ヘアスタイル・髪型
2016.9.9

「男がオン眉に思う事」TOP3から考える…失敗しないポイント2つ

眉毛より上にバッサリカットする前髪の“オンザ眉”。綾瀬はるかや桐谷美玲をはじめ、人気の芸能人もオン眉にしています。髪型は変えたくないけどイメチェンしたい、そんな時にもぴったりですよね。このように、女性達の間で大流行中のオン眉ですが、眉の上で切りそろえる前髪を、男性はどう思っているのでしょうか……。

そこで今回、『美レンジャー』が男性500人を対象に“オンザ眉毛”をどう受け止めているのか、本音を調査しました。

 

■3位:女性としてショック…“色気がない”(75人)

500人中75人の男性が選んだのは“色気がない”でした。かき上げ前髪が大流行したように、セクシーな女性が好きという男性も多いですよね。切ったはいいものの「子供っぽい」と言われてしまった方は、眉毛とメイクを整えましょう。

ここ数年、まるで手を加えていないような“無造作ボサ眉”も流行していますが、オン眉にボサボサな眉毛はNGです。幼さが強調され、なんだか垢抜けない印象が強くなってしまいます。メイクも同様に、すっぴん風はNG。10代だったら可愛らしいかもしれませんが、大人のオン眉は、リップやアイメイクなど、メイクのどこか一点に力を入れると良いでしょう。

また、過去記事「ベビーオイルで簡単!うるっと大人セクシー“ウェットヘア”の作り方」にもあるように、スタイリングをウェットヘアにするだけでも、グッと色気が増します。

 

■2位:やっぱり切りすぎ?“短すぎるのは不自然”(77人)

三戸なつめさんのような“短すぎる前髪”に挑戦する方も増えています。しかしオン眉は、顔の系統やおでこの広さなど、全体のバランスがとても大事。その人の雰囲気にばっちりハマっていなければ「なんか変……」と違和感を持たれてしまうでしょう。そこで、自宅でもできる、簡単バランスチェック法をご紹介します。

まずは、上画像1のようにコームをおでこに当て、前髪を押さえつけるようにしながら上に持ち上げます。前髪を押し付けたままコームを上下左右に動かせば、自分に似合う前髪の長さを、切る前に確認することができますよ。

 

■1位:それがわかれば苦労はしない…“似合っていればいい”(122人)

今回のアンケート調査で一番多かった意見は“似合っていればいい”という結果でした。しかし、この“似合っていれば”というのが一番難しいですよね……。

一般的に、オン眉が似合う人の条件として挙げられるのは、目が大きい人や鼻筋が通っているなど、「結局、顔が整っていなければ似合わないの?」と感じてしまうものが多いです。しかし、自身もオン眉に挑戦中の筆者が、実際に切ってみて思ったことは、パーツのバランスよりも“顔の輪郭にカットのデザインが合っているか”がとても重要ということ。ただ短くするだけでは失敗したという方も、カットの仕方を工夫すれば、顔にしっくりハマる場合もあります。

それでは最後に、どんな方でも似合いやすいオン眉のデザインをご紹介します。

 

■誰にでも似合いやすいオン眉デザイン

(1)ギザギザオン眉

顔の両端からまっすぐ切りそろえてしまう、ぱっつんタイプのオン眉は、顔の輪郭がはっきりと出てしまいます。なので、エラや面長、頬骨の張りなど、輪郭に気になる部分がある方は避けた方が良いです(下画像左)。

そこで、誰にでも似合いやすい形は、オン眉をギザギザにカットするデザイン(上画像右)。前髪にすき間をつくることで顔の輪郭がぼやけ、ぱっつん感も少ないので自然に仕上がります。顔に馴染みやすいので、はじめてオン眉にするという方にもおすすめですよ。

(2)ダブルバング

今度はオン眉と長い前髪、両方を楽しめるダブルバングです。ダブルバングは、前髪の内側だけをオン眉にカットします。オン眉で過ごしたい日は前髪を出し、隠したい日は後ろ髪をかぶせれば、前髪ありなしの両方を楽しむことができます。「オン眉に挑戦したいけど、似合わなかったら……」と悩んでいる方は、ぜひ、美容室でダブルバングをオーダーしてみてください。

 

以上、オン眉に対する男性の本音と、誰にでも似合いやすいデザインをご紹介しました。上記のデザインを参考に、自分に“似合った”オン眉を探してみてはいかがでしょうか。

 

初出:美レンジャー  ライター:鈴木たかこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事