ヘアスタイル・髪型
2018.12.3

硬い髪質でも柔らかく見える“ほつれ系ウエーブロング”で、冬のおしゃれを楽しんで!

ざっくりしたニットに巻き髪ロングは、冬の大人可愛いスタイルの定番です。でもゴロンした巻き髪や、ボリュームが出過ぎたウエーブではおしゃれ感はイマイチ。今っぽさを出しつつニットに似合うロングは、断然ほつれ系ウエーブです! ほつれ系とは、裾の毛束が細めで隙間があるウエーブのこと。ゆるくウエーブのかかった細いひと束が裾で重なったスタイルで、まとめた毛糸をほぐしたようなイメージです。ほつれ系ウエーブの良い点は、華やかでありつつ隙間があるのでそこまでボリュームを感じさせないところ。毛束はゆるいウエーブでも、毛先をしっかり巻いているので華やかな印象になります。でも全体的に裾に隙間があるので、ボリュームが出過ぎる心配はなし。このバランスが、ざっくりニットの上で揺れても重たく見えないウエーブロングとして絶妙なんです。またしっかりほぐしたウエーブヘアなので、硬い髪質でも柔らかく見せる嬉しい効果もあり。この冬、ニットに合わせて大人可愛いヘアを狙うなら、真っ先にこのロングにTRYすることをおすすめします!

前髪に隙間を作ると、“ほつれ系ウエーブ”との相性が良くおしゃれ度UP

%e3%81%bb%e3%81%a4%e3%82%8c%e7%b3%bb%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%96%e2%91%a0

【How to“ベース&カラー”】

胸丈のゆるやかな前上がりベース。顔周りと表面にレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。前髪はパカッと割れないように厚めに取り、目にかかる長さでカット。こめかみに落ちるサイドバングは長めに残し、前髪全体の毛先が自然にサイドに流れるように毛量調整します。カラーは7トーンのラベンダーベージュ。暗めでも光に当たると透けやすく、柔らかな質感に見える色味です。

 

%e3%81%bb%e3%81%a4%e3%82%8c%e7%b3%bb%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%96%e2%91%a1

【How to“スタイリング”】

前髪を乾かすとき、左右から風をあてて乾かすと割れにくくなります。またロングは裾の重さでトップがペタンとなりがちなので、必ず毛束を持ち上げながら乾かしふわっと感を出して。32㎜のアイロンで、まず全体の毛先を内巻きにワンカール巻きます。それから毛束を細かく取り、中間から毛先に向かってリバース巻きに。リバースに巻くと華やかさが出ます。前髪の毛先も軽く巻き自然にサイドに流します。パサついて見ないようツヤが出るオイルを全体になじませます。毛束を裂くように広げ、隙間を作るように束感を整えて。前髪にも隙間を作れば完成です。
きれいに巻こうとせず、少量ずつザクザク巻いてOK。最後にオイルをなじませながら、しっかり巻きを崩すことがおしゃれに見せるコツです。スタイリングは慣れると簡単なので、ぜひマスターして冬のおしゃれを楽しみましょう!

 

s_gardenharajuku%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク)
担当サロンページはこちらから
GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク)

 

ヘアスタイリスト/中尾祐太(GARDEN harajuku) モデル/内野七星 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事