ヘアスタイル・髪型
2018.8.8

前髪は下ろしてもかき上げてもOK! “2Wayバング”で夏のロングを軽やかに

猛暑が続く今年の夏。ロング派は涼しく見えるような夏に似合うスタイルを模索しているはず。そこでおすすめしたいのが、前髪に透け感があり裾がくびれたこちらのスタイル。特に注目すべきは前髪で、薄くカットしているのでおでこが透けて見え、パッと見で軽やかな印象を与えます。また長めにカットしているので、前髪を下ろさずに搔き上げれば“前髪ナシ”のスタイルに見せることも。この2Wayバングにより、重たくなりがちなロングを軽く見せることができます。さらに顔周りのリバースカールで毛先がふわっと揺れた印象に。首元でくびれているのも重たく見せないポイントです。少しでも涼しさを求めたい今年の夏。ロングでいくなら、こんな軽やかさにこだわったスタイルをオススメします!

前髪の透け感と裾のリバースカールが軽やかさのカギに!

s_2way%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%a3%e2%91%a0

【How to“ベース&カラー”】

裾は胸丈、前上がりでもみあげに繋がるようにカット。くびれを作りやすくするため、トップと表面にレイヤーを入れ軽さを出します。前髪はうすく取り隙間を作りながら目の下でカット。前髪とサイドは自然に繋げます。カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。ブルーカラーが入っているので、透明感やツヤ感が際立つ色に仕上がります。夏のロングは明る過ぎると派手に見えてしまい、重た過ぎると暑苦しい印象に。トーンを抑えつつ、透明感やツヤ感のあるカラーで明るく見せることがマストです。

 

s_2way%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%a3%e2%91%a1

【How to“スタイリング”】

全体の毛先を太めのアイロンで、毛先がランダムに揺れる1.5回転の内巻きに。レイヤーが入っているので自然とくびれスタイルが作れます。顔周りは毛先がラフに揺れるようにリバースカールをプラス。前髪はやや上に引き上げ、マジックカーラーで根元から巻き付けます。5分後くらいに外せば毛先がサイドに流れる前髪に。2Wayバングのもうひとつ、前髪ナシのスタイルにするには、カーラーで巻かずにサイドの毛束と前髪を合流させてかき上げればOK。軽やかさだけでなく、顔周りのサーフっぽいリバースカールも夏との相性◎。夏髪は涼しさを求めて短くするだけでなく、ロングでも充分楽しめることをお約束します!

 

s_afloat-dl%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:AFLOAT D’L (アフロート ディル)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT D’L (アフロート ディル)

ヘアスタイリスト/井上紗矢香(AFLOAT D’L) モデル/菅 明日香 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事