ヘアスタイル・髪型
2020.8.21

即、試せる!超簡単!ポニーテールの結び方&つくり方【基本ベース/結ぶ位置/小技アレンジ】

ボブからロングまでどのレングスでも簡単にできる定番アレンジのポニーテール。男女共にウケが良く、お仕事シーンからパーティーシーンまで幅広く活躍できます。ベースの作り方から結ぶ位置、可愛く見えるコツまで、『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからいつものポニーがおしゃれに見えるテクニックをたっぷりご紹介します。

まずこれから!つくり方3パターン【基本】

<基本の手順>

Point

#1:ベースを作る。
#2:1本にまとめて結ぶ。
#3:結び目を隠す。
#4:トップやサイドをつまんでフォルムをつくる。
#5:後れ毛を巻いたり、浮き毛をおさえる。

【1】ワックスでふんわりベースをつくってから結ぶ

\動画でやり方をCHECK/

\How to/
【STEP1】ワックスを髪全体につけてふわふわベースを作る。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP2】後頭部で髪をひとつにまとめる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP3】前髪・耳横・トップの髪の毛を引っ張り出す。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP4】後頭部の高い位置にポニーテールを作る。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP5】結び目を上下にひっぱる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP6】結び目が隠れるように、毛先を巻き付けてピンで留める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP7】逆毛を立ててポニーテルを崩す。ふわっとしたフォルムに。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【中村アン風へアアレンジ】冬ポニーテール<ミディアム>

【2】手ぐしでざっくりまとめるといい感じにラフになる

\動画でやり方をCHECK/

\How to/
【STEP1】手ぐしで高めの位置に髪を集める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP2】前髪を左右一束ずつ出す。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP3】トップとサイドの髪を引き出して立体感を出す。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP4】ゴムで強めに結ぶ。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP5】縦に結び目を引っ張って結び目を締める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP6】結び目が隠れるように、毛先を巻き付けてピンで留める。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【STEP7】手ぐしでざっくりと逆毛をたてる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【中村アン風へアアレンジ】冬ポニーテール<ロング>

【3】結び目を隠すなら飾り付きのヘアゴムもおすすめ

\動画でやり方をCHECK/

\How to/
【STEP1】事前にワックスを髪全体へよく揉み込んでおく。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP2】こめかみの毛束を残し、手ぐしでひとつにまとめる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP3】飾り付きのゴムで結ぶ。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP4】ウェットなワックスを手につけ、トップをなでて浮き毛を押さえる。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
【STEP5】顔周りの後れ毛をストレートアイロンで巻く。

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする
緩やかカールの後れ毛が1本結びをエレガントに

「ベース」は5パターン! ストレートでも巻きでもどっちもアリ♪

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

\ヘアアイロンを使って根元からきちんと伸ばす/

・根元付近から毛先までヘアアイロンを通し、ストレートヘアにする。
・うねりやすい髪質の人や湿気が多い日はストレートミストをつけてから伸ばすのがポイント。

\相性がいいのは表面も整えたタイトポニー/

【SIDE】

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【BACK】

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

【FRONT】

【ベースの作り方1】ヘアアイロンで綺麗な「ストレート」にする

ロングヘアの簡単アレンジ|涼しげに見える後れ毛控えめのタイトポニー

【ベースの作り方2】後れ毛までかわいい「ランダム巻き」

\教えてくれたのは…YU-Uさん

【ベースの作り方2】後れ毛までかわいい「ランダム巻き」

東京恵比寿にあるヘアサロン『N.Mist』にてスタイリストとして活躍。リアリティのある簡単こなれアレンジのエキスパート。
インスタグラム@nyan22u22nyan

\YU-Uさんのヘアアレンジのコツ/

・ランダム巻きをべースに!
・鉢下を全体的に緩く巻き、後ろの表面には3毛束くらい縦巻きのくるっと立体的なカールをプラス。
・柔らかい毛流れが出て、こなれ感アップ。

【ベースの作り方2】後れ毛までかわいい「ランダム巻き」

\相性がいいのはゆるゆる後れ毛ポニー/

【FRONT】

【ベースの作り方2】後れ毛までかわいい「ランダム巻き」

仕事の日は邪魔にならないすっきりめアレンジをしている分、休みの日は自分の好きなスタイルを楽しみます。

【BACK】

【ベースの作り方2】後れ毛までかわいい「ランダム巻き」

不器用さんでも簡単アレンジ♪ 後れ毛ポニーテール|1週間アレンジ

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

\教えてくれたのは…インスタグラマー 星 玲奈さん@reinahoshi)/

『美的』読者からも高い支持を集める星さん。「アレンジが素敵!」と話題のインスタグラマーが、誌面でセルフアレンジを披露。ちょっと手を加えただけなのにこなれて見えるテクニックを教えてもらいました!

\ストレートと比べて「こなれ感」がUP/

【BEFORE】

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

【AFTER】

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

こなれ感たっぷりのくずしひとつ結びは、大人フェミニンな印象。くずしたアレンジで抜け感が生まれ、着こなしがよりシックに見えると「いいね」の嵐!

\星 玲奈さんのくずしワザ/

■髪をバラけさせる。
・一気に巻くとカールがまとまってしまうため、少なめの毛束でランダムに巻く。
・巻いた後にしっかりほぐすことも大事。

■スタイリング剤はハードスプレーのみ!
・「キープ力は高いのに、白い粉が出なくて使いやすい」というスプレーを愛用。
・ベースから仕上げまでできるスグレもの。

■結ぶ前にくずしておく。
・髪を集めながら部分的に髪を引き出してくずし、結ぶ前にある程度形を作っておく。
・結んでからくずすより、こなれた感じに。

\How to/

【STEP1】
・表面は少なめの毛束で巻く。
・32mmのアイロンで、リバースとフォワードのミックス巻きに。
・表面は少ない毛束でランダムに巻く。

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

【STEP2】
・髪がバラけるようにスプレーを。
・髪の内側から空気を入れてカールをほぐしながら、ハードスプレーを吹きつける。

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

【STEP3】
・分け目を曖昧にする。
・分け目を曖昧にボカすと、たちまちこなれた雰囲気に。
・髪を横分けにして、根元にスプレーを。

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

分け目が曖昧になり、根元がキープされてトップに高さが出るためフォルムが決まりやすくなる。

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

\結ぶ前にワンポイントテクニック/

・まとめるときに髪を引き出す。髪を後ろにまとめる。
・まとめるときにサイドと襟足はタイトに、後頭部はふんわりさせてから結ぶ。

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

\相性がいいのはトップはふんわり×サイドはタイト/

【ベースの作り方3】「巻いてくずす」ことでこなれた印象に

サイドはタイトだけど、トップや後頭部はふんわり。表面に作った筋っぽい毛束も、こなれた印象。

ヘアアレンジが素敵な人気インスタグラマーが披露!今日から実践できるこなれヘアテクニック

【ベースの作り方4】ヘアオイルは巻く前につけるべし

\教えてくれたのは…acca 伊勢丹 新宿店 店長 野田さつきさん

【ベースの作り方4】ヘアオイルは巻く前につけるべし

髪質:毛量は多めだが、やや細めでやわらかい。
髪の長さ:鎖骨まであるセミロング。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:明るめのブラウン。
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:ドライヘアで広がりやすいが、軟毛ゆえトップが潰れやすく、巻いてもカールが取れやすい。

\ヘアオイルをつけて乾燥を防ぐ/

・ヘアオイルを髪全体になじませて乾燥ケアを。
・オイルを手のひらと指の間にもなじませて、手ぐしで髪をとかすようにまんべんなく塗布します。
・髪を巻いた後につけるとせっかくのカールが手ぐしで取れやすくなるので、巻く前につけるのがお約束。

【ベースの作り方4】ヘアオイルは巻く前につけるべし

\おすすめアイテム/

【ベースの作り方4】ヘアオイルは巻く前につけるべし

■ナプラ N. ポリッシュオイル 150ml ¥3,400
・少し重めのテクスチャーで、乾き知らずになります。
・程よいまとまり感とツヤ感が出るところもお気に入り。

トップのボリュームをキープしつつヘアゴム2本使いで飾りを“映え”させる!|顔の丸みもカバーするポニーテールテクニック【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.89】

【ベースの作り方5】毛先まで美しく見せるヘアミストを仕込む

\教えてくれたのは…クロス・エ・キューブ代表 松藤あつこさん

【ベースの作り方5】毛先まで美しく見せるヘアミストを仕込む

髪質 毛量はふつうで柔らかい。生えグセあり。
ヘアカラー ナチュラルブラウン
パーマ なし
髪コンプレックス 産後の抜け毛で毛量が減ってしまったことと、生えグセがあり、うねりが出やすいこと。

\ロングヘアのまとめ髪はしっとり感がマスト!/

・まとめ髪にするロングヘアのアレンジで一番大切なのは、質感調整です。パサついていると老けて見えるので、アウトバストリートメントをヘアスタイリング剤代わりに使い、ベースの髪にしっとりとしたツヤ感を出しておくことが大切です。

・ 中間〜毛先にトリートメントミストを。毛先のパサつきは、老けて見える原因に!髪の中間〜毛先にトリートメントローションを吹きかけ、髪の乾燥やうねりを抑え、しっとりまとまりやすい髪に。

【ベースの作り方5】毛先まで美しく見せるヘアミストを仕込む

ロングヘアの簡単まとめ髪は「髪の質感調整」と「ヘアアクセ選び」次第で断然垢抜ける!【髪コンプレックス解消 vol.41】

「結び方・高さ」はどうする?4つの基本位置

【1】まとめ髪の黄金比「ゴールデンポイント」

【1】まとめ髪の黄金比「ゴールデンポイント」

「ゴールデンポイント」とは、あごと耳を結んだ線の延長上を指します。高すぎず低すぎず髪をまとめる時の黄金比。ここでまとめると頭皮や肌が引っ張られて顔がすっきり見え、明るい印象になります。

夏に挑戦したい涼やかヘアアレンジ~高めポニーテール~

【2】高めに結んだ「ハイポニー」は元気な印象に

カールが可愛い高めポニーテール
ポニーテールは高めの位置がおしゃれ。ひとつにまとめた毛束は広げて、ピンで毛先を留めると、ふわっとしたカールの動きを生かしながら、ボリューム感が出ます。

カールポニーテールで 洗練

【3】落ち着きのある印象になる「ローポニー」

ラフ感が余裕を醸し出す大人ポニー
大人の余裕を感じさせる低い位置のポニーテールでセンス良く。襟足の下3cmの低い位置でざっくり結んだローポニーテール。耳を隠すとラフ感が出ます。

大人の余裕を感じさせる低い位置のポニーテールでセンス良く♪

【4】結ぶ位置をずらすだけでおしゃれ度アップ「サイドポニー」

【4】結ぶ位置をずらすだけでおしゃれ度アップ「サイドポニー」

ほんの少しサイドに寄せるのがポイント。結ぶ位置を少し位置をずらすだけでワンランクアップ。

ほんの少しサイドに寄せるだけでワンランクアップ♪「あか抜けサイドくるりんぱ」

いつものポニテが素敵になるちょっとした「6つのテクニック」

\教えてくれたのは…5人の美容プロ達

・ヘアアレンジが得意なモデル・有村実樹さん&辻元 舞さん
・France Luxe PR・西村カナコさん
・GARDEN Tokyo トップスタイリスト・津田 恵さん
・インフルエンサー・田中亜希子さん

【テクニック1】後れ毛だけでも巻くと変わる

\後れ毛は必ず巻いてスタイリング剤をつけること/

【テクニック1】後れ毛だけでも巻くと変わる

NG!そのままの後れ毛。

【テクニック1】後れ毛だけでも巻くと変わる

OK!巻いた後れ毛。

「後れ毛は必ず巻いてスプレーを。そのままだと老けて見えます」(モデル・有村さん)
「スタイリング剤をつけて、ボサボサに見えないように注意します」(モデル・辻元さん)
「ゆるっとした後れ毛は、かわいいだけでなく小顔効果もあるんです」(GARDEN Tokyo トップスタイリスト・津田さん)
「S字カール+ワックス使いで、甘すぎない後れ毛ができます」(インフルエンサー・田中さん)

【テクニック2】サイドは耳を隠すとダサくならない

\髪をまとめるときは、耳の上部を隠すこと/

【テクニック2】サイドは耳を隠すとダサくならない

NG!耳は全開。

【テクニック2】サイドは耳を隠すとダサくならない

OK!耳を隠す。

「髪をまとめるときは、耳の上半分を隠すと優しげな印象に。全部出ていると、明るく強い雰囲気になります」(モデル・有村さん)
「1度髪を全部耳にかけてから、表面の髪だけを引き出して隠すと、乱れにくいですよ」(GARDEN Tokyo トップスタイリスト・津田さん)

【テクニック3】巻きベースの時は毛先までちゃんと巻く

\毛先まできちんと巻くこと/

【テクニック3】巻きベースの時は毛先までちゃんと巻く

NG!毛先は逃す。

【テクニック3】巻きベースの時は毛先までちゃんと巻く

OK!毛先まで巻く。

「毛先までしっかり巻き込んだ、大きめのカールにすると、ふんわりしたツヤが出て甘く見えます。逆に、毛先を逃した細かなカールは、ラフでクールなイメージ」(モデル・辻元さん)

【テクニック4】分け目はふんわり曖昧にするとおばさんぽくならない

\分け目を曖昧にして、ふんわり感を出すこと/

【テクニック4】分け目はふんわり曖昧にするとおばさんぽくならない

NG!ペタンコ。

【テクニック4】分け目はふんわり曖昧にするとおばさんぽくならない

OK!ふんわり。

「くっきり直線的な分け目にすると、トップや顔周りがペタンとして寂しげな感じ。分け目をジグザグにすると、根元が立ち上がるので地肌が隠れてふんわりし、たちまち可愛らしいムードになります」(モデル・有村さん)

【テクニック5】前から見た時こめかみは隠すべし

\こめかみを隠して、おでこを丸く見せること/

【テクニック5】前から見た時こめかみは隠すべし

NG!おでこ全開。

【テクニック5】前から見た時こめかみは隠すべし

OK!こめかみを隠す。

「オールバックは辛口な印象になるので、こめかみや生え際を隠すように前髪は分けてまとめます」(モデル・辻元さん)
「おでこの角ばった部分が出ないように後れ毛で隠し、卵形の顔型になるようにすると可愛く仕上がります」(GARDEN Tokyo トップスタイリスト・田中さん)

【テクニック6】横から見た時綺麗なのは後頭部のふくらみ

\後頭部に丸みを作ること/

【テクニック6】横から見た時綺麗なのは後頭部のふくらみ

「横から見ても丸いシルエットになるように、トップだけでなく、眉毛の高さあたりの後頭部もふっくらさせるのがコツ。フェミニンなイメージになるだけでなく、後頭部の絶壁のお悩みもカバーできちゃいます」(France Luxe PR・西村さん)

ヘアアレンジのプロ直伝! より可愛く見えるヘアアレンジのマル秘テク8つ

「高い位置」でかわいく結ぶ!ハイポニーテール【5選】

【1】外でアクティブに遊ぶ時にぴったりの高めポニー

【1】外でアクティブに遊ぶ時にぴったりの高めポニー

\“ボリュームハイポニー”でアクティブオーラを振りまいて/

・好感度の高いポニーテール、外遊びでは高い位置で結ぶのがイチ推し!
・キリッと見せながらも、毛束をボリューミーにすることで軽やかさも出てGOODバランスに。

\How to/

・髪全体を、手ぐしで後ろの高い位置に集める。
・襟足はきっちりした方がくずれにくいので、再度コームで整えて。
・飾りゴムで結んだら、指を使って毛束を逆毛にしてふんわりボリュームアップ!

【1】外でアクティブに遊ぶ時にぴったりの高めポニー

夏のアウトドアイベントは高めポニーテールでアクティブに♪

【2】あえてたるませた大人の高めポニー

あえてたるませた大人の高めポニー
\ヘアスタイルのポイント/

・元気で若々しいイメージのポニーテールを、こなれ系にスイッチするカギは、“脱力感”にあり。
・下をたるませ、トップの丸みもたっぷり出しながら、タイトな結び目でメリハリを!
・下をあえてたるませルーズにまとめ、はらりと落ちたようなナチュラル後れ毛。

【BACK】

あえてたるませた大人の高めポニー
\How to/

【STEP1】
・後れ毛を残してまとめる。
・耳後ろの髪を後れ毛用に細く分け取る。
・下をたるませながら全体をまとめ、後頭部の位置で結ぶ。

あえてたるませた大人の高めポニー
【STEP2】
・トップの毛束を引き出す。
・結び目を手で押さえながら、トップの毛束を細く引き出す。
・ハチが張り気味な人は、やや高めに引き出して。

あえてたるませた大人の高めポニー
【STEP3】
・ゴムに毛束を巻きつける。
・ポニーテールから毛束を1本取り、ゴムに巻きつける。
・最後はゴムの下でピンを挿して固定。

あえてたるませた大人の高めポニー

たるませシルエットでほのかに色っぽく♪ 「大人の高めラフポニー」

【3】大人ガーリーなハイポニーテール

大人ガーリーなハイポニーテール
トップの毛のボリューム感が 外国人風のおしゃれ感。

\How to/

【STEP1】
・少しずつ前髪の毛束を取り、手グシで逆毛を立ててボリュームを出す。
・クレイ系のベタつかないワックスをつけておくと形づきやすい。

大人ガーリーなハイポニーテール
【STEP2】
・1で出したトップのボリュームをつぶさないように気をつけながら、髪全体を手グシで集める。
・高い位置でバナナクリップで留める。

大人ガーリーなハイポニーテール
【STEP3】
・クリップを片手で押さえ、トップをつまみ出して膨らみを調節。
・サイドはタイトめにトップはふんわりが◎。毛先も柔らかく散らす。

大人ガーリーなハイポニーテール

大人シンプル ポニーテール

【4】ハイポジションだけど大人の女性らしい位置に

デートにぴったり高めポニーで可愛く
\ヘアスタイルのポイント/

・ハイポジションのポニーテールでといっ ても、高くしすぎず、後頭部の上方くらい で、女らしさと大人っぽさが保てる位置に キープしましょう。
・全体を巻いた柔らかそ うな毛の質感と揺れる毛先、はらりとかか る前髪、潔く上げたうなじに、男子はグッ と来ること間違いなし!

【BACK】

デートにぴったり高めポニーで可愛く
\How to/

【STEP1】
・ヘアアイロンで前髪とサイドを1回転リバース巻きのくせ毛風にして、束ねるときは多めに残して後れ毛に。
・全体は毛先だけ内巻きに。

デートにぴったり高めポニーで可愛く
【STEP2】
・多めに後れ毛を残しながら、手ぐしで全体の髪の毛を高い位置に集めて、ゴムで結びます。
・指を通した跡が残るくらいのざっくり感が◎。

デートにぴったり高めポニーで可愛く
【STEP3】
・結んだ毛束から細く毛束を取り、結び目のゴムが見えないように巻きつけて隠し、ピンで留めます。
・ピンもなるべく隠して留めて。

デートにぴったり高めポニーで可愛く
【STEP4】
・片手で結び目を押さえながら、もう片方の手でトップとサイドの髪を引っ張り出してニュアンスをつけます。
・前髪を散らして、完成。

デートにぴったり高めポニーで可愛く

女の子の柔らかさをフルアピール 「デートポニーテール」

【5】トップのボリュームとざっくり感で大人の余裕を醸し出す

トップのボリュームとざっくり感が大人のロングポニー
【FRONT】

トップのボリュームとざっくり感が大人のロングポニー
\How to/
【STEP1】
・全体をヘアアイロンでゆる巻きにし、手グシでざっくりまとめ高めに結ぶ。
・サイドはピタッと。

トップのボリュームとざっくり感が大人のロングポニー
【STEP2】
・結んだ毛束から細く毛束を取る。
・結び目にクルクルと巻きつけてピンで留め、ゴムを隠す。

トップのボリュームとざっくり感が大人のロングポニー
【STEP3】
・結び目がずれないように手で押さえる。
・トップの毛を引き出してやや盛りを作る。

トップのボリュームとざっくり感が大人のロングポニー

“ゆる”と“ピタ“の組み合わせで、こなれ感もモード感も一挙両得!ざっくりポニーテール

「低い位置」なら大人っぽく見える!ローポニーテール【5選】

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

\教えてくれたのは…ヘアサロンchobbi スタイリスト wacoさん

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

髪質:太めの直毛。量も多い。
髪の長さ:肩にかからない長さのボブ。前髪は目にかかるくらいの長さ。
ヘアカラー:髪が柔らかく見えるように明るめのベージュブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:毛量が多いうえ、前髪に生えグセがあり、左右に分かれやすい。

\How to/

【STEP1】髪全体にバームとオイルを混ぜてなじませる。
・髪をまとめやすくするために、バームとオイルを1:1で混ぜたスタイリング剤を全体になじませます。
・オイルだけだとバーコードのように髪が割れてしまいやすいので、ワックスを混ぜて、ツヤと毛束感を出します。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【STEP2】毛先をコテで軽く内巻きに。
・ポニーテールにしたときに、毛先がツンツンしていると毛量の多さが目立つので、コテで軽く巻いてまとめます。
・手首を返すくらいの軽いカールがバランス◎。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【STEP3】前髪ジグザグに取って斜めに持っていく。
・前髪を斜めにするときは、トップから指先をギザギザと動かして分けます。
・これなら分け目がきっちりつかず、生えグセも目立たなくなります。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【STEP4】耳下の高さでひとつに結ぶ。
・低めの位置でまとめるとぐっと大人っぽい印象に。
・耳下の高さの、襟足近くでヘアゴムを使って結びます。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【STEP5】前髪をアメピンで留める。
・前髪の毛先をヘアピンで留めて、斜め前髪をキープ。
・ヘアピンは下から入れこむと留まりが良く、動いてもズレてきません。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【STEP6】両サイドの耳に毛束をかける。
・サイドの毛束を少し引き出し、耳にかけます。
・タイトなスタイルでもきっちりしすぎず、しゃれ感がUP。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【STEP7】トップの髪をふわっと引き出す。
・全体のバランスを見ながら、トップの髪を引き出してふわっとさせます。
・タイトな前髪とテンションを揃えるため、少しずつ毛束を引き出すのではなく、トップの毛をひと握りして、ぐっと持ち上げるようにふんわりさせるのがコツ。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

【完成!】
・斜めの前髪と低めのポニーテールで大人っぽいタイトなスタイルが完成。
・でも、耳にかけた毛束やトップのふんわり感のおかげで、こなれた印象に。

【1】低めポニー×タイト前髪ですっきり大人のまとめ髪

多毛&クセあり前髪を落ち着かせてすっきりとした印象に|タイトな前髪と低めポニーテールで作る大人なまとめ髪テク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 108】

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

\教えてくれたのは…ヘアサロンKATE スタイリスト MAKOさん

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

髪質:太くもなく細くもなく、毛量も普通で直毛。
髪の長さ:バスト上まであるロング。前髪は鼻にかかる長さ。
ヘアカラー:ナシ
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:後頭部が絶壁のため、ひとつにまとめたときに目立ちやすい。

\How to/

【STEP1】髪を3つに分けてからひとまとめに。
・立体感を出しやすくするために、髪をトップから横の両サイドと、後頭部の3つに分けてからまとめます。
・後頭部の髪をまとめてから、両サイドの毛束をかぶせるようにすると、あとで後頭部の髪が引き出しやすくなります。

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

【STEP2】結ぶ位置は耳下の高さの低い位置。
・襟足ギリギリくらいの耳下の高さでひとつに結びます。
・低い位置で結んだ方が、あとで立体フォルムが作りやすいんですよ。
・このとき、先に耳に少し髪をかけておき、ひし形フォルムのベースを作っておくのがポイントです。

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

【STEP3】毛束を巻きつけてヘアゴムを隠す。
・結んだ毛束から少しだけ髪を取り、ヘアゴムに巻きつけていきます。
・毛先は毛束の下からヘアゴムの中に押し込みます。

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

【STEP4】後頭部の髪をぐっと引き出す。
・片手で結び目を抑えながら、後頭部の髪をつまんで引き出していきます。
・後ろに引っ張るのは、【STEP1】でまとめた後頭部の髪だけにすると、キレイな立体感が作れますよ。

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

【STEP5】サイドと襟足の髪もつまみ出してひし形フォルムに。
・サイドの髪は横に、襟足の髪は下に、少しずつ引き出していきます。
・襟足の髪をたるませると、ゆるっとした抜け感が出てこなれた印象になります。

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

【完成!】
・顔まわりが理想的なひし形で、落ち着いた低めのポニーテールがこなれた印象に。
・ゆるっとした襟足が、おしゃれな雰囲気を後押し。

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

【SIDE】

【2】ローポニーでも表面を立体的にして寂しい印象を回避

絶壁とは思えない美しい立体感。【STEP2】と見比べても、フォルムに雲泥の差が!

低めのポニーテールで絶壁をカバー!|どこから見えも美しい立体フォルムの大人っぽいひとつ結びテク【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 105】

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

\教えてくれたのは…acca 伊勢丹 新宿店 店長 野田さつきさん

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

髪質:毛量は多めだが、やや細めでやわらかい。
髪の長さ:鎖骨まであるセミロング。前髪は目の下くらい。
ヘアカラー:明るめのブラウン。
パーマ:ナシ
髪コンプレックス:ドライヘアで広がりやすいが、軟毛ゆえトップが潰れやすく、巻いてもカールが取れやすい。

\How to/

【STEP1】髪を巻きつけてから挟んでカールをしっかり出す。
・ゆるっとしたポニーテールが気分だから、毛先をコテで巻いて動きをつけます。
・コテは26mmを愛用。毛先からこめかみまでをコテの芯に巻きつけてから挟むと、カールが強めについて持ちがUPします。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

【STEP2】もみあげを出してから耳の高さでポニーテールに。
・もみあげで縦のラインを作ると顔の丸さをカバーできるので、髪を結ぶ前に少し引き出しておきます。結ぶ位置は耳の真ん中くらいの高さで。
・耳より低い位置で結ぶとトップにボリュームが出しにくくなってしまうので、この高さがベストです。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

【STEP3】飾りを上にしてふたつめのヘアゴムをつける。
・ヘアゴム1本だと髪のボリュームに埋まってしまうことがあるので、【STEP3】の結び目の下に並べるように、ヘアゴムをもう1本重ねます。
・飾りを結び目の上に置いてから結んで行くと、飾りがきちんと上を向きますよ。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

【STEP4】トップの髪をグッとつかんで引き出す。
・顔を縦長の印象にするために、トップにしっかりと高さを出します。
・片手で結び目を押さえながら、もう片方の5本指でトップの髪をつかんで持ち上げます。
・少しずつ引き出すよりボリュームを出しやすいですよ。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

【STEP5】サイドの髪を耳にかけてラフに。
・耳をしっかり見せると顔の輪郭が強調されるので、サイドの髪を引き出して耳にかけます。
・少しラフな雰囲気になって、今っぽい仕上がりになります。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

【完成!】
・ゆるっとやわらかく、女性らしいポニーテールの完成!
・高さのあるトップと下ろしたもみあげ、耳にかけた髪のおかげで、顔の丸さを感じさせない仕上がりに。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

【BACK】
・ルーズな雰囲気ながらもふたつのヘアゴムできっちりと固定。
・重ねた飾りが華やぎ感をUP。

【3】顔の丸さもカバーする美フォルムポニー

トップのボリュームをキープしつつヘアゴム2本使いで飾りを“映え”させる!|顔の丸みもカバーするポニーテールテクニック【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.89】

【4】パーティーやお呼ばれにもOK!スタイルが良く見えるローポニー

パーティーで1日たるまないお目立ちポニー
\ヘアスタイルのポイント/

・モードなローポニーは頭が小さくスタイ ルが良く見えるし、シンプルなのにワザも ある洗練されたアレンジ。
・こんなおしゃれ なヘアスタイルの彼女と一緒だと、友達に 自慢したくなります。
・大人っぽい斜め前髪 にも色気を感じて、ドキッ!

【BACK】

パーティーで1日たるまないお目立ちポニー
\How to/

【STEP1】
・くしの柄を使って、前髪を9:1のサイドパートに分け、トップの方に向かって分け目をつけます。
・前髪を斜めに流しキレイにとかします。

パーティーで1日たるまないお目立ちポニー
【STEP2】
・トップの毛束を取り、裏側の毛にくしを上下させて逆毛を立てます。
・この逆毛が後頭部の膨らみになり頭を形良く見せます。

パーティーで1日たるまないお目立ちポニー
【STEP3】
・襟足の生え際ギリギリの低めの位置に、全体の髪を手ぐしで集めて結び、ローポニーテールを作ります。
・アクセつきのゴムだと便利。

パーティーで1日たるまないお目立ちポニー
【STEP4】
・片手で結び目を押さえながらくしの柄をトップと後頭部に挿し込む。
・毛を引き出し高さとボリュームを出します。手よりキレイに。

パーティーで1日たるまないお目立ちポニー

大勢の中でもキラッと輝く 「パーティポニーテール」

【5】ざっくりまとめた美人ポニーテール

ざっくりまとめた美人ポニーテール
ざっくりとまとめた感じがカッコキレイな今どき美人になる秘訣!

\How to/

【STEP1】
・コームを使ってトップに逆毛を立てる。トップの毛束を平らに取って持ち上げる。
・毛束の裏側の中間から根元に向かってコームを数回通して逆毛を立てる。

ざっくりまとめた美人ポニーテール

【STEP2】
・結ぶ前にトップの毛束を指でつまんで引き出す。
・髪全体を手ぐしでまとめたら結ぶ前に、トップの毛束を細めにつまんでそっと引き出す。
・程よいラフさと空気感がアップ。

ざっくりまとめた美人ポニーテール
【STEP3】
・低い位置でまとめてゴムで結ぶ。
・トップがつぶれないように注意しながら、まとめた毛束を低い位置で結ぶ。
・シンプルなスタイルなので、飾りつきゴムが◎。

ざっくりまとめた美人ポニーテール

ざっくりとまとめた感じがカッコキレイな今どき美人になる秘訣!

運動やダンス、激しく動いても「崩れない」作り方【3選】

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

\パーツ別にさりげなく押さえ込めば、おしゃれ&くずれない/

・手が込んで見えるけれど、ハーフアップにねじりテクを組み合わせ、毛先を結んだだけ。
・パーツ別に押さえているから、もちがいいのも特徴。
・爽やかで女性らしく、雨の日デートにもぴったり。

\動画でやり方をCHECK/

\How to/

【STEP1】 トップの髪をまとめてゴムで結び、ハーフアップにする。

【STEP2】 耳上の毛束をねじり、ハーフアップの結び目の近くでアメピンを挿して固定。

【STEP3】 反対側も同様に行い、ハーフアップ風にします。

【STEP4】 マジェステをつけて、結び目とアメピンを隠します。

【STEP5】 髪全体をまとめ、低い位置でゴムで結びます。

【STEP6】 トップや後頭部から指で毛束を軽くつまみ、ほぐします。襟足に後れ毛を作っても可愛く仕上がります。

\ヘアスタイルのポイント/

・こめかみから毛束をとってゴムでまとめてハーフアップにした後、耳上の毛束をそれぞれねじり、結び目付近でアメピンを挿して留める。
・マジェステをつけて結び目とアメピンを隠したら、全体をゴムで1本に結ぶ。
・仕上げに、トップを指で軽くつまんでほぐして。

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック【SIDE】

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

【BACK】

【1】ハーフアップを活用したくずれないテクニック

ハーフアップにちょこっとテクで女性らしさがぐっとアップ♪梅雨ヘアアレンジ~ボブ~

【2】濡れてもくずれないねじねじタイトポニー

【2】濡れてもくずれないねじねじタイトポニー

\広がりやすい部分をタイトにまとめておけば髪がぬれても気にならない/

・タイトに結んだり、広がりそうな部分を押さえておいたり、ジェルを使ったり。
・ウエットな束感が映えるはず! このまま水に入ってもへっちゃらなハイポニーアレンジ。
・ひも使いや、半分残した前髪で、スポーティ気分を取り入れて。

\How to/

・全体にジェルをなじませる。
・前髪を半分残して、全体をタイトに整えながら高い位置でひとつ結びに。
・結び目に革ひもをつけ、ランダムに毛束に巻きつけてから、毛先で結ぶ。

【2】濡れてもくずれないねじねじタイトポニー

タイトポニーで水にぬれても崩れない! プールに行くときに真似したい簡単ヘアアレンジ

【3】帽子を取っても崩れない3つ編みテール

【3】帽子を取っても崩れない3つ編みテール

\キャップにも合う!気分もヘアもちょい盛り/

・人気のキャップを取り入れるときは、3つ編みを合わせてボーイッシュさを軽減。
・キャップを取ってもくずれないように、編む前に1度結んでおくのがポイント。

\How to/

・前髪をオールバックにして、低い位置でひとつに結ぶ。
・結んだ毛先を3つ編みにして、編み終わりもゴムで結んで。
・オールバックにした前髪は、ボワッとしないようにピンで留めて、キャップをかぶる。

【3】帽子を取っても崩れない3つ編みテール

キャップにも合う! カジュアルヘアアレンジで夏を先取り!

短め「ボブ」さんでもできるポニテアレンジ【3選】

【1】ショートボブでもできるおしゃ見えポニーテール

教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティストGeorgeさん/

ショートボブでもできる簡単ポニーテール
髪質: ストレートで量が多い
髪型: ボブ
ヘアカラー: あり
パーマ: あり
髪コンプレックス: 髪が細いのでカラーが褪色しやすく、毛先が乾燥しがち。前髪に浮きクセがある。

\How to/

【STEP1】全体にワックスをもみこむ。
・ボブヘアのシンプルなひとつ結びこそ、質感が仕上がりを左右します。
・猫毛で束感が出にくいので、固めのエマルジョンワックスと、ウェットヘアに最適なジェルワックスの2品を混ぜて使用します。

ショートボブでもできる簡単ポニーテール
【STEP2】手ぐしでざっくりとまとめる。
・顔周りの毛を残して、手ぐしでひとまとめに。
・ボブのひとつ結びをこなれてみせるには、表面に繊細な毛束感が欲しい。
・コームは使わずに、手ぐしでざっくりまとめるのがコツです。

ショートボブでもできる簡単ポニーテール
【STEP3】細いゴムで結び、軽くバランスを整える。
・横からみるとこんな感じ。
・アレンジに表情をプラスするため、顔周り、こめかみの髪は少し残します。
・サイドと襟足の髪はキュッとタイトに。トップは軽くつまんでふんわり感を出します。

ショートボブでもできる簡単ポニーテール
【STEP4】両手5本の指を使って髪をグッと前に押し出す。
・トップからハチ周りにかけて、両手の5本指でグッと頭皮を前に押し出すようにします。
・こうすると簡単に毛流れに凹凸が生まれて、自然な立体感のあるひとつ結びになります。

ショートボブでもできる簡単ポニーテール
【STEP5】
・ボブヘアをパパッとひとつ結んだような、さりげないのに、こなれているヘアアレンジが完成。
・最後に少量のワックスを顔周りの髪になじませて、程よくウェットな毛束感を演出。
・短めボブでもニュアンスのあるひとつ結びになりますよ!

ショートボブでもできる簡単ポニーテール

短めボブの簡単アレンジ!ボブをこなれ感ある“ひとつ結び”にする方法【髪コンプレックス解消vol.36】

【2】しっぽみたいでかわいいミニサイドポニー

ちらっと見えるキュートなミニポニーテール
【BACK】

ちらっと見えるキュートなミニポニーテール
\How to/

【STEP1】
・手グシを深くまで入れてまとめる。
・シンプルなひとつ結びは、空気感が勝負の分かれ目。
・手グシを深めに入れながら、全体を片側にまとめます。

ちらっと見えるキュートなミニポニーテール
【STEP2】
・ゴムでタイトに結んで完成!
・手グシで作った空気感をつぶさないようにしながら、ゴムで結びます。
・飾りゴムで結び目を隠して完成。

ちらっと見えるキュートなミニポニーテール

【ワンポイント】
・こめかみの毛束はまとめずに残すことで、ひとつ結びにリラックス感が生まれます。
・表情も柔らかくなり、親近感が急上昇!

ちらっと見えるキュートなミニポニーテール

ちょこんと見える毛先がキュートなひとつ結びでアクティブな魅力をアピール!

【3】短くてもボリューム感が出せる逆くるりんぱポニー

短くても楽ちん逆くるりんぱポニー
\ヘアスタイルのポイント/

・くるりんぱ結びはボリュームに欠けておしゃ れにならない…という人こそ試してほしい、〝逆くるりんぱ〟!
・毛先に丸みがつきやすいから、毛量少なめの人でもキマりやすい。

【FRONT】

短くても楽ちん逆くるりんぱポニー
\How to/

【STEP1】
・ばさっと巻いてから。髪を後ろでひとつにまとめて結ぶ。
・“逆くるりんぱ”するにはある程度の長さが必要なので、高すぎない位置で結んで。

短くても楽ちん逆くるりんぱポニー
【STEP2】
・ゴムを少し下にずらしてから、結び目の上に指で穴をあける。
・そこに毛先を下から上へ通し“逆くるりんぱ”。

短くても楽ちん逆くるりんぱポニー
【STEP3】
・穴に通し切ったら、毛先を下にキュッと引っ張る。
・最後に毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるように左右に広げる。

短くても楽ちん逆くるりんぱポニー

くるりんぱよりもボリューミー!楽かわアレンジの新定番

長め「ロング」さんでもすっきりまとまるポニテ集【5選】

【1】小技を効かせた美シルエットポニー

小技を効かせた美シルエットポニー
\ヘアスタイルのポイント/

・小ワザの効いたシンプルさが大人可愛らしく見せる秘訣。
・全体のシルエットをバランス良く見せることにこだわっています。ツヤも女性らしさのポイント。
・トップはふわっと、サイドはタイトな楕円シルエットで、簡単ひとつ結びアレンジが小粋な印象に!

【BACK】

小技を効かせた美シルエットポニー
\How to/

【STEP1】
・フロントをセンターで分け、全体をひとつ結びに。
・トップの髪を指で引き出し、ふんわりと。

小技を効かせた美シルエットポニー
【STEP2】
・サイドはタイトにピン留め。縦の高さを出したら、横はタイトに。
・サイドの表面の髪をねじりながら押さえ、ピン留め。

小技を効かせた美シルエットポニー
【STEP3】
・生え際のくせを出す。
・うぶ毛のような生え際のくせを生かすため、指にワックスをつけて毛束をこするようにする。

小技を効かせた美シルエットポニー

簡単ヘアアレンジ|360度美人! 小ワザの効いたシンプルひとつ結び

【2】ロープ編みの小技を効かせた大人かわいいアレンジ

シンプルで大人可愛いロングポニーテール
\ヘアスタイルのポイント/

・ヘア&メイクの仕事の日はロープ編みポニーでひねりをプラス。
・アクティブに働く日は、動いてもくずれず、邪魔にならないヘアスタイルがマスト。
・サイドにひねりを加えたポニーは見た目にも差がつき、おしゃれのアクセントにも!

\How to/

【STEP1】
・両サイドの髪を残し、残りの髪をひとつ結びに。
・結ぶ高さは耳くらいが好バランス。
・後頭部の髪を引き出しふんわりと立体的なフォルムに調整して。

シンプルで大人可愛いロングポニーテール
【STEP2】
・両サイドに残した髪をロープ編みに。
・髪をふた束に分け、左右交互にねじるように編んでいくだけなので、3つ編みよりも簡単!
・毛先はゴムで留めて。

シンプルで大人可愛いロングポニーテール
【STEP3】
・【STEP2】で作ったロープ編みの毛束は所々毛を引き出してほぐし、ラフなニュアンスに。

シンプルで大人可愛いロングポニーテール

【STEP4】
・【STEP1】で作ったポニーのゴムの結び目を隠すように、左右両方からロープ編みの毛束をくるくる巻きつけて。
・毛先は見えなくなるよう、ピンで留めて。シンプルで大人可愛いロングポニーテール
【ポイント】
・顔周りをすっきり見せつつ、女っぷりはキープしながら、スタイルアップ効果も。
・両サイドからロープ編みをプラスすれば、シンプルすぎずこだわりあるスタイルが完成!

シンプルで大人可愛いロングポニーテール

大人かわいいシンプルローポニー|1週間アレンジ

【3】シンプルだけどこなれて見えるくるりんぱポニー

シンプルだけどこなれて見えるくるりんぱポニー
【SIDE】

シンプルだけどこなれて見えるくるりんぱポニー
\How to/

【STEP1】
・髪を上下ふたつに分けてまず下を結ぶ。
・上下に2等分した上の髪をクリップなどでよけて、下の髪を高めの位置にゴムでひとつ結びに。

シンプルだけどこなれて見えるくるりんぱポニー
【STEP2】
・上の毛を“くるりんぱ”して、髪をかぶせる。
・ゴムを締めるように結び目下の毛を広げ、1の毛束にかぶせて。

シンプルだけどこなれて見えるくるりんぱポニー

ロングの“くるりんぱ”2

【4】「サクっと手ぐしでまとめるだけ」がこなれ見えしていい感じ

サクっと手ぐしでできるポニーテール
【BACK】

サクっと手ぐしでできるポニーテール
\How to/

【STEP1】
・髪は手ぐしでまとめる。耳の高さくらいの位置で、手ぐしで髪をひとまとめに。
・全体的に緩く巻いておくと、よりこなれ度がアップ。

サクっと手ぐしでできるポニーテール
【STEP2】
・トップ部分にラフな味つけを。
・髪を飾りゴムで結んだ後、トップ部分の毛束を所々つまみ上げ、立体感&ラフ感を出して。

サクっと手ぐしでできるポニーテール

手ぐし ポニーテール

【5】サイドはすっきりさせることで頭も顔も小さく見える

サイドはすっきり小顔に見える低めポニー
\ヘアスタイルのポイント/

・トップと後頭部にボリュームをもたせる一方、襟足が頭に 沿うように引き締めたスタイル。
・トップと後頭部が丸みを 帯び、視覚効果で、小顔に見えます。頭の形もキレイに見え、 美人度アップ!
・低い位置でまとめることで、大人っぽさ も演出。

【BACK】

サイドはすっきり小顔に見える低めポニー
\How to/

【STEP1】
・空気を含ませながら、ざっくりと低い位置でひとつにまとめる。
・サイドの毛を指でつまんで出してから、ゴムで留める。

サイドはすっきり小顔に見える低めポニー
【STEP2】
・結んだ毛束のサイドの毛を少量持ち、横に引っ張る。
・結び目が頭に沿うようになり、奥行き感とボリュームが。

サイドはすっきり小顔に見える低めポニー
【STEP3】
・結んだ毛束の毛先を散らして、無造作感を出す。

サイドはすっきり小顔に見える低めポニー

頭をまあるく作る ダウンテール

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事