ヘアアレンジ・髪型
2018.11.19

ストレートアイロンで内巻きに!外巻き・波巻きはもちろん前髪アレンジも自由自在

ストレートアイロンで自然なワンカールが作れるって知ってましたか? 今回は、ストレートアイロンを使った巻き方をご紹介。ストレートアイロンでは、内巻きだけでなく、外巻き、波巻きもできます。前髪アレンジにもおすすめですよ。

【目次】
ストレートアイロンで作る内巻きヘア
ストレートアイロンで作る外巻きヘア
ストレートアイロンで作る波巻きウェーブヘア
ストレートアイロンで作るかきあげ風ヘア
ストレートアイロンで作る前髪アレンジ

ストレートアイロンで内巻きにする方法

基本!内巻きワンカールの作り方

【STEP1】中間から大きく弧を描くように

内巻きワンカールの作り方
5㎝幅くらいの毛束を取り、まずは髪の中間から大きく弧を描くようにアイロンを毛先に向かって流します。髪にエアリー感をプラス。

【STEP2】毛先はさらっと内巻きに“抜く”

内巻きワンカールの作り方
毛先は角度をつけすぎず内巻きにスッと抜くくらいにすると、カールに程よい抜け感が。“カールをつける”と意識しすぎないコト!

【STEP3】横の毛束はトップから流す

内巻きワンカールの作り方
1、2のサイドの毛束は、トップからアイロンを流すようにかけ、毛先はスッと内巻きに。ひと束ずつ交互に“中間から”と“トップから”巻いていくと、表面に立体感が。

\生えぐせのある人、広がりやすい人は、生え際の根元の毛をしっかり伸ばして!/

内巻きワンカールの作り方
くせ毛の人、髪が広がりやすい人は、生え際の毛を根元からしっかりとストレートアイロンで伸ばして。髪全体がまとまりやすくなる上、毛先のカールもつけやすくなります。

“ストレートアイロン”ひとつでできるCカール

ショートの人の内巻きヘアの作り方

【STEP1】前髪~トップをマジックカーラーで巻く

髪が短くてもできる!ショート内巻きヘアの作り方
大きめのマジックカーラーで、前髪を後ろ向きに巻きます。その後ろの毛束も同様に巻いて。さらに、ハチ上の髪を分けて、クリップで留めます。

【STEP2】毛束を横に引き出して

髪が短くてもできる!ショート内巻きヘアの作り方
耳上の毛束を取り、根元をストレートアイロンで挟んで横向きに引っ張ります。下向きに引っ張るとペタンとなり、上向きに引っ張ると広がるので注意!

【STEP3】大きく内巻き

髪が短くてもできる!ショート内巻きヘアの作り方
中間まで来たら、手首を大きくカーブさせるように返して内巻きに。両耳の上、両耳の後ろ、真後ろの5つを目安に毛束を分けて巻くとちょうどいい感じに!

【STEP4】シアバターを手にとる

髪が短くてもできる!ショート内巻きヘアの作り方

髪が短くてもできる!ショート内巻きヘアの作り方
すべて巻き終わったらマジックカーラーを外します。シアバターをほんの少し指先にとって、手のひらから指の間にまで薄く広げておきましょう。

【STEP5】表面を巻く


前髪をかきあげるようにしながら、手に広げたシアバターをなじませます。その後、手グシを通しながらフォルムを整え、毛先を軽くつまんで束感を。

\ふんわりエアリーなストレートタッチに/

髪が短くてもOK!梅雨のうねる髪はカーラーとアイロンでふんわりヘアに♪

ストレートアイロンで作る外巻きヘア

外ハネボブの作り方

【STEP1】髪を上下に二分して、アイロンで外ハネに

外ハネボブヘアの作り方
サイド〜バックの髪を、こめかみ位置で上下にブロッキングします。

【STEP2】ブロッキングした上の段もアイロンで外ハネに

外ハネボブヘアの作り方
続いて上の段をストレートアイロンで挟み、外ハネに。

【STEP3】トップの分け目をジグザグに

外ハネボブヘアの作り方
コームの先端でトップの分け目をジグザグにとります。

【STEP4】ジェル状のスタイリング剤を毛先にオン

外ハネボブヘアの作り方
ジェル状のスタイリング剤を500円硬貨大(ポンプタイプの場合は2プッシュ分)手に取ります。

\メリハリのある外ハネボブの完成/

アイロンで簡単!“ボブの外ハネアレンジ”で丸顔&地味顔をカバー【髪コンプレックス解消vol.30】

ストレートアイロンで作る波巻きウェーブヘア

波ウエーブの作り方

【STEP1】内側の毛から巻いていく

波ウエーブの作り方
ハチ上の毛をクリップなどで留め、ハチ下の内側の毛から“なみなみ”に。ひと束を、10㎝間隔で上から順に内カールと外カールをヘアアイロンで交互に作ってウエーブ状に。

【STEP2】表面の顔周りは高め内カールから

波ウエーブの作り方
内側の毛を巻いたら、クリップを外して表面の毛を“なみなみ”に。顔周りはやや高めの位置から内→外→内→外と5㎝くらいずつずらしてウエーブを作り、立体感を出して。

【STEP3】巻き始めの高さ&カールは不ぞろいに

波ウエーブの作り方
2の横の毛束は根元から10㎝程下、外カールからスタート。こうやって高さや巻き、ウエーブの幅をランダムにすると、よりこなれた雰囲気に。

\顔周りだけ“なみなみ”でも、さりげないおしゃれ感が!/

波ウエーブの作り方
内側から表面まですべてウエーブにせず、“なみなみ”のニュアンスは顔周りの表面のみにしても。バサッとしたボリュームが出て、おしゃれっぽい印象に見せてくれます。時間がないときはこのテクニックで差をつけて。

“ストレートアイロン”ひとつでできるなみなみウエーブ

ストレートアイロンで作るかきあげ風ヘア

かきあげ風ヘアの作り方

【STEP1】量が少ない側から立ち上げを

かきあげ風ヘアの作り方
まず手ぐしで8:2くらいに前髪からトップの髪をかきあげてざっくりと分けます。その後、量の少ない側の前髪を取り、根元から5㎝くらいの所でクイッと髪を内巻きに。

【STEP2】そのまま毛束を後ろに流す

かきあげ風ヘアの作り方
1で内巻きにした状態から、そのままアイロンを後ろにクイッと倒して、スーッと毛先へ向かってフェードアウト。両サイドのハチ上の毛は1、2を繰り返して適度な浮きを作って。

【STEP3】前髪は分け目をまたいでくせづけ

かきあげ風ヘアの作り方
量が多い方の前髪は、分け目を少しまたぐように毛束を取り、後ろに流しながら根元5㎝くらいの所で内巻きにクイッとくせづけを。立ち上がりつつ、重みのある前髪に。

\“つむじぱっくり”はこう直す!/

かきあげ風ヘアの作り方
前髪~サイドがふんわり立ち上がってこなれヘアになったとしても、後ろのつむじがぱっくり割れていたら一気に地味な印象に……。ぱっくり割れる左右の髪をまとめてアイロンで挟み、まとまるようくせづけて。

“ストレートアイロン”ひとつでかきあげ風ヘア

ストレートアイロンで作る前髪アレンジ

フリル風シースルーバング

【STEP1】 ストレートアイロンを縦に使って巻く

フリル風シースルーバング
前髪を5束に分け、ストレートアイロンを縦に使って巻きます。まず中央部は毛先を内巻きにして、両サイドは外側に流れるように巻くとなじみがよくなります。

【STEP2】 シアバターをつけて束感を出す

フリル風シースルーバング
少量のシアバターを指先に広げ、前髪に手グシを通しながら束感を出します。毛束をつまみながら隙間を作れば、出来上がり。

【フリル風シースルーバングにしてカジュアルかわいく!】

フリル風シースルーバング

前髪アレンジ|ストレートアイロンでシースルーバングに変身♪

きっちり下ろしバング

【STEP1】

きっちり下ろしバング
前髪をまっすぐに下ろしたいときは、1回で巻こうとせず3パートに分けて。まずは中央部分を緩く弧を描くようにして根元から内巻きに。

【STEP2】

きっちり下ろしバング
3パートに分けた両側はそれぞれ、外側にス~ッと斜めに流すようにアイロンを動かして。

\きっちり下ろしバングの完成/

きっちり下ろしバング

毛先流しバング

【STEP1】

毛先流しバング
斜め流し前髪の場合、ストレートアイロンを流したい方向に動かすだけ。分け目の端のひと束は、毛先をクイッと平仮名の“し”の字カールになるようしっかりくせづけます。

【STEP2】

毛先流しバング
1でくせづけた以外の髪は2~3パートに分けて、アイロンで挟んでいきます。毛束の中間から毛先にかけて、流したい方向に自然に流して。

\毛先流しバングの完成/

毛先流しバング

“ストレートアイロン”ひとつで、誰でも旬ヘア!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事