ヘアアレンジ・髪型
2022.9.10

【ミディア×外ハネ】つくり方とスタイル実例15選

\"\"

今どきミディアムスタイルは、大人っぽかわいい外ハネアレンジがおすすめ。今回は、今すぐマネできる外ハネミディアムスタイルとやり方を『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルから紹介します。

セルフでできる外ハネのやり方

ヘアサロンkate スタイリスト

MIYOさん

表参道の人気ヘアサロン『kate』のスタイリスト。美容師歴13年。幅広い年齢層のお客様から指名が多く、特にボブスタイルなど、短めのスタイルのカットが得意。

STEP1:表面の髪にストレートアイロン

「ボリュームダウンしすぎないように、ストレートアイロンをかけるのは、髪の表面のみ。髪の根元近くから毛先まで均一にアイロンでのばしていきます」(MIYOさん/以下「」内同)

STEP2:ハネやすい部分を活かして毛先を外ハネに

「ロングボブは毛先がはねやすいので、流れに逆らわずに外ハネに。ストレートアイロンで、毛先3cmだけ手首を返すくらいの軽いカールをかけると、今っぽい外ハネスタイルになります」

STEP3:前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく

「サイドにレイヤーが入っているので、前髪からサイドの毛先は内巻きにしてウルフ感を出します。後ろの外ハネと違う動きがついて、軽やかな印象に」

STEP4:毛先にヘアクリームをつけて毛束感を出す

「指の間にヘアクリームを広げ、手ぐしで毛先になじませます。後ろの髪だけではなく、前髪とサイドにもつけて、全体的に毛束感を出すのが、さらに今っぽくするコツです」

オンスタイルにもぴったりなナチュラルな外ハネスタイル。動きのある毛束感が、こなれた印象に。

 

初出:乾燥して膨らみやすいのに毛量の少ない髪…ダウンスタイルにするときのストレートアイロンテク|ロングボブのはねやすさを生かした外ハネスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 98】

記事を読む

前髪あり×外ハネミディアム【7選】

【1】小顔効果抜群の「韓流風くびれミディと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨と胸の間くらいの長さでワンレングスにカット。
  2. ほお骨とあごラインからそれぞれ顔まわりにレイヤーを入れて、毛流れが出やすいようにします。
  3. 前髪は、長めのシースルーにカット。おでこの肌を見せることで、理想的なひし形シルエットをつくります。
  4. カラーは10レベルのオリーブベージュに。赤みを抑えつつしっかりツヤ感を出せる寒色系で、アッシュに振りたくない人に◯。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 32mmのコテで、ゆっくり外しながら大きめの外ハネをつくります。
  2. ポイントの耳まわりは、髪をコテに巻きつけSカールをつくるイメージで大きく内巻きにします。その後、カールをほぐします。
  3. 軽めのオイルを毛先から全体になじませます。外ハネ部分は手を返してつけるとグッド。

担当サロン:MINX銀座店(ミンクスギンザテン) 岡本麻利さん

 

初出:外ハネでも女っぽい!小顔効果抜群の韓流風くびれミディ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】顔まわりを包み込む「フェイスレイヤーと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨でワンレングスにカット。顔まわりはリップラインで独立したレイヤーを入れることで、顔まわりをカバーします。
  2. 前髪は、目と眉の間の長さでサイドを少し長めにカットすることで、こめかみに隙間ができなくなります。
  3. カラーは、10レベルのピレンジをチョイス。暖色にトライしたい人におすすめで、ピンクの華やかなツヤ感とオレンジの柔らかさのいいとこ取りをしたカラーです。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 32mmのアイロンでベースを外ハネにし、顔まわりのレイヤーは内巻きにワンカール巻きます。
  2. 前髪は、マジックカラーで巻くか、そのままでもOK。
  3. さらっとタイプのオイルを手に伸ばし、指の間にもなじませたら、髪をとかす要領で塗布します。
  4. 外ハネは、ひっくり返すように、前髪は束感を出すようにつけます。アイロンは、ストレートでも◯。

担当サロン:THE GARDEN Tokyo(ザガーデントウキョウ) 田中麻由さん

 

初出:フェイスレイヤーで小顔効果抜群の外ハネミディ!ピレンジで柔らか見せも|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】「姫カット×外ハネ」で丸顔カバースタイル


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを鎖骨レングスのワンレングスでカット。トップにディスコネクション(独立した)のレイヤーを入れます。
  2. さらに、顔まわりは下ろした位置でライン感が出るようにカットし、ウルフっぽい姫カットに。
  3. 前髪はシースルーで軽さを表現。
  4. カラーは10レベルのマロンベージュに。オレンジ色を打ち消し、柔らかさとツヤ感のある色味で、キレイ色が長く楽しめます。


【how to“スタイリング”】

  1. ストレートアイロンで全体をさらっと通します。顔まわりのみ軽くカールづけして、ニュアンスをプラス。
  2. 前髪とアウトラインは丸みをつけないように注意して。
  3. スタイリング剤は軽めオイルがベストチョイス。全体になじませて、パラパラとした動きを出します。
  4. 前髪と姫カット部分には、やや多めにつけるのがおしゃれに仕上げるコツです。

担当サロン:MINX青山店(ミンクス アオヤマテン) 和田流星さん

 

初出:“姫カット”が丸顔をカバー!ツヤ感カラーのカジュアルミディ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】オールマイティな髪質に対応できる「シースルー前髪と外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体の長さを鎖骨下でワンレングスにカット。グラデーションを入れ、ちょっぴりレイヤーも入れます。
  2. 毛先の重さはとりつつ、全体的にはおさまりのよい重めシルエットに。
  3. 前髪は眉下でややワイドなシースルーバングにすることで、軽さと顔の表情を明るく見せる効果あり。
  4. カラーリングは暖色系のショコラベージュをセレクト。程よい赤みがあり、ツヤ感と抜け感のある色味に仕上げます。


【how to“スタイリング”】

  1. 髪が乾いたら、32mmのアイロンで外ハネにするだけでお洒落になれる優秀デザイン。
  2. クリームバターを中間〜毛先につけ、前髪だけややウェットなシースルーに仕上げます。
  3. サイドの髪を耳にかけたら、耳うしろの髪を指でほぐすように広げ、トップは指でつまんで根元を立ち上げふわっとした動きをつけたら完成です。

担当サロン:GARDEN aoyama (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:2021年のシースルー前髪は質感・束感・透け感がポイント!大人カジュアルな重めミディヘア

記事を読む

【5】「ぷつん毛束&透けバング」で軽やかスタイル


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになります。
  2. 顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにします。
  3. カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。


【how to“スタイリング”】

  1. 乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げます。
  2. 乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きにします。
  3. ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。その後、全体になじませて毛束感を出します。
  4. スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がります。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 細田真吾さん

 

初出:ナチュラル美人ヘア|ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか

記事を読む

【6】「短め前髪とカジュアル」でこなれ感スタイル


【How to“ベース&カラー”】

  1. 肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れます。
  2. 顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。裾には入れず重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則です。
  3. 前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整をします。
  4. カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象になります。


【How to“スタイリング”】

  1. 濡れた状態の短め前髪はすぐ乾きやすく根元が立ちやすいので、自然なクセがつく前に、ドライヤーで根元をつぶすようにしっかり乾かします。
  2. 28mmのアイロンで、裾の毛束を少量ずつ取りなら外ハネに。さらにレイヤーを入れたサイドやバック表面の毛束を真上に引き上げ外ハネをプラスします。
  3. 毛先がパサついて見えないよう毛先にバームをもみ込み、前髪の毛先にも少量もみ込んで。
  4. 前髪を目の粗いコームでとかし程よい隙間を作れば完成です。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 横井七恵さん

 

初出:流行の外ハネボブは“短め前髪×レイヤーボブ”で、パッと見おしゃれ美人にブラッシュアップ!

記事を読む

【7】毛量多くてもスッキリ「ミニマムな外ハネ」スタイル


【How to“ベース&カラー”】

  1. あご下のワンレングスベース。
  2. 後頭部などボリュームの出やすい部分の内側にグラデーションカットを入れると、毛が頭に沿うようにまとまりコンパクトに。
  3. 前髪は目の上で薄く取り、隙間ができるようにカット。眉尻の毛束はやや長めにカットしサイドに流すと小顔に見えます。
  4. カラーは10トーンのラベンダーアッシュ。赤みを抑えた透け感のあるアッシュで、重たい印象を与えません。


【How to“スタイリング”】

  1. タオルドライした後、オイルをしっかりなじませてから乾かすと乾燥によるボリュームを防いでまとまりやすくなります。
  2. 毛束を少量取り、28mmのアイロンを毛束の中間から毛先に向かって滑らせて軽く外ハネに。全体を少しずつハネさせることで、大きなカールになることを防ぎます。
  3. さらにトップ表面の毛束だけ、持ち上げて高い位置から軽く外巻きに。表面にリバースカールができて軽いヌケ感が出ます。
  4. 前髪は毛先だけクセ付け程度に軽く内巻きに。全体の中間から毛先を中心にバームをなじませ、ボリュームをおさえつつ束感をプラス。
  5. しっとりツヤが出て今っぽい質感に仕上がります。前髪の毛先にもなじませ束感を。最後に軽く耳掛けをすれば完成です。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 古谷貴洋さん

 

初出:ヘルメットとは言わせない!毛量が多い人でもスッキリ見える“ミニマムな外ハネボブ”を徹底解説!

記事を読む

前髪なし×外ハネミディアム【5選】

【1】2WAYバング「洗練くびれミディと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. カットベースは肩〜肩下1cmの長さで平行ラインに。表面には軽さを出すためレイヤーを入れます。
  2. 前髪は、目の下の長さで薄めにカット。どんな髪質でもトライしやすいですが、多毛さんには特におすすめです。
  3. カラーは9レベルのラベンダーベージュをチョイス。赤みをおさえつつツヤ感をUPさせ、褪色した髪色をキレイにカバーできます。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 26mmのコテで毛先を中心にくびれさせるように外ハネに巻きます。
  2. 耳上あたりにコテを横に入れ、根元がふわっと立ち上がるようにボリュームを出します。
  3. スタイリング剤はオイルorバームを、もみあげ&耳まわりの内側からなじませ、その後、えり足、表面とつけたら完成。
  4. パラっとしたセミウェットな質感が大人の女性らしさを演出します。

担当サロン:MINX原宿店(ミンクスハラジュクテン)  野沢伯行さん

 

初出:秋カラーを先取り!2WAYバングの洗練くびれミディ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】すっきり大人っぽい「ひし形フォルムと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースの長さを鎖骨ラインでカット。トップと顔まわりにしっかりレイヤーを入れ、今っぽい動きをプラス。
  2. 目が隠れる長さの前髪は、サイドのレイヤーをつなげて毛流れが出るようにします。
  3. カラーは7レベルのナチュラルブラウン。明るすぎない落ち着いたカラーで、仕事シーンにも対応。柔らかさ&ツヤ感が欲しい人に◯。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 34mmのコテで毛先を外ハネに。トップは髪を上に引き出し、毛先をワンカール。
  2. コテ無しの場合、ドライヤーで髪を乾かす時に、指で髪を外ハネにするとグッド。
  3. ツヤ感とまとまり感のあるバームを、毛先から塗布して、最後に前髪につけます。
  4. 前髪が落ちてくるなら、根元近くにも少しだけつけて。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス ヘアサロン)  今泉美穂さん

 

初出:伸ばしかけ前髪にも!たっぷりレイヤーの女っぽ外ハネミディ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】トレンドをさりげなく取り入れたい「かき上げバングと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨下3cmの前上がりラインでベースをカット。フェイスラインからバックにかけて自然な流れが生まれるようにレイヤーを入れます。
  2. 前髪は目の下2cmの長めに。ややラウンドにしながらエラにフィットするようにカットします。
  3. カラーは8レベルのラベンダーグレージュをチョイス。グレージュにラベンダーのニュアンスを加えることで、パサつきをおさえツヤ感がありしっとりとした髪色へ。


【how to“スタイリング”】

  1. 32mmのコテで、毛先を外ハネに巻きます。トップのレイヤー部分は内巻きに、顔まわりのみリバースに巻いて透け感をつくります。
  2. 前髪も後ろに自然な毛流れができるようリバースに。耳横をふわっとさせたい場合、コテを横に入れて立ち上がりをつけても。
  3. セット剤は、キープ力のあるバームを馴染ませたら完成。

担当サロン:MINX銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン)  冨谷蓮さん

 

初出:骨格補正でモテヘア!旬顔になれるくびれミディ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【4】骨格もカバーできる「前髪なし」スタイル


スタイルのポイント

  1. ベースは肩についてはねるプツンと外ハネくびれミディ
  2. 表面のレイヤーで動きの出るようなシルエットにして骨格カバー
  3. 顔周りの髪をかきあげできるようにすることで大人っぽさを演出

担当サロン:ciel(シエル)  藤間帆乃夏さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.178【四角・セミロング・前髪なし】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【5】やりすぎない大人の「ヘアカラーと外ハネ巻き」


【how to“ベース&カラー”】

  1. 鎖骨レングスのボブレイヤースタイル。トレンドのフレーミングカラーにして、顔周りにアクセントをつけてます。
  2. カラーは、9トーンのナチュラルブラウンに、14トーンのベージュのハイライトです。
  3. アウトラインは、外ハネにして、表面のみリバースに巻きます。
  4. そうする事で、ボブでもくびれができて、メリハリが出ます。小顔効果も抜群です。


【how to“スタイリング”】

  1. 26.5ミリのカールアイロンで、外ハネに巻き、表面のみリバースに巻きこんだ後、オイルをなじませたら、完成です。
  2. 大人の外ハネは、やりすぎないのがナチュラルに作ることができるのでおすすめです。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー)  唐沢ゆりこさん

 

初出:ダブルの効果で小顔見せ・フレーミングカラーと外ハネの大人ミディアムヘア

記事を読む

パーマ×外ハネミディアム【3選】

【1】スタイリングが苦手でもOK「柔らかSカールパーマと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. カットベースは、顎下3〜4cmのボブ。表面にレイヤーを入れ、ふわっとした動きとくびれをプラス。
  2. さらに、毛先が動くようにスライドカットを施します。
  3. 前髪は、おでこの肌が見えるように間引くようにカット。
  4. カラーは、5レベルのバイオレットアッシュに。地毛風カラーで、髪を柔らかく見せ、透明感を与える色味。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. 円錐型のロッド(20mm前後)でSカールをつくるようにパーマデザインします。
  2. アウトラインは、外ハネにするのがポイント。
  3. スタイリングは、半乾きの状態でソフトタイプのジェルを全体に揉み込み、自然乾燥するだけ。
  4. ウェットならモードっぽく、ドライな質感ならフェミニンに仕上がります。
  5. 最後に、毛先をつまむように束感を出すとグッド。

担当サロン:MINX青山店(ミンクス アオヤマテン)  歳嶋建国さん

 

初出:柔らかSカールパーマでカジュアルモードに!小顔効果も抜群なミディヘア|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】おしゃれクールな「ランダムパーマと外ハネ巻き」


【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨下の長さでカットし、顔まわりにたっぷりレイヤーを入れてあごラインを包み込むようにします。
  2. ウルフの軽さを出しつつ、ベースの重さを残るのが今どきポイント。
  3. 前髪は目上ギリギリ、サイドをほお骨ラインでカットすることで目元の印象をアップします。
  4. カラーはアッシュブラウンを7レベルで。落ち着いた色味ですが、透け感を感じられるトレンド色。


【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは、えり足を細めのロッドで外ハネに、通常のロッドと円すいロッドをランダムなMIX巻きにします。
  2. 異なるウェーブの表情が、くせ毛のようなラフな動きをつくります。前髪もやや強めに巻きます。やさしいパーマ剤でじっくりかけることも柔らかい質感の鍵に。
  3. スタイリングは、固まらないタイプのソフトジェルを。パーマヘアなので、保湿力の高いものがおすすめです。
  4. 毛先から揉み込んで全体になじませてから、手ぐしでほぐすようにスタイリングします。
  5. 前髪は表面のみ、クシャと揉み込んで。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン)  本木ヨシヒサさん

 

初出:今どきミディアムパーマは、外国人風カールで攻めて

記事を読む

【3】オールバックかき上げで「内巻き外巻きと外ハネ」


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを鎖骨下くらいの長さでワンレングスベースにカットします。顔まわりから全体的にレイヤーを入れます。
  2. さらにハチ上にレイヤーをオンして、髪の動きが出るようにカット。
  3. 前髪は狭め&薄めにつくり、鼻が隠れる長さでカットしてから、サイドとなじむように微調整します。
  4. カラーは透け感のある8レベルのラベンダーグレージュに。重たく見ない色設定で艶やかさをプラスし、イエベベースにぴったりの色味です。


【how to“スタイリング”】

  1. 前髪の根元が潰れないよう、オールバックにかきあげ左右に手を振りながら乾かします。
  2. ドライ後、32mmのアイロンで毛先を外ハネにしたら、ハチ上の髪を真上に引き出し内巻きにワンカール。
  3. さらに、両サイド2束ずつを波ウェーブで巻くことで、柔らかい動きのある仕上がりになります。
  4. 最後に、ややセット力のあるクリームバターを手でこすり合わせながら髪に塗布したら完成です。

担当サロン:Ramie GINZA(ラミエ ギンザ)  新谷千絢さん

 

初出:かきあげバング×毛先のラフな遊びが、今年顔のレイヤーミディ

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事