンなどでのスタイリングは不要!
  2. 乾かすときに手櫛で、全体を内側から持ち上げるながら、下に流すように乾かすことでふんわり感を出せます。
  3. きちんと乾かせたら、毛先、顔まわり、トップの毛先にトリートメントバームをつければ、毛流れも出てオシャレ感をつくれます。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木 拓也さん

 

初出:コーラルピンクとショートの春色大人ヘアで気分もアップ

記事を読む

【3】丸みが可愛い大人の小顔ショートボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 大人のかっこよさが光るショートは、リップラインの前下がりショートボブがオススメ。軽くレイヤーを入れて、毛流れを整えてあげるだけできれいに決まります。
  2. カラーは、全体的に11トーンのオリーブブラウンで染めてます。顔まわりの毛先にブリーチを入れて、ベージュに染めてアクセントを作ることでお洒落度がアップ。さりげなく入れているので派手になりません。

【how to “スタイリング”】

  1. トップの根元を水で濡らし、ドライヤーでボリュームが出るように乾かします。
  2. 手のひらで、バームとオイルを混ぜて、髪の中間毛先中心に馴染ませます。
  3. 最後に前髪の毛先につけて、完成です。巻く手間もなく、時間ヘアとしてもおすすめです。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:丸みが可愛い大人の前下がりショートボブ

記事を読む

【4】流し前髪のふんわりロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 顔まわりに、ハイライトを入れたロングレイヤースタイルです。肩より下に、レイヤーが入っていて、少し重めスタイルになっています。
  2. 前髪は、やや厚めにして、おでこの形をカバーしてます。前髪を高い位置から作ることで、トップがふんわりとして見えます。
  3. ハイライトは、ブリーチをして、ベージュを重ねるWカラーにしています。全体は、10トーンのココアブラウンにしています。色味をブラウン系に統一することで大人の落ち着いた雰囲気が醸し出されます。

【how to “スタイリング”】

  1. スタイリングは32ミリのカールアイロンで、毛先をワンカールさせた後、表面を縦に巻き込んで、ウェーブに仕上げています。
  2. 大豆1つ部分ぐらいのワックスを手にしっかり広げて、指の間にも伸ばし、優しく手櫛のようにウェーブになじませたら完成です。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:Wカラーで作る大人のロングレイヤースタイル【40代・50代におすすめ】

記事を読む

【5】ボリュームアップスタイルのウェーブショート

【how to “ベース&カラー”】

  1. 長めの前髪とトップのボリュームがエレガントに見えるスタイルで、大人の雰囲気を出してくれます。
  2. 前髪を長めに設定して、顔まわりは前髪に繋がるようにカットします。トップも、前髪に繋がるようにカットすることで、分け目がハッキリつかないようになり、ボリュームアップのヘアが完成します。
  3. カラーはせずに地毛で。パーマは毛先に緩めのウエーブを軽くつけるだけでOK。パーマに抵抗がある方はアイロンで最後に巻いても大丈夫です。

【how to “スタイリング”】

  1. 髪全体を水で濡らしたら、洗い流さないトリートメントをつけて、ドライヤーの弱風で乾かします。
  2. 8割乾いたら、ワックスムースを揉み込んで、自然乾燥させれば完了です。
  3. より、トップにボリュームを出す為に、分け目をはっきり作らないように、7:3に分けて、片耳かけるとよいです。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:大人のペタンコヘアはボリュームアップスタイルで若返りを

記事を読む

大人も似合う「ぱっつんバング」スタイル【2例】

【1】ベビーバングが大人可愛いボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースはぱっつんのワンレングス。前髪は、ちょっと短めで重ためのぱっつんベビーバングにしてみました。
  2. カラーはアディクシーカラーのネイキッドコーラル13レベルにペールラインのペールピンクを10%混ぜています。
  3. しっかりとベースを明るくする事によって色味を入れても濁ったり暗くなりすぎず透明感と発色の良さが綺麗に出てくれます。

【how to “スタイリング”】

  1. スタイリングは毛先のみ32ミリのコテで通すように毛先だけを外ハネに。外ハネにする事で動きが出てしっかりと色味が出た髪と合わせてよりアクティブなイメージへ。
  2. スタイリング剤は軽めのバームを薄く付けて毛先の動きをキープしながらも重くならないようにしています。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 杉浦 友哉さん

 

初出:一足お先に夏色ヘア♪コーラルカラーとベビーバングで大人可愛いボブ

記事を読む

【2】ぱっつんでも子供っぽくない美艶ロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 胸下でベーシックなワンレングスにカット。
  2. 前髪は、骨格に合わせ思い切ってワイドに取り、垢抜けたイメージに。重さを出すのもポイントです。
  3. カラーは、5レベルのアッシュグレージュをチョイス。青みをしっかり入れることで、暗髪でも透明感のある仕上がりに。

【how to “スタイリング”】

  1. ツヤ感が出るようにストレートアイロンを通し、毛先に少しだけ丸みをつけます。
  2. 重めのオイルを中間から毛先になじませたら完成です。髪の膨らみが気になる場合、塗布量を調整して多めでも。

担当サロン:S.HAIR SALON (エス ヘアサロン) 今泉 美穂さん

 

初出:ダークカラーで魅せる!モード感たっぷりな美艶ロング|最旬ヘアカタログ

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事