ヘアスタイル・髪型
2018.8.13

前髪ありの“レイヤーミディ”は、カジュアルと可愛いのイイトコ取りヘア!

夏になると髪型を軽くしたくなる人も多いはず。でもカジュアルになり過ぎるのはちょっと苦手…という人にオススメしたいのが、こちらのミディ。長さは女らしさを感じる鎖骨丈。そこまで短くはないけれど、顔周りにレイヤーがしっかり入っているので充分軽い印象を与えます。また前髪があることで可愛らしさもプラス。このスタイルの良いところは、レイヤーが入っている毛先の動かし方で、カジュアルにも上品にも変えられること。写真のように、毛先を内・外ランダムに動かせば夏らしいカジュアルヘアに。外ハネを加えず内巻きだけにすれば、前髪が際立つ上品ヘアに。毛先が軽いからこそ好みの印象にスタイリングしやすいレイヤーミディ。カジュアルも可愛いも手に入る、この夏のイチオシ涼しげヘアスタイルです!

レイヤー効果で毛先がラフに揺れるミディアムヘア!

s_%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%a3%e2%91%a0

【How to“ベースパーマ&カラー”】

鎖骨丈の前上がりベース。軽さを出すため、顔周りとトップにしっかりレイヤーを入れます。毛先は束感の出るスライドカットをプラス。前髪は目の上ギリギリの長さ、毛先には隙間ができるようにカット。前髪のサイドを長めにしてこめかみを隠し、小顔効果を狙います。カラーは9トーンのアッシュベージュ。黄みをカバーするバイオレットを少しMIXしているので、退色した後も金髪になりにくいです。透明感があるカラーなので夏の日差しとも相性抜群。カジュアルにも上品にもハマる、王道の人気カラーです。

 

s_%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%a3%e2%91%a1

【How to“スタイリング”】

前髪は根元から乾かします。まず分け目と反対側に前髪を流して8〜9割乾かし、それから分け目の方向に戻して乾かします。その後は全体を8〜9割ほど乾かし、手ぐしを通しながらハンドブローで毛先を内巻きに。風は毛束の上から当てるとまとまりやすくて◎。ブローの仕上げに冷風をあてるとツヤが出ます。全体の毛先に、32㎜のアイロンで1回転しっかり内巻きに。このとき毛束を持ち上げながら巻くと、毛先がふわっと揺れやすくなります。束感を出せるバター系のスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、内・外ランダムに散らします。ちなみに毛先を散らさず内巻きをキープすれば上品ヘアに。手に余ったスタイリング剤を前髪の毛先だけにもみ込みサイドに流せば完成です。顔周りのレイヤーで軽やかさがありつつ、前髪でかわいらしさも手に入るミディ。夏を思いっきり楽しみたい欲張り女子にぜひTRYしてほしいスタイルです!

 

ramie-ginza%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)
担当サロンページはこちらから
Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)

 

ヘアスタイリスト/岡本聡美(Ramie GINZA) モデル/渡辺妃香 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事