お悩み別ケア
2021.6.6

マスクで耳が肌あれしている人、続出中!耳のスキンケアはどこまですべき?

ストレスやマスク着用の影響で、「耳」のトラブルを抱える人が続出中。耳のスキンケアはどこまですべき? 正しいお手入れ法を知りましょう。

耳のスキンケアは顔の延長で行う程度でOK!

ビューティエキスパート

大高博幸さん

おおたかひろゆき/日本人として初めてパリコレでメイクを担当。スキンケアやメイクなど、耳までのトータルビューティを推奨していることでも有名。耳のケアには人一倍こだわりあり。

カレイドスコープ代表

田中ひろみさん 

たなかひろみ/イヤーエステティシャン。JEBジャパンイヤービューティ協会所属。耳掃除から耳たぶリフレまで、心地よすぎる施術が話題。耳掃除の動画をアップしたYouTubeチャンネルも人気。

耳が肌あれをしている人は、スキンケアを行うよりも耳鼻咽喉科の受診がマスト

「マスク着用による肌あれは顔だけに限らず、耳周りも深刻」と話すのは、イヤーエステティシャンの田中ひろみさん。

「特に耳裏はひもの圧や摩擦がかかりやすい部分。痛みを感じるならマスクのサイズが合っていない可能性も大。既にジュクジュクするなら皮膚炎の可能性が高いので、病院での受診をおすすめします」。
ビューティエキスパートの大高博幸さんは「普段から顔の延長で耳裏までスキンケアを行うことが大切」と話します。

「お手入れでバリア機能がアップすると肌あれを起こしにくくなるので、耳までスキンケアする習慣をつけましょう」

洗う:顔同様、耳の穴以外をソープで洗うのが基本。流すときは指で耳栓を!

202104gp236-5
「洗うケアは顔の延長で行えばOK。ソープを使うときは耳の穴は避け、洗い流すときも耳の穴にお湯が入らないよう、指で耳栓をして行いましょう」(大高さん)
「耳にシャンプーのすすぎ残しがあると、耳周りの肌あれを起こしやすいので、すすぎ残しがないよう入念に洗い流してください」(田中さん)

こんなときは?ベースメイクをオフするなら、クレンジングローションが◎

「ファンデーションやUVクリームを耳に使用したときは、コットンにクレンジングローションを含ませたものでサッと拭き取るのがおすすめ。1本で洗浄や保湿までかなうので便利ですよ」(大高さん)
202104gp236-1
ベタつきを残さずフレッシュな素肌に導く、洗い流し不要のクレンジングウォーター。
Koh Gen Do 江原道 クレンジングウォーター ポンプヘッドタイプ 380ml ¥3,200
クレンジングウォーターの詳細・購入はこちら

拭く:お風呂上がりに耳の表面をタオルでサッと優しく拭いて、耳をリフレッシュ。

202104gp236-4
「お風呂上がりは耳にタオルを優しく押し当てて、余分な水分をオフ。極力こすったりしないで、肌に負担をかけないことがバリア機能を守るコツです」(大高さん)
「耳アカが気になる場合は、お風呂上がりにタオルでサッと耳の表面を拭くだけでもリフレッシュします。ぜひお試しを!」(田中さん)

これはNG!綿棒などで耳掃除を毎日行うのは厳禁。耳あれの原因に

202104gp236-7
「耳アカが湿っているお風呂上がりは耳掃除を頻繁に行うのはNG。耳掃除を行うのは1か月に1回程度で充分。プロの耳掃除でも最低1か月半は何もせず来ていただいています」(田中さん)

塗る:耳の保湿は、顔のスキンケアと一緒。表面のみに塗布を!

202104gp236-6
「耳の保湿は穴側を避け、耳介と呼ばれる外に出ている部分だけに。基本的に顔と同じ化粧水や乳液などでの保湿でOK。顔に塗った後、手に残ったものを親指と人さし指で耳を挟むようにして、なじませてあげましょう。耳全体を塗ったら、手のひらに残ったもので耳裏や首も保湿を!」(大高さん)

ブライトニングができるスキンケアがGOOD!

202104gp236-3
日差しが強くなるこれからの時期に◎。化粧水は保湿力がありながらも、さっぱりとしたフレッシュな使用感。みずみずしい使い心地の乳液を併せて使えば、透き通るような美肌へ。
右/エッフェオーガニック ブライトニングローション 150ml ¥4,000 
左/同 ミルク 120ml ¥4,000

大高さんは10日に1度「酵素洗顔」で角質オフを実践中

「顔は1週間に2回程度、耳は10日に1回程度、肌のゴワつきを感じたら酵素洗顔を投入しています。肌表面が柔らかく整うので、スキンケアの浸透も高まります。耳に使うなら、ノンスクラブタイプをセレクトして」(大高さん)

古い角質を優しくオフ

202104gp236-2
天然のパパイン酵素配合で、古い角質を分解。つるんとスベスベな肌へ。
明色化粧品 DETクリア ブライト&ピール フルーツ酵素パウダーウォッシュ 75g ¥900

『美的』2021年4月号掲載
撮影/深山徳幸 イラスト/松元まり子 構成/金子由佳、むらなかさちこ、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事